桜の〆は八重咲きのサトザクラ

今年はなんでも3月の気温が平年の4月並みだったようで、季節を先取りしたかのように桜が早く開花しました。

その結果4月に入る頃にはもう散り始めていました。

寒桜系の寒緋桜や👀河津桜から始まった桜リレーも、ソメイヨシノが散り始めていよいよ最終コーナーですよ。

役者が替わり真打登場で里桜系の八重桜が咲き始めました。

最後の輝き
▼①→DSC01770.jpg
最盛期のソメイヨシノです。クローンで増えているので、一斉に開花し一斉に散っていきます。

▼②→水門.jpg
江戸川沿いの穴場の桜道ですよ。

▼③→荒川.jpg
手前は花期を過ぎ、葉が育つてきていますね。


▼④→薄墨桜2.jp_.jpg
           △薄墨桜(※Photo by FD)
写真集団・写楽人のFD氏から秦野の桜の写真が届きました。菜の花畑の中の1本の桜です。典型的な春の桜の写真ですよ。


散り急ぐサクラ
まだ卯月の4月に入ったばかりなのに、ソメイヨシノは一斉に散り始めました。

▼⑤→花むしろ.jpg
橋の上から眺めたソメイヨシノの散りゆく姿。見事な花筵ですね。

▼⑤→新川.jpg
アシ原に散った桜。水面に落ちた花びらを花筏と言いますが・・。

▼⑥→駐車場.jpg
団地の駐車場の吹き溜まりですよ。


新旧交代で里桜が登場
桜花期の最後を飾るのが八重咲のサトザクラですよ。

▼→関山並木.jpg
             △里桜の並木

▼⑦→里桜トンネル.jpg
             △満開の里桜
手前はカンザンで、遠くの淡いピンクがイチヨウのようですね。

【ベニユタカ(紅豊)】
▼⑧→ベニユタカ (2).jpg

▼⑧→ベニユタカ (1).jpg
サトザクラ系の園芸品種とか。花は紅色で八重咲です。チョイ早めに咲きだしますので、目立つ濃いピンクの花なので、ソメイヨシノの中で人目を引いています。

【ウコン(鬱金)】
▼⑨→里桜 ウコン (2).jpg

▼⑨→里桜 ウコン (1).jpg
花の色が淡い黄緑色ですよ。最終的にはピンク色を帯びるようですね。
※似たような花に御衣黄桜があり、こちらも開花したばかりの花は淡い緑色。


【イチヨウ(一葉)】
▼⑩→イチヨウ (2).jpg

▼⑩→イチヨウ (3).jpg
             

【カンザン(関山)】
▼⑪→真打556 (2).jpg
真打登場で「サトザクラ」の代表品種。一番多く見かける里桜です。写真は団地のカンザンです。

▼⑪→真打556 (3).jpg
ヒョロヒョロとした枝が多いので花が落ちてもわかりやすいい木ですよ。

▼⑪→真打556 (1).jpg
ピンクの花手毬が見事ですよね。

そんなことで、コロナ禍の蔓延防止措置が適用の中、桜前線は北上中ですが、GOTOも中止に追い込まれ、桜を追いかける人もなく、空しく👀晩春だけが過ぎていくようですね・・。



さくらづくし≫【超蛇足
▼⑫→サクラ美術 1.jpg
さくらの手芸作品にさくら病院。

▼⑬春の味わい.jpg
             △春のあじわい
掛川茶に👀多満自慢の八重桜