福嶋組の宴は熱中屋で豊後サバの活き造り

市民カレッジでの数期にわたる福嶋教授の講演会が終了したので、昔の仲間が集まり新橋の「熱中屋」で打ち上げの宴でした。

九州料理の居酒屋のようで、コピーには「九州の繁盛店がやってきた」とありました。

そんなことで、九州料理やら豊後サバのお造りなどを堪能し、楽しいひと時を過ごしてきた次第です。

活気酒場 九州熱中屋新橋烏森店
▼①→DSC03053.JPG
 烏森神社前の狭い路地を入ったところにその店はありました。

メニューは新聞記事
この店の特徴は、メニューが新聞で配達されるところです。九州料理の情報満載ですよ。

▼②→新聞(サバ) .JPG
         △旨い豊後サバ
一面トップは「日本中に旨いサバを届けたい」です。一押しの記事はその気になりますよね。

▼③→名称未設定 1.JPG
         △おすすめ九州料理
二面は「馬肉は小田桐牧場の最高級国産馬肉」&「常連の和田さんオススメ博多鉄板餃子」。

おすすめ九州料理
新聞記事に従いおすすめの九州料理を注文です。

▼④→キビナゴ+とびうお  1.JPG
         △キビナゴ&トビウオ
教授が前回に来店の際に「キビナゴのから揚げを次回来店時プレゼント券」をいただいたようで、まずはプレゼントのキビナゴのから揚げで乾杯です。

▼④→IMG_3460.JPG
         △明太子
明太子3種盛りです。「柚子漬け、昆布〆、超辛」で、超辛も大丈夫でした。

▼⑤→NO!IMG_3442.JPG
        △餃子
人気No1の福岡博多名産の博多鉄板餃子です。

▼⑥→馬肉 6.JPG
         △馬刺
小田桐牧場の最高級国産馬肉を使用した馬刺し3点盛りです。 日本の場合、生者者名が品質保証の証になるのですね・・。


お酒はひたすら日本酒
▼⑦→IMG_3465.JPG
おじさん達は皆さん日本酒党なので、折角の九州なのですが、焼酎ではなく、ひたすら日本酒でした。
「熊本の美少年」に、何故か青森は「八戸の陸奥八仙」でした。 
どれも同じ徳利なので、インスタ映えする絵にはならず残念でした。


豊後サバの活け造り
▼⑧→生きサバ .JPG
調理前に店長自ら店の生簀から跳ね回るサバを持参です。

▼⑨→さばIMG_3454.JPG
ファイナルは新聞一面トップの「活 豊後サバ刺し」の一本造りです。

▼⑨→豊後サバ ② .JPG
様々に切り分けられた部位を、甘口醤油と卵黄でいただいてきました。 サンマ同様に「サバは豊後に限る」ですかね・・。 

▼⑩→せんべい 1.JPG
サバの骨煎餅ですよ。サンマの骨煎餅は子どもの頃はよく食べさせられましたが、サバは初めてでした。 太い骨もパリパリと香ばしく揚がっていました。


皆de集合写真
▼⑪→noizu 福嶋組の宴① .jpg
そんなことで九州三昧の福嶋組の宴でした。
宴の〆は、お決まりの皆で記念写真です。年々ひとつずつ歳を重ねていきますが、皆さん元気な様子で何よりでした。
暮れの忘年会での再開を約束して散会した次第です。




赤札屋≫【蛇足
▼→赤札屋 41.JPG
新橋で友達と飲むときは、まずは熱中屋の2、3軒先にある激安酒場の赤札屋をめざします。100円のチューハイは魅力ですよね。 問題はいつも満席で、チョイ遅く行くとほとんど入れない事です。

帆船日本丸の見聞録

新聞屋さんに帆船日本丸の観覧券をいただいており、期限が切れるのであわてて観覧してきた次第です。

遠い昔、日本丸の引退に伴い、東京港と横浜港で誘致合戦をしたことがあります。

若い頃、東京側でチョイそのお手伝いをした事ことがあり、誘致には負けましたが、懐かしく思い出深い帆船なのです。

帆船日本丸
▼①→ポストカード .JPG
         ※ポストカードより
船をこよなく愛した柳原良平氏の絵。航海訓練所の練習帆船として昭和5年に進水。4本マストでその美しさから太平洋の白鳥とよばれていたとか。

外観
▼②→DSC01342.JPG
三菱重工業の旧1号ドックの中に水をはった状態で係留されている。この日はチョイ水質が悪化していました。

▼①→ベストポイント 345.JPG
おすすめのビューポイントより撮影 。📷

▼③→DSC01333.JPG
 横浜のみなと未来の日本丸メモリアルパーク内に在る重要文化財帆船日本丸。背後はランドマークタワー。  2017年に海上に保存されている帆船としては初の重要文化財に指定されたようです。

▼④→リベット船体DSC01220.JPG
 日本丸の船体は希少なリベット構造で、多くの鋼材をほぼ建造時のまま保存しているとのこと。


甲板
▼⑤→帆柱 23.JPG
         △帆柱
マストが4本の帆船。

▼⑥→帆柱 25.JPG
すべての帆をひろげる総帆展帆が年10回程度行われるようですね。

▼⑦→帆柱ロープ 246.JPG
         △帆柱のロープ

▼⑧→前方.JPG
         △舵輪
帆走中は帆の状態を見ながら舵をとるため、舵輪は船の一番後に置かれています。

▼⑨→甲板 314.JPG
         △甲板

▼⑩→甲板 みがき 1.JPG
         ※ポストカードより
柳原良平氏の絵で訓練生が椰子の殻で甲板磨きの実習。


船内
▼⑫→DSC01265.JPG
         △船内階段

▼⑬→日本丸.JPG
         △中央廊下
廊下の中央は帆柱を支える筒状の柱。

▼⑭→訓練生8人258.JPG
         △訓練生の居室
二段ベッドの8人部屋だ。新日本丸も雑居なのですかね・・。海の男は当たり前か・・。

▼⑮→幹部 SC01303.JPG
         △船長公室

▼⑯→窓 1260.JPG
         △丸窓
旧三菱ドックの石積みの天端がみえますね。

▼⑰→エンジン 1280.JPG
          △機関室
何でもギネス記録を持つ国産初の大型ジーゼルエンジンとのことです。

そんなことで、急ぎ日本丸の船内を一巡りしてきました。 
昭和初期に建造され、戦時中は物資輸送や、戦後の引き揚げ輸送などに従事したようですが、昭和27年に帆装復旧して、11,500名もの海の男を育てたようですよ。

舟木一夫、チョイ早めの2019ツアーファイナル

久々に舟友さんから舟木一夫コンサートのスマホ写真が届きました。 

毎年暮れに中野サンプラザで開催される年間ツアーコンサートの最後を観にいったとのことです。

今年は11月に大阪の新歌舞伎座にて1カ月公演があるとのことで、チョイ早めの10月のファイナルになったようですね。

中野サンプラザ
▼②→サンプラザ.JPG
毎年暮れにツアーファイナルが行われる中野サンプラザです。取り壊すうわさですが、まだ健在のようです。


全国ツアーコンサート
1月の大宮ソニックシティーを皮切りに全国ツアーをスタートさせています。10月までに全国30数箇所でツアーコンサートを開催したようです。

▼シアターコンサート.JPG
         △シアターコンサート
このほかに、シアターコンサートやらファン感謝のフレンドコンサートなどなど、今年の猛暑・酷暑の中、万年青年のおじさんは頑張りましたね。


2019ツアーファイナル
 『今年は11月に大阪の新歌舞伎座にて、1カ月公演があります。そのため、毎年中野サンプラザで行われているファイナルは今日になりました。』 (舟友)

▼④→チラシ 24.JPG
         △チラシ

▼⑤→チケット 3.JPG
         △入場チケット

▼⑥→満員御礼.JPG
         △満員御礼
ファンあっての舟木一夫です。満員御礼は嬉しい限りですよね。

▼⑦→名称未設定 1.JPG
         △お祝いの花
みのもんた氏を始めとして各界から祝いの花が届いていたようです。 


お宝をゲット
それにしても、チラシを見ると、いつもの高校三年生などの青春モノを始として、新たに取り組む曲も含め30もの曲を歌い続けるようです。
それにしても驚くべき歌唱力、声帯力ですよね。

▼⑧→ひらひらお宝.JPG
 いつものヒラヒラテープが天井から舞い降りてきたようですね。席が前の方なので4枚もゲットしたとのこと。


 『2019コンサートファイナルは、満員御礼で、幕がおりました。サンモール商店街には舟木さんの歌声が流れており、店前にはポスターが貼られていました。』(舟友)

▼①→中野の街.JPG
         △サンモールポスター

そんなことで、今年のツアーコンサートは無事終了したようです。
例年なら、暮れのツアーファイナで、後期高齢者の仲間入りを宣言でしたよ。 


まだまだ頑張る万年青年
▼→大阪新歌舞伎.JPG
 11月からは大阪新歌舞伎座開場60周年記念の一環で舟木一夫特別公演「浮浪雲」です。
暮れは何をしているのですかね・・。

▼→3月の演舞場.JPG
 来年の3月にはもう「舟木一夫シアターコンサート in 新橋演舞場」ですよ。

働き方方改革、後期高齢者の見本ですよね。 永遠の青春スターは75歳を超えてなお第一線を走り続けるようですね。



来春TV放映≫【追記
▼⑨→BS チラシ.JPG
 今般の「2019ツアーファイナル」の様子が来春のTVで放映されるとのこと。TV桟敷で見物ですね。(古い表現ですね)

令和初のハロウィンがやってきた

10月に入り令和初のハロウィンの季節がやってきました。

ハロウィン商戦が始まり、街はハロウィン一色になってきました。

バレンタインやクリスマスを凌ぎ、近年はハロウィンが勢力を増しつつあるようですね。

そんなことで、いつもカメラ片手にぶら散歩をしていますので、街で見つけたハロウィン模様です。

不二家のペコちゃん
▼①→ペコちゃん .JPG
 駅前戦略の不二家なので、駅を出るとペコちゃんがお出迎えです。 季節ごとに衣装を換えますが、9月中ごろからはハロウィンスタイルです。

▼②→IMG_4110.JPG
 業績不調の不二家のようですが、ペコちゃんは元気そうでしたよ。来年も大丈夫かな・・。

生カボチャ≫ 
▼③→カボチャ 3911.JPG
 ハロウィンといえば、何といっても「カボチャのお化け」ですよね。

▼④→ナマカボチャ2.JPG
 ハロウィンの主役の生カボチャが街のそこかしこに転がっていました。

▼⑮→畑のカボチャ.JPG
          △農園のカボチャ
 区民農園で収穫したカボチャにハロウィンシールを乗せてみましたが、あまり気分はでませんでした。カボチャはやっぱしオレンジ色なのですかね。


ハロウィン商戦
▼⑥→悪魔 1.JPG
 商店街はハロウィン一色で、節制もなく、そこかしこでハロウィン模様ですよ。

▼⑧→レストラン 大手町ライオン.JPG
          △レストラン

▼⑩→美容院 _4116.JPG
          △美容室

▼⑨→居酒屋IMG_4059.JPG
          △居酒屋

▼⑦→お菓子や 047.JPG
        △洋菓子屋


ハロウィン商品
▼⑫→IMG_4065.JPG

▼⑬→ハロウィン菓子 .JPG
        △ハロウィンお菓子
 あれこれと、手を変え品を変え、包装を変え商機を狙いますよ。

▼⑪→■IMG_4038.JPG
 和菓子のハロウィン商品を初めてみました。期間限定だそうですよ。


ハロウィンイベント
▼⑭→IMG_4109.JPG
 ハロウィといえばやはり仮装。仮装をして楽しむのがハロウィン定番になってきました。 今年の10月31日が平日なので、その前の26日(土)か27日(日)にイベントが集中するのですかね。
組織にとらわれない自由参加型の祭りなので人気があるのですかね・・。

それにしても八百万の神が群居する日本では、ケルトの神でも何でも貪欲に吸収し無神化して祭りの材料にしてしまうようです・・。
「節操がない」は死語化してしまいました。 




わんさかのハロウィン娘≫【超蛇足
先般、小林亜星の新聞記事が出ていて、レナウンの「わんさか娘」のCMソングを作曲したとか。昭和レトロの古い歌ですが、遠い子どもの頃に良く聞いた「レナウン娘がワンサカ・ワンサカ、イェイェイェ」を懐かしく思い出した次第です。
レナウン娘を思い出していたら、ふと、この曲のイメージが、現代のハロウィン娘を彷彿させるものがあると感じた次第です。
何処からかワンサカ・ワンサカと沸いて出てくるイェイェ娘といった気分ですよ・・。

ブログ商店街 神無月の寄合いは丸善カフェ

朝夕はめっきりと涼しくなったものの、10月に入っても季節外れの夏日が続いており、日中は連日30℃を超える日が続いております。そんな中、ブログ商店街の定例寄合いが開催されました。 

今回は晴庵和尚は檀家の宴席のお疲れでお休み。ナマズ氏も所用で欠席。クリクリファームは北海道縦断徒歩の旅で、こちらもお休みの予定でした。

2店主の寄合いになったため、(遊)紺野商店の第二事務所の丸善カフェでの開催となりました。

ところがクリクリファームが直前に足を痛めてしまい旅を取り止めたので、急遽3店主の寄合いとなった次第です。

  ※ ☛色文字クリックで関連記事にアクセスします。

丸善カフェ

▼①→丸善カフェ② .JPG
 一昨年8月にオープンしたという、都内最大級の文具専門店「丸善池袋店」で、そこの一階がカフェになっています。

▼②→丸善カフェ① .JPG
 ビルのオーナーの夢であったようで、カフェの中には西武・京急・東急の運転席が鎮座していました。三役揃い踏みですよ。  
そんなことで、電車を眺めながらの寄合いとなった次第です。


ギャラリー静河の差し入れ

▼③→サシイイレ 978.JPG
 ハロウィンの季節になり、街ではハロウィン商戦が始まっています。そんなことで、差し入れはハロウィンのラムネ菓子で話題づくりでした。 おじさん達はラムネは苦手なようなので、紺野商店の事務所のお姉さんのお土産になりました。


10月のテーマは『秋定食』」≫

▼⑤→IMG_3984.JPG
 8月にBIGLBEウエブリブログの大改造がありましたので、今回もブログの入力のポイントについて研究調整をしました。 画像の中央揃えや引用文の掲載方法、地図の挿入などなど、まだまだ不明な点が多々ありました。

▼④→MG_3986.JPG
 ブログ商店街の「10月の一枚」のテーマは、☛ 昨年は「秋収め」でしたが、今年は「秋定食」になりました。食欲の秋がモチーフで、各店舗にはクリご飯やマツタケご飯などの映像が並びますかね・・。

皆de記録写真

▼⑥→IMG_3987.JPG
 他のお客さんの迷惑にならぬよう、丸善カフェでチョイ1枚でした。 ☛ 9月はフルメンバーでしたが、10月は3人ですよ。


いつもの清龍で秋の宴

▼⑤→MG_3979.JPG
 当初は2人の予定でしたので、ブログネタ開発を兼ねて、池袋の2大飲み屋街で立ち呑み研究の予定でした。栗さんが足を痛めたち呑みは困難なようなので、いつもの清龍南口店で秋の宴となりました。

▼⑦→IMG_3993.JPG
        △本日のおすすめ
入店前に本日のおすすめを吟味です。木曜は日本酒フェアで、サービス品は190円の升酒「伝」ですよ。

▼⑧→IMG_4001.JPG
 そんなことで、とりあえずビール乾杯です。

おつまみはおすすめ品がずらり。
▼⑨→刺身 定 1.JPG

チョイ盛り・鮪トロ刺(上)と、天然鰤の刺身(下)です。 

▼⑩→名称未設定 1.JPG
 かきフライ(左)とアジのなめろう(上)、アジと南瓜の天ぷらです。

▼⑪→IMG_4013.JPG
 今日のサービスデーは清龍酒造の純米辛口「伝」(¥190-)です。 

そんなことで、3人のチョイさびしい神無月の寄合いでしたが、何とか無事終了した次第です。



元祖・早矢仕ライス≫【蛇足

▼⑬→はやしライsu ② 9.JPG
 丸善カフェの看板メニューは、元祖「早矢仕ライス」。

▼⑫→はやしライス① 9.JPG
 ハヤシライスを考案したという丸善創業者の早矢仕有的にちなんだメニューだそうです。 「まろやかで味わい深いコクが人気」とのことなので、一度食してみる必要ありですね。

秋の散歩は曼珠沙華&渡良瀬遊水地&八幡宮秋祭

ラグビーのワールドカップで、日本は昨夜のサモア戦に38-19で勝利をおさめ、快進撃で目下3連勝です。まずはおめでとうございます。

さて夏の猛暑も9月に入りチョイ鎮静化したようですが、それでも10月に入ってもまだまだ夏日が発生しております。

そんな中、遊友連のおじさん達は各地を元気に飛び歩いており、写真が沢山届いておりますので、今日の日曜特集は9月の総集編です。

荻さんの日曜散歩≫ Photo by 荻
写友の荻さんは日曜もお仕事のようで、その合間のMGCなどのスナップショットが届いております。 またヒガンバナで著名な日高の巾着田や秩父の寺坂棚田を視察してきたようで見事な花の写真が届いています。 

『おはようございます。今日は朝から雨降りですが某処作業ヘ。マラソンランナー、デッドヒートは41㌔地点では服部ではなく大迫。ゴール前で抜き2位。援馬隊が大喜び』(荻)
①→31541.jpg

②→4048.jpg

③→4043.jpg


『今日は、某所作業の前に巾着田視察。見頃は来週らしくあまり咲いていませんでした。』(荻)
巾着田.jpg

巾着田 (1).jpg
       △巾着田

『次の休みに、また彼岸花の巾着田を視察。満開でした。』(荻)
巾着その2 (1).jpg

巾着その2.jpg
       △巾着田(そのⅡ)

『今日はお休み。天気がいいので、秩父ヘ。 横瀬、寺坂棚田の彼岸花視察。 帰りに武甲温泉入ってきました。』(荻)
20191002110610_IMG_5550~2_20191002142057.jpg

20191002104037_IMG_5509~2_20191002142052.jpg


『今日は甲府出張。神社境内では、御神田稲穂干しです。』(荻)
神社 葉ザかけ59.jpg



ファーマーの日曜散歩≫ Photo by Og
農友のファーマーOg氏は月一回のハイクキングで、9月の猛暑の中、仲間達と渡良瀬遊水地へ向かったようです。
また翌週は札所巡りをしているようで、浅草に出没し、神谷バーで一献だったようです。

 『月一ハイクで渡良瀬游水地見聞ナリ。埼玉・群馬・栃木県の三県境。渡良瀬遊水地の「旧谷中村」一部の方は北海道へ「栃木集落」がある様だ。見渡す限り広大なヨシ原、冬の風物詩ナリ。』(Og)
DSC_0621.JPG

DSC_0623.JPG
          △三県境界点

R010907 渡良瀬遊水地 (16).JPG

R010907 渡良瀬遊水地 (17).JPG

R010907 渡良瀬遊水地 (19).JPG


 『札所巡りは、「西国」「秩父」「坂東三十三所」で、全てめぐると百観音。西国は平安時代、坂東は鎌倉時代、秩父は室町時代に始まったようだ。埼玉県内には、十一番「安楽寺」、十二番「慈恩寺」の札所が、十三番は東京の「浅草寺」だ。 浅草寺が坂東とは驚きナリ。』(Og)
R010926坂東11番コ.JPG

モザイク 坂東13番 .jpg

  『電気ブランとビールで乾杯。一丁目一番焼酎も頂きました。』(Og)
R010925神谷バー.JPG

R010925神谷バーコ.JPG



渡辺企画の秋祭り≫ Photo by W企画
呑友の渡辺企画は秋祭り取材で地元の八幡宮を訪ね歩いたようですね。

『三鷹八幡宮の夏祭りがあり、今晩6:30からの宮入りを見に行きましたが、台風の影響を予想して4:00に終了との事、既に終了済みで残念でした。』(W)
image3.jpeg

image1.jpeg

■八幡夜 .jpg


『土曜から武蔵野八幡宮の例大祭があったので見てきました。神馬を先頭に木遣りや手古舞もあって荘厳な雰囲気でした。商店街の秋祭りも同日開催なので賑やかでした。』(W)
■image2.jpg

■image3.jpg

■image4.jpg

■image5.jpg

ところで、新聞によれば三鷹村ができたのは明治22年(1889)で、何でも将軍家の鷹狩が大きく関与しているとのことですね。
かつて、この地は鷹狩場の境界域で将軍家と尾張等の御三家の三つの領に分かれていたことから三鷹となったとか。
鷹狩の鷹は井の頭自然文化園で見られるのかな・・・。

ベランダ菜園のシシトウが大豊作

ベランダ菜園の小さなプランターに植えたシシトウが大豊作でした。

今年の夏の猛暑の中、皆へたっているのにシシトウだけは比較的元気で順調に実をつけてくれました。

チョイ採れすぎで食べるのに困るほどでした。

色々なレシピに挑戦してみましたが、美味しく食べるのにひと苦労でしたよ。

シシトウの植え付け
▼①→IMG_0169.JPG
 スーパーの花コーナーでは、春先には野菜の苗が出てきます。いつものホームセンターより格段にお安く、一鉢78円(税込み84円)で販売。

▼②→植え付け→シシトウとピーマン.JPG
 そんなことで、シシトウにピーマンをそれぞれ2鉢を購入してきました。


順調な結実
▼③→IMG_6982.JPG
 チョイアブラムシがつきましたが、すぐに回復し、以後は順調に生育し、猛暑の中、次々と実をつけ続けてれました。

▼④→赤ししとう 1.JPG
 環境悪化でストレスが高くなると辛い実ができる率が高いとのことなので、一生懸命水を切らさぬよう頑張りました。時々赤シシトウも散見。


大豊作のシシトウ
▼⑤→収穫A 1.JPG

▼⑥→収穫B 定 1.JPG
 たった2株のシシトウですが、小所帯には多すぎるほどの量です。

▼⑦→収穫C  1.JPG

▼⑧→収穫D 1.JPG
 貴重な収穫物なので、ふち子たちにお出ましいただき記録写真です。それにしても、我ながら良く撮影したものですね。


おやじのレシピ
おやじの料理教室で鍛えた腕を振るって、シシトウ料理に挑戦ですよ。

▼⑩→料理① 2.JPG
 まずは焼くだけです。 クッキングペーパーで直焼きか、または油で炒めます。 これをベースに様々な調理を展開です。

▼⑪→料理②  1.JPG
 焼き茄子に焼きシシトウ(上) 。 餃子のつけあわせ(下) 。餃子もおやじのお手製ですよ。

▼⑫→料理③ 1.JPG
 チョイ手を加えナスとの煮びたしです(上) 。ナスの味噌炒めにも入れてみました(下)。

▼天ぷら G_1079.JPG
 最後はやはり天ぷらですよね。油の片づけが面倒であまりやらないのですが、久々の挑戦でした。

▼→ピザ風 1.JPG
 創作料理では、チーズを載せたシシトウ入りの怪しげな玉子焼き。イタリアのニューピザ料理の気分ですよ。

そんなことで、たった2株のシシトウでしたが、今年は十二分に楽しませてもらいました。




まだまだ採れる≫【参考
▼→まだまだ 2枚 1.JPG
 流石に赤いシシトウが目立ってきましたが、10月に入ってもまだまだ実をつけてくれますよ。

赤シシトウのコレクション≫【蛇足
▼→ふち子3名 953.JPG
赤シシトウは干して、荻さんのカレンダーの架台に飾ってあります。ここはふち子の待機場にもなっています。