テレサ・テン(鄧麗君)の26回目の命日

明日は1995年5月8日に42歳の若さでこの世を去ってしまったアジアの歌姫テレサ・テンの命日とか。

昨年は25回目の記念の命日でしたが、コロナ禍で世間がわさわさしており、すっかり忘れておりました。

1953年1月生まれなので存命なら68歳ですよ。若すぎる死ですよね。

亡くなって四半世紀が経過しましたが特段の記事も無いのですが、CDのジャケットでテレサを偲んでみたいと思います。

鄧麗君のCDコレクション
▼①→コレクション.jpg
音楽CDを購入することはほとんど無いのですが、テレサは別で、結構な枚数があります。日本で買ったものはなく台湾や香港で購入した中国語のものばかりです。旅行の際のジャケ買いなので内容はバラバラですが、枚数だけはたまってきました。


コレクションの色々
お店で適当に買ってきますので色々な曲があります。コロナ禍の巣ごもり生活なので、BGMでテレサの歌を流しっぱなしにして聞いています。

鄧麗君 Teresa Teng Vol1
▼①→一枚.jpg
かわいい愛くるしい写真ですね。

▼①→テレ① (1).jpg
添付の歌詞カードです。鄧麗君が略式中国漢字です。「03. 我只在乎你」は「時の流れに身をまかせ」です。「07.何日君再来」や「08.夜来香」は多くのCDに収録されています。

▼①→テレ (2).jpg
何回も聞いていると次第にメロディーを覚えてしまいますよ。

天皇巨星 鄧麗君
成名金曲・The Best Collection of Teresa Teng 

▼②→二枚組.jpg
テレサのCDを購入するときは、音楽店で紙に「鄧麗君」と書いて店員さんに見せればすぐにテレサのコーナーに案内してくれます。

▼②→4 まい.jpg
ここでも1番目は「1. 何日君再来」です。6.中国語の襟裳岬。11.誰来愛我は中国語の「港町ブルース」。17.愛人(日語) 18.償還(日語)は「つぐない」。

鄧麗君 巨星珍蔵系列】 
▼③→5枚組.jpg
圧巻の5枚組のCD 全136曲です。中国語では136首。

▼③→5枚組 段.jpg
1. 電影金曲、2.. 愛的旋律、3. 小調情懐、4. 不朽名曲、5. 成名経典
これは箱を開けるのが面倒なのであまり聞いていませんがBGMで一挙に聴くには適していますよ。

但願人長久・・ 鄧麗君
▼④→よこ ni (2).jpg
2000年の春に香港に遊びに行ったときに買い求めたものです。横長の面白いパッケージですよね。この時はテレサの香港お家を見学してきました。

▼④→よこ ni (1).jpg
いの一番は「1. 但願人長久」で、歌詞は「宋王朝時代の詩人蘇軾の書いた《水調歌頭》と題する詞」をそのまま使っているとのこと。なかなか情緒のある素晴らしいメロディですよ。 但願人長久は「但だ人の長久を願う」とのこと。
二曲目は「2.夜来香」。イエライシャンはおじさん世代なら一度は聞いたことのある歌で、李香蘭(山口淑子)が歌っていました。

台湾歌星⑨ 鄧麗君 (日語精選)
▼⑤→日本語988.jpg
⑨とあるので全10巻くらいのシリーズだったのですかね・・。

▼⑤→日式4.jpg
台湾でわざわざ日本語の曲を買わなくてもよかったのですが。台湾では日本語版も人気があるのですかね・。


テレサの発声はクリアで透き通っており聞きやすい音声です。 メロディーも朗々とゆったりしたものが多くのでオジサン的は最適ですよ。
中国語は抑揚があり意味が分からないのでBGMには最適です。写真などの整理をしながら聞いております。




テレサの関連記事≫【参考
 ※→👀色文字クリックで関連記事にアクセスします

▼切手帳.jpg
👀テレサテン墓参の後日談
台湾旅行でテレサテンの墓参りをしてきた吞友のW企画からお土産に頂いた記念の切手帳です。

▼お墓.jpg
👀念願のテレサ・テンの墓参り
W企画に負けてはならじと、ミーハーカメラマンもテレサの墓参りに行ってきた次第です。

カメラ雑誌の「日本カメラ」が5月号で休刊

長らく愛読していた日本カメラが5月号をもって突然の休刊となりました。

発売日が4月の20日とのことで、慌てて買いに走ったのですが、近所の本屋は入荷が無いとのこと。

これは大書店でないとダメだと思い、大手町の丸善まで出かけた次第です。

しかし大手町店はすでに売り切れで、日本橋の丸善には数冊残っているとのことで、四軒目でやっとゲットできました。

日本カメラ最終号
写真愛好家の争奪戦でやっとこ入手してきた記念の最終号ですよ。

▼①→五月.jpg
表紙&巻頭口絵はあのアラーキーの荒木経惟氏です。休刊を予期してアラーキーにしたのですかね・・。

▼②→春枯れる.jpg
写真展「春枯れる」からの抜粋のようです。今月で81歳を迎えるとかで、以前に目を患っていましたが衰えを知らず、意欲的に新作を発表し続けております。


休刊のお知らせ
巻末の頁にこのお知らせが1枚。淋しい限りですね。

▼→挨拶yp.jpg

【日本カメラ休刊のお知らせ】(※巻末より)
「日本カメラ」は、この2021年5月号をもって休刊いたします。
1948年10月の「アマチュア写真叢書」、1950年3月に「日本カメラ」と改題して創刊以来、長きにわたり、ご愛読いただきました皆様に、心より、お詫びと御礼を申し上げます。創刊当初より、多くの写真家、アマチュア写真愛好家にご愛読いただき、カメラの最新情報、第一線で活躍する写真家の作品紹介とともに、写真コンテスト等を実施してきました。カメラの魅力と写真撮影の楽しさを多くの方に伝えたいとの思いから、これまで力を尽くしてまいりましたが、雑誌媒体の出版を継続することが困難となり、通巻964号となる今号をもって、残念ながら休刊することになりました。
73年間、「日本カメラ」を愛読してくださったみなさま、本当にありがとうございました。 日本カメラ編集部

アサヒカメラの休刊の際の著名写真家による「私とアサヒカメラ」のような特集もありませんでした。

インターネットの普及などデジタル化による出版不況で部数が低落していたところに、新型コロナウイルス感染拡大の影響が直撃したようですね。

→『青天の霹靂というのか、予想だにしなかった休刊、解散をいまだに受け入れることができず、悔しくて、悲しくて、無念の一言に尽きます。』 ※巻末の編集ノートより


図書館で閲覧
日本カメラを本格的に見始めたのはリタイアして写真活動を再スタートしてからです。地元の図書館に2年分の日本カメラが置いてありますので毎回借り手は読んでいました。雑誌社を支援するには、やはり購入しなければいけなかったですよね・・。

▼③→三月.jpg
3月号では総力特集でカラー59頁に及ぶ「震災から10年:写真家が見たもの」を意欲的に組んだのに、その翌々号で廃刊とは・・。


全て消えた3大カメラ雑誌
▼④→あさかめ.jpg
👀2020年7月号で廃刊した「アサヒカメラ」。こちらは「94年間ありがとうございました」です。

1948(昭和23)年10月に「アマチュア写真叢書」(隔週刊)として創刊し、1950年3月に「日本カメラ」と改題した。爾来73年とうとう命尽きたようです。

そんなことで「カメラ毎日」「アサヒカメラ」に続き、かつての3大カメラ専門の月刊誌がついにすべて姿を消すことになりました。
学生時代の「カメラ毎日」に始まったカメラ雑誌との行脚もとうとう終わりとなり、自分の人生に重ね合わせると一抹の寂しさがあります。




ひとり気を吐く森山大道≫【追記
傘寿をこえて今一番注目を集めているのが「アレ・ブレ・ボケ」の写真家の森山大道氏。昨年は👀2020年の朝日賞を受賞し、今年は映画になるとか。

▼⑩→森山新聞.jpg
           ※新聞広告より
それにしてもまたまたあの犬が登場ですよ。代表作はごまんとあるのに・・。



丸善のオリンピック市》【蛇足
オリンピックの中止を誰が言い出すのかが最近の関心事になっていますが、もし中止になったらこれらの膨大なオリンピックグッズはどうなるのですかね・・。

▼⑥→オリンピック (1).jpg
▼⑥→オリンピック (3).jpg
             △大手町丸善内

昭和の日は足利フラワーパークのフジの花を満喫

写真集団「写楽人」のFJさんが群馬の足利フラワーパークに出かけ、見事なフジの花を撮影してきました。

何でも今年はサクラ同様に早々と大藤が観測史上最も早い開花を迎えたとことで「大藤まつり」のイベントが繰り上げ開催されたとのこと。

そんな中、昭和の日の昨日は東京の感染者数が1,000人を超えたとか。1月28日以来の3か月ぶりの大リバウンドですよ。

貴重なGWですが緊急事態宣言の発出のため、都県境を越えての移動はご法度なので、お家de天下一品のフジを鑑賞しつつ、昭和に思いを馳せ昭和天皇を偲びたいと思います。

天下一品のフジの花≫ Photo by FJ 
→『去年の6月以来初めてJR前橋駅から電車に乗り、両毛線で3年前にできた足利フラワーパーク駅へ。観測史上最も開花が早まった藤の花を撮ってきました。緊急事態宣言発出の前日とあって園内はごった返していました。』(FJ)

▼①→足利フラワーパーク-26.jp_.jpg

▼②→足利フラワーパーク-16.jp_.jpg


▼③→足利フラワーパーク-19.jp_.jpg
▼④→足利フラワーパーク-42.jp_.jpg


▼⑤→足利フラワーパーク-66.jp_.jpg
▼⑥→足利フラワーパーク-60.jp_.jpg
流石に天下の足利フラワーパークだけあって、見事なフジの花ですよね。何でも2014年には、アメリカのニュースチャンネルCNNが選出した「世界の夢の旅行先10選」に日本で唯一選ばれているとか。


ご近所のフジの花
まん延防止措置期間中も外出はご法度でしたが、気分転換のぶら撮り散歩で、ご近所の公園のフジの花を鑑賞していました。

▼⑦→フジだな.jpg

▼⑧→横棚.jpg

▼⑨→下がりふじ.jpg

▼⑩→大空.jpg

▼⑪→一本.jpg
足利フラワーパークには対抗すべくもありませんが、小さなフジ棚でもそこそこの華やかさはありますよ。




迷走のみどりの日≫【参考
▼天皇.jpg
昨日の4月29日は「昭和の日」ですが、戦前は「天長節」で、戦後の1948年からは「天皇誕生日」でした。オジサン世代は天皇誕生日で慣れ親しんできました。昭和天皇崩御後は1989年から「みどりの日」になり、さらに2007年には「昭和の日」に変わったとのこと。その玉突きで「みどりの日」は5月4日に移動したとか。
それにしても昭和も遠くなりにけりですよね・・。



祝・こどもの日≫【追記
連休の最終日はこどもの日で締めくくり。昔からの端午の節句で、いよいよ夏の気配を感じ始める立夏です。

▼⑫→ディズニー.jpg
             △ディズニーの五月人形

▼→鯉よyoyo.jpg
             △団地のこいのぼり

▼柏もち.jpg
             △お家de柏餅
期間を2週間と解除日を事前に決めての緊急事態宣言の発出ですが、残り10日ほどで感染者数を劇的に減らし、宣言解除の目安の100人台までにもっていけますかね・・。

緊急事態のGWはお家deボッチ吞み

春のゴールデンウイークを狙い撃ちしたようで、25日に3回目の緊急事態宣言が発出されました。 2回目の宣言解除からわずかひと月ですよ。

2回目の失敗に学んだのか今回はだいぶ厳しいお達しで、酒類を提供する飲食店には休業要請とのこと。また路上や公園での集団飲酒は注意喚起とか。

ぶら撮り散歩で公園でボッチ吞みをしている身には厳しいお達しですよ。

正義派気取りの自粛警察と関わり合いになるのも野暮なので、宣言が明ける来月11日まではお家de宅吞みに徹することにした次第です。

 ※→👀色文字クリックで関連記事にアクセスします

お家吞みのお酒を吟味
明日からいよいよ春のゴールデンウイークが始まります。都県境を跨ぐ移動はご法度で、外出も命をつなぐ買い物と通院だけとか。社会生活の維持に必要なこと以外はすべてご法度のようです・・。

▼①→お家で居酒屋.jpg
スーパーのお酒売り場の「ひとりで、おうちde居酒屋」コーナーです。この日のお勧めは宮城の銘酒の浦霞です。

▼②→*老舗の東京地酒4.jpg
             △老舗の多摩お酒
小池さんに義理立てて made in Tokyo の地酒を吟味してきました。

▼③→新参の江戸開城0.jpg
             △新参の東京開城
近年都心の芝で開業したニューフェイスの酒蔵のお酒です。

▼④→澤乃井.jpg
             △澤乃井
やはり若い頃からの飲みなれていた多摩地方の澤乃井の特別純米をゲットしてきました。


ぶら撮り散歩で一献
ぶら撮り散歩で葛西臨海公園に出かけた際には、たまには一献付きの昼食ですよ。

▼⑤→葛西で一献 (1).jpg
             △野鳥園で一献

▼⑥→葛西で一献 (2).jpg
             △👀花見で一献

▼⑦→葛西で一献 (3).jpg
             △👀浜辺で一献
超広い公園での昼食一献ですので、周辺には人影もなくマスクを外しての飲食も安全にできますよ。


お家de居酒屋
コロナ禍のこの1年は👀お家de居酒屋気分でチョイ吞みをしております。おかげで内燃機関は悪化の一途ですよ。

▼⑧→お家で弁当.jpg
テイクアウトの豪華「焼き肉お弁当」で一献です。

▼⑨→羽根つき餃子.jpg
今流行の「羽根つき餃子」で一献です。上手に焼けましたよね。

▼⑩→酢のもの3点.jpg
鰯に小肌に鯖の「酢の物・三種盛り」で一献です。

▼⑪→*お家で一献 (5).jpg
「北海道産イワシと👀淡路島産玉葱のマリネ」で一献。最近は産地明記の凝った名前の食材が売りのようですね。

そんなことで、明日からのGWはステイホームで、多摩の澤乃井をチビチビやりながら過ごすことにしたいと思いますよ。遊友連のおじさんの👀W企画のチビチビには負けますよ。

悪いことはしていないのですが、これだけ辛抱すれは晴れて来月の12日には、無罪放免で娑婆にでられますかね・・。




満月の大潮≫【追記
昨日は満月で潮位が12:00で0.14mとか。近所の川は干潟が露出していました。ちなみに先般の👀葛西海浜公園の潮位は0.18mでした。

▼⑫→満月yo.jpg
昨夜の満月です。安い馬鹿チョンカメラでもそこそこ撮れますよ。

▼⑬→船溜まり.jpg
潮が引いた船溜まり。干潟の巣穴(※黒い点)からカニが出てきて日向ぼっこ?でした。

▼⑭→ダイサギよ.jpg
澪筋に追い詰められた小魚が獲り放題ですよ。

緊急事態宣言前夜の東京ディズニーランド

3度目の緊急事態宣言が発出され、飲食店や大型商業施設などへの休業要請で人流の抑制を図り、感染拡大を防ぎたいとの目論見とか。

ところが政府の意に反し、発出前日の24日は最後の休日とのことで各地は大勢の人々で賑わったとのことです。

ミーハーカメラマンも世情取材で、緊急事態宣言前夜に宣言が適用されない浦安の東京ディズニーランドの様子をリサーチしてきたところです。

ディズニーランドへのアクセスデッキ
▼①→舞浜駅.jpg
お昼を回った14:30ですが乗降客の姿が見えない静かな舞浜駅です。

▼③→モノレール .jpg
ディズニーリゾートラインで東京ディズニーリゾートを周遊するモノレール。

▼②→ディズニーランド 6.jpg
ディズニーランドへの入口です。心がチョイときめきますよ。

▼④→預か屋.jpg
            △ディズニー風の山門

▼⑤→デッキ お出迎え.jpg
            △ディズニー風の参道
当日券の販売はなくオンライン予約の事前チケットのみとか。ディズニーランドに向かう歩行者デッキは人影がわずかで、アクセス路は閑散としていました。


ディズニーのキャラクター像
アクセス路の両脇には懐かしいディズニーのキャラクター像が設置されていました。

▼⑥→ミッキー.jpg
            △ミッキーマウス

▼⑦→ミニ.jpg
            △プルート&ミニーマウス

▼⑧→具フィー.jpg
            △グーフィー&デージーダック
子供の頃は白黒TVでこれらのディズニーキャラクターの短編漫画を見ていました。番組の始めにウォルトディズニー本人が出てきてお話をするやつです。ちなみに映画館で最初に観た長編アニメは「白雪姫」ですよ。


ディズニーのお土産屋
▼⑨→ぼえじ (1).jpg
舞浜駅すぐにあるディズニーのお土産屋さんの「ボン・ヴォヤージュ」です。大きな旅行カバンのような建物で、ラゲッジタグがの看板になっています。フランス語(bon voyage)で「良い旅を」という意味とのこと。

▼⑩→ぼえじ (4).jpg
ディズニーランド&ディズニーシーの両パークのグッズが買えるようですね。

▼⑪→ぼえじ (3).jpg
お客さんはそこそこで、スーパーよりすいていました。人流は若い人ばかりで高齢者は我々夫婦だけでした。

▼⑫→ぼえじ (5).jpg
遠い昔を思い出し、お土産にミッキーマウスとミニーマウスをゲットですよ。

そんなことで緊急事態宣言発出前に東京ディズニーランドの人流の様子を見てきたところです。

東京の昨日の感染者数は425人で前の週の同じ曜日を26日間上回っているとか。とうとう国内の死者数も1万人を超えたようですね。
「ちゃんと言ったでしよう!」のお願いベースで、この感染拡大は止められますかね・・。



川向うは天国≫【蛇足
▼⑬→川向う.jpg
👀葛西海浜公園の渚橋からのディズニーランドの遠望です。手前は水上バスの乗り場。東京は緊急事態宣言エリアで、川向うの千葉はまん延防止等重点措置エリア。浦安にある東京ディズニーランドは江戸川を隔てただけですが休業は免れたようですね。

そんなことで、例えば「ららぽーと豊洲」は休業要請ですが、船橋の「ららぽーと東京ベイ」は営業のようで、様々な人流が発生しているとのこと。ここでも「都県境は越えないでほしいと伝えている!。しっかり守ってほしい!!」と苦言を呈するばかりとか・・。

テントでポツンと渚の一軒家

とうとう三度目の緊急事態宣言が東京、大阪、京都、兵庫に出されました。期間は25日から5月11日までの17日間とか。「二度あることは三度ある」が証明されてしまいました。三度目の正直になればいいのですが・・。

変異したウイルスが何処に潜んでいるのか分からないのにPCR検査はやらずで、闇雲に休業要請や人流抑制が行われるようです。下手な鉄砲も数撃てば当たりますかね。

人流を抑制するため、飛沫感染が少ないと思われる都立の大規模公園まで閉鎖するとか or しないとか・・。

そんなことで、先般は若洲公園で👀テントの設営実験をしてきたところですが、今般は小池さんに閉鎖される前にと、駆け込みで葛西海浜公園の浜辺にテントを張り接触飛沫感染の状況を実感してきたところです。🎪

葛西海浜公園
ほとんどが水域から構成される珍しい海上公園です。東西2つの渚があり、人が利用できるのは西なぎさで、東なぎさは野鳥等の保護区で立入り禁止になっています。

▼①→渚橋.jpg
渚橋を渡って西なぎさに入ります。橋のたもとにはしっかりと「新型コロナウイルス感染症対策」の注意喚起板が設置されていますよ。

▼②→大テント.jpg
砂浜には大テントが3基設置されており、シャワー施設が整っています。左手のオムスビ石🍙は「ラムサール条約湿地」の記念碑です。


テントの設営
▼③→テントひと張り.jpg
            ※スマホワイド
先週はまだまん延防止期間中であり、平日ということもありで、広い浜に利用者は十数人ほど。テント組はゼロですよ。
遠慮して浜の隅に設営してみました。まるで西なぎさのポツンと一軒家気分ですよ。

▼④→風強しの砂袋.jpg
少々南風がありテントがあおられますので、今回は砂袋で固定してみました。

▼⑤→糖質Oで一献.jpg
テント中でのお家で一献です。宣言期間中は公園で大勢での飲酒は禁止とのことですが、ポツンと一軒家では許されますよね。

▼⑥→干潮.jpg
西側の窓は無風で海がよく見えますが人影がありません。


砂紋が広がる西なぎさ
▼⑨→干潟 (4)波紋が.jpg
この日は13:00頃が最干潮で0.18mとのこと。久々に遠浅の干潟の出現なので沖まで渚の散歩です。美しい砂紋で裸足で走りたい気分ですね。

▼⑦→干潟 (2).jpg
広い渚から陸域を眺めるのも良いですね。

▼⑧→干潟 (3).jpg
広大な渚の中の澪筋もチョイ絵になりますよ。

▼⑩→干潟 (1)散歩.jpg
遠浅の一番奥の瀬を犬と散歩。愛犬とボール遊びをしていました。いい時に来ましたね。


試しに潮干狩り
▼⑪→潮干狩り.jpg
沖の彼方で潮干狩りの方が黙々と砂を掻きあげていました。

▼⑫→貝  1.jpg
熊手で掘り起こしてみましたがバカガイが一個で他に何もいませんでした。

▼⑬→カニ.jpg
             △カニの巣穴
カニもステイホームで謹慎しているようで、砂浜には一匹も見かけませんでした。※写真上は掘り出したカニ。

そんなことで、貴重な接触飛沫感染の実証実験でしたが、周りに人影もテントもなく実験になりませんでした・・。

これから春の大型連休にかけて昼間が干潮になり、広大な干潟が現れます。水遊びや潮干狩りのは絶好の季節になります。しかし緊急事態宣言の発出で駐車場は閉鎖。換気100%の公園なのにテントを担いで訪れる人は少ないように思えます。せめて連休の1日はテントの中でステイホームを企画していたのですが自粛警察がやってきますかね・・。




テント村の出現≫【蛇足
▼テント村.jpg
平年のゴールデンウイークは👀テントで陸域も砂浜も埋め尽くされてしまいますよ。
望遠撮影なので密に見えますが、実際はテントは結構離れています。それでも人流抑制ですかね・・?

ぶら撮り散歩でバードウオッチング

カメラ片手に路傍観察しながらぶら撮り散歩をしていると、様々なものが目に入ってきます。

春先は👀一斉に芽吹き始めた草木を掲載したところでが、植物以外にも野鳥などもちょくちょく目にします。

そんなことで、冬の散歩では鴨などの👀水辺に飛来する野鳥を観察したところですが、今回は樹上の鳥を中心に取りまとめてみました。

散歩で出会った野鳥たち
▼①→目白 (1).jpg
             △メジロ
名前の通り、目のまわりが白いのが特徴。忙しそうに桜や梅の蜜を吸いに木の間を飛び回っていました。

▼②→ハクセキレイ.jpg
             △ハクセキレイ
白い顔に目を通る細い黒線が特徴で、尾羽を上下に振りながら歩き、波形に飛ます。こんなコンクリートの場所でも良く見かけますよ。

▼③→ムクドリnini.jpg
             △ムクドリ
何でも食べるようですね。くちばしに何か挟んでいますね。

▼③→ムクドリ ①.jpg
いつも集団で飛び回っており、以前は駅前のクスの大木が大群のねぐらになっており、区役所が大童でしたよ。

▼④→ヒヨドリ.jpg
             △ヒヨドリ
頬の赤茶色とボサボサ頭が特徴とか。

▼④→今日の野鳥 (2).jpg
区民農園の白菜など👀葉物野菜を食べ漁った憎き鳥ですよ。

▼⑤→オナガ 定 1.jpg
             △オナガ
黒い頭と空色の翼、長い尾が特徴とか。ひらひらと飛び回っています。エレガントな容姿ですが実はカラスの仲間とか。

▼⑥→荒川堤防散歩 (磯ヒヨドリ).JPG
             △イソヒヨドリ?
この時一度だけ見ました。人なれしているみたいで近づいても逃げる気配を見せませんでした。

▼→キジバト 5.jpg
             △キジバト
翼にはうろこ模様。首には青い縞模様があり「デデッポッポー」となきます。我が家のベランダにも時々やってきて、油断すると巣作りを始めようとします。

▼⑦→キジバト 1.jpg
日向ぼっこの最中にお邪魔してしまいました。

▼⑧→鳩.jpg
             △ドバト
春なので求愛中のようで、オスがメスの羽づくろい?をしていました。高校生の頃、伝書鳩を飛ばして遊んでいたことがありますよ。

▼⑨→カラス.jpg
             △ハシブトガラス
こちらも巣作りなのか?紙のようなものを沢山咥え集めていました。以前に👀都会のカラスの生態を特集したことがありますよ。

▼→スズメ.jpg
             △スズメ


水辺の鳥
▼⑩→ゆりかもめ ni.jpg
             △ユリカモメ
赤いくちばしと脚が目立ちますね。頭がチョイ黒くなりかけています。東京都の鳥だそうですが、百合子鴎ではありませんよ。

▼→ゆりかもめ.jpg
最後には頭巾を被ったように真っ黒になります。冬鳥なので頭が黒くなったら頃には繁殖地に戻ってしまうようですね。


バードウオッチャー
▼⑪→バードウオッチング.jpg
本格派の野鳥写真愛好家のようです。一眼レフに高価な望遠レンズをつけて、たぶんカワセミを狙っているようでした。
ちなみにミハーカメラマンのぶら撮り用カメラは超廉価な25倍ズームのコンパクトデジカメですよ。




ハイド(hide)》【蛇足
埋立地の水たまりがアシ原になり、多くの野鳥が飛来するようになりました。その野鳥を観察するために設置された簡易小屋。野鳥愛好家が廃材で作ったようですね。遠い昔にチョイお邪魔して野鳥を観察していました。
▼ハイド.jpg
            △野鳥観察小屋
▼:汐入の池辺り (1).jpg
            △汐入池
若い頃、野鳥公園の計画や建設に携わったことがあり、双眼鏡や図鑑、野鳥のレコードなどをゲットして勉強したことがあります。仕事が変わると熱が冷め野鳥のことは忘れていましたが、リタイアして25倍ズームを買ったら、安カメラでも高倍率で鳥が撮れるので、また昔を思い出しバードウオッチングを始めた次第です。