区民農園がコロナの雑草で壊滅状態

梅雨明けの頃に区民農園を受託管理している会社から突然の電話があり、「暫く畑に来ていないようですが、どうかしましたか?」とのこと。

このコロナ禍でステイホームが続き、次いで面会謝絶で入院手術、その後の猛暑・酷暑でこの4~5ヶ月ほどは野良作業が休止状態でした。

そんなことで畑は雑草に覆われ草茫々の状態。昨年も☛猛暑で畑を駄目にしたところで、二年連続ですよ。

畑の様子が気になっており、猛暑も去りやっと秋めいてきたので、久々の野良仕事で、茫々の雑草を撤去してきた次第です。

雑草の撤去作業
▼①→作業前 75.JPG
猛暑におかげで雑草が旺盛に繁茂し畑全体を覆い尽くしていました。近隣の皆様には大変な御迷惑だったのではと思われました。とりあえず病み上がりですが、医者のOKも出たので頑張って人力で除草してきました。

▼②→ 除草作業② .JPG
何とか畑の地表が顔を出す状態にまでに仕上げました。

▼③→区民農園 除草作業③ .JPG
廃棄野菜の集積所は、撤去した雑草で山のようになってしまいました。


生存していた野菜
▼④→サトイモ 76.JPG
            △作業前

▼⑤→サトイモ② .JPG
            △作業後
ジャガイモは北あかりとメイクイーンを植えました。それに九条ネギも植えたのですがすべて全滅でした。
何とか生き残っていたのがサトイモだけでした。

▼⑥→シソ① 4.JPG
            △作業前
シソは植えてもいないのにそら豆を収穫した跡地に勝手に芽を出し繁茂していました。よほど丈夫な植物なのですね。

▼⑦→シソ② 4.JPG
            △作業後
全部撤去するとあまりにも寂しいので、当面は存置です。見栄ですよ。


畑のありさま
▼⑧→長靴 92.JPG
畑に置きっぱなしの長靴に雨が入りぐずぐずでした。

▼⑨→ばった96.JPG
除草していると草むらから雲霞の如く湧き上がる蚊の大群に襲われ散々でした。 またバッタやヤモリもでてきましたが、ヤモリは残念ながら撮り逃がしてしまいました。

さて区民農園は2年契約で、残り5ヶ月です。秋から冬にかけて4ヶ月ぐらいで収穫できる野菜は何がいいですかね。

そんなことで、チョイ涼しい中、頑張って除草作業をしてきた次第です。久々の肉体労働で、ほとほとくたびれ果ててしまいました。やはり入院生活で体力は予想以上に落ちていましたね・・。




シソの葉料理≫【蛇足
▼→名称未設定 1.JPG
主要作物が壊滅してしまいましたので、勝手に生えてきたシソの葉を摘んできて、茄子&キュウリ揉みで一献いただきました。

かかしコンクールでアマビエ百景

新聞にかかしコンクールの記事が掲載されていましたので、気の多いミーハーカメラマンは早速に見聞にでかけた次第です。

大江戸線の清澄白河駅近くの深川資料館通り商店街で開催され、今回で第23回目とか。 家からも近いので☛何度も観覧しております。

伝統になりつつあるイベントですが、それにしてもこのコロナ禍のなか、よく頑張って開催しましたよね。

かかしコンクール
▼→かかしコンクール 99.JPG
今回のコンクールのテーマは時代を反映して、疫病退治の妖怪といわれる「アマビエ」のほかに、「オリンピック」と「自由部門」の3部門とのこと。

やはり皆さんの関心はコロナ禍のようで、コロナ関連のかかしが沢山出展されていました。残念ながら世界の祭典のオリンピック作品は僅かでしたよ。 
そんなことでアマビエなどコロナ関連の案山子を主体に観覧してきた次第です。

金賞作品
総数81体の出品だそうですが、チョイ途中で日和ったので全部は見ていません。掲載の写真は6~7割のかかしの中から撮ったものです。

<アマビエさん>
▼①→金・アマビエさん8.JPG
▼①→金・アマビエさん96.JPG



銀賞作品
<アマビエ>
▼⑤→銀・アマビエ≫ ビニール96.JPG

<アマビエ・バイバイ!コロナ!>
▼④→銀・アマビエ・バイバイ!コロナ!1.JPG

<ガチャピン風アマビエさま 足冷え退散>
▼②→銀・がチャピン風アマビエさま 足冷え退散6.JPG

<疫病退散 オリンピックゴ>
▼③→銀 疫病退散 オリンピックゴー.JPG



銅賞作品
<森児 アマビエ>
▼⑥→銅 森児 アマビエ.JPG

<アマビコさん>
▼⑦→銅 アマビコさん7.JPG


リベンジ作品ほか
<アマビエール>
▼⑨→リベン時 アマビエール 6.JPG

<アマビエもコロナ対策>
▼⑧→リベン時 アマビエもコロナ対策6.JPG

<びえちゃん>
▼⑩→DSC00433.JPG
「びえちゃん」はなかなか良くできた作品と思われますが、入賞ランクの札がついていませんでした。

そんなことで、コロナ禍のなか「アマビエ」のかかしを撮影して疫病退散を願ってきたところです。

さてもさても新型コロナウイルスの感染は、秋になり世界的にはまた再び拡大傾向にあるとか。そんな中、Go To Tokyoが始まり、国際交流も活発化せしむると聞きます。また東京五輪の開催にも強い意向が示されたとか・・・。
皆さんのアマビエにこめた祈りが天に届くことを願うのみですよ。



甘海老を食らう≫【蛇足】 Photo by konkon

▼⑪→甘海老2.jpg
池袋の食の案内人の☛紺野商店のブログから拝借です。池袋裏街のつけ麺屋さんだそうです。何事もアイデアが金をうみますよね。

夏の宵のお台場散策

今年の夏は猛暑・酷暑による熱中症防止に加えて、新型コロナ感染回避で巣ごもり生活が続いておりました。

炎天下の外出は自殺行為と、多少涼しい早朝散歩などで体調を整えております。

そんな暑い夏の宵、コロナうつ予防の気分転換で、陽が落ちた頃にお台場に出かけ、チョイ涼しい夜の海辺の散歩を楽しんできた次第です。

デックス東京ビーチゾーン
お台場海浜公園に沿って商業施設が集積し、海辺沿いに商業施設をつなぐ展望回廊が設けられています。そこから海浜公園やレインボーブリッジ、東京都心などが一望できます。

▼⑤→IMG_0129.JPG
            △展望回廊

▼①→DSC00179.JPG
            △ヨットの帆のオブジェ

▼②→レインボウ.JPG
            △レインボーブリッジ

▼③→レゴ人形.JPG
            △レゴ人形

▼④→DSC00180.JPG
            △LOVE
背景にレインボーブリッジや自由の女神が写り込みますよ。


ウエストプロムナードゾーン
▼⑥→自由の女神 .JPG
            △自由の女神

▼⑦→フジTV 87.JPG
            △フジTV

▼⑧→彫像0.JPG
            △ツインの彫像

▼⑨→自由の炎 01.JPG
            △自由の炎

▼⑩→れいんぼう 5.JPG
            △レインボーブリッジ


ダイバーシティー東京ゾーン
▼⑪→ガンダム 13.JPG
▼⑫→ガンダム② .JPG
            △ガンダム

▼⑬→テント 2.JPG
             △アウトドアーフェアー

▼⑭→階段 15.JPG
            △恋人階段

そんなことで夏の宵のお台場をぶら撮り散歩をしてきた次第です。
例年の夏の夜ならば、中国人を中心にインバウンドの人々で溢れかえっているところですが、コロナ禍の影響で人影も少なく、静かなお台場の宵のひと時でした。




お台場地区の模型≫【参考
先般、☛有明ガーデンを見聞した際に臨海副都心の詳細な模型が展示してありました。

▼→模型① 17.JPG
             △お台場海浜公園ゾーン

▼→模型② 17.JPG
            △ダイバーシティー東京ゾーン

残暑の日本橋でコスモスの花 

猛暑・酷暑もようやく過ぎ去り、朝夕はめっきりと涼しくなってきました。

あれほど喧しく鳴いていたセミ時雨もぴたっと止み、草むらから虫の声が聞こえる今日この頃です。

そんな中、まだ暑さが残る日本橋で和菓子屋で、ウインドウを飾るコスモスを見つけ立ち寄り撮影させていただきました。

造花でしたが何となく秋めいた気分になり、入店した手前もあり、和菓子の「秋桜の小径」を購入してきた次第です。

造花のコスモス
▼①→ガラス越 2.JPG
中央通りのガラス越し、見事なコスモスが秋の香りを放っていました。

▼②→IMG_0484.JPG
中に入って近づいて見れば造花でした。考えてみれば一点の痛みもない生け花はおかしいですよね。

▼③→内部から 7.JPG
造花とわかっているのですが、人の脳は秋の風情を感じているようですね。たわいのないものです。

▼④→こみち 3.JPG
コスモスの横には「秋桜の小径」の商品見本が。羊羹のようですよ。


秋桜の小径
▼⑤→羊羹.JPG
            △コスモスのこみち
チョイ勢いで購入した秋桜の小径です。見た目鮮やかですが、味は普通でした。

▼⑥→断面 1.JPG
二重、三重の手の込んだつくりの羊羹です。映えますよね。

▼⑦→IMG_4197.JPG
そんなことで珈琲を淹れて、見た目美味しくいただきました。

コスモスと言えばおじさん世代は山口ももえの「秋桜」を思い浮かべます。「秋桜」の歌詞の世界を写真で表現したいと思うところですが、なかなか難しいですね・・。



本物のコスモス≫【追記
▼⑧→ぽん太l2.jpg
            ※ Photo by ポン太
ブログ商店街の会友で信州は浅間山麓に居住するぶらタヌキの☛ポン太氏の秋の様子です。信州はもう秋一色のようですね・・。

コスモス②.jpg
            ※ Photo by 荻さん
写友の荻さんはいつものように各地を飛び歩いており、昭和記念公園からコスモにの写真が届いております。



ワンダーランドのキバナコスモス≫【追記②】 Photo by 荻さん
写友の荻さんは新型コロナウイルスなどはものともせず、あちこち出歩いております。昭和記念公園は☛荻さんの花写真のフィールドですよ。

キバナコスモス.jpg
            △キバナコスモスの大群落

キバナコスモス (1).jpg
           △どこでもドア

キバナコスモス (2).jpg
ドアを開けたらそこはシャボン玉の乱舞の世界でした。

女帝の館(都庁舎)を見聞

このコロナ禍の中、タイムリーに「女帝 小池百合子」なる本が出版されたとか。

ブログ商店街の☛(遊)紺野商店の7月の記事で紹介されておりました。

そんなことで、先般野暮用で新宿に出かけた際に、この女帝の館に立ち寄り、東京都庁舎を見聞してきた次第です。

 ※:☛色文字クリックで関連記事にアクセスします

都庁第一本庁舎
久々の都庁本庁舎を訪問です。何でも丹下建三事務所の設計で、前回の東京五輪の釣り屋根構造の代々木競技場室内水泳場も丹下建三ですよ。

▼①→第一本庁舎①.JPG
小池都知事が執務する第一本庁舎、女帝の牙城ですよ。

▼②→バルコニー (8).JPG
7階が知事の執務とか。何でもここまでは梯子車が届く高さと、誠しあかに語られております・・。
庁舎の中ではここだけがバルコニーがあり、外に出られるつくりとか・・。歴代の知事でここから演説やら手を振った知事がおられるのですかね・・。

▼③→一庁舎横 5.JPG
横から仰いだ第一本庁舎。

▼④→渡り廊下 (二庁舎).JPG
第一庁舎と第二庁舎を結ぶ空中回廊。各庁舎と議会棟が回廊で結ばれており、移動するには結構な距離を歩くようですね。議会が始まったりすれば毎日長距離ウォーキングですよね。


屋外彫刻
議会棟前の都民広場には彫像が8体ほど並んでいました。

▼→ただ一人 5.JPG
勝手なインスピレーションで題をつければ「我唯一人」。

▼→仮面の女 9.JPG
こちらは「仮面の女」かな・・。


厳しいセキュリティー
ご多分にもれず都庁も厳しいセキュリティー強化が図られていました。

▼⑤→感染防止ステッカー .JPG
コロナ禍対策では小池さん推奨のコロナの虹マーク。都庁も「新型コロナウイルス感染拡大防止中」とのこと。

▼⑥バーコード①it.JPG
住所、氏名、用件、訪問先等を登録してからバーコードを持って入庁受付へ。手を消毒し通行証をいただき、エレベーターホールのセキュリティーゲートを通過してやっと入庁です。 職員食堂利用でもOKのようですよ。

▼⑦→エレベーター 1.JPG
いよいよ女帝の館へ潜入です。「EV内では会話はお控え下さい」とのこと。職員の皆さんはリモートワークで、人影は少なかったですね・・。


東京五輪まで
▼→あと何日 3.JPG
            △掲示板
先般は☛新橋のSL広場の電光掲示板でしたが、第一本庁者にも五輪まであと何日の表示板がありました。

そんなことで駆け足で女帝の館の外観めぐりをしてきた次第です。
ところで45階の展望室へのエレベーターは、例年は外国人観光客が大行列をなしていたのですが、インバウンドが消えてしまった今年は並ぶ人は誰も居ないようです。チョイ乗りたい誘惑にかられましたが、先を急ぐ用事があり次回に譲ることにしました。

9月に入り第三回定例都議会が始まったようで、3400億円の補正予算を組むとか。このコロナ禍で貯金の財政調整基金が底をつきつつあるので、このうち40%を都債で賄うとか。これからは好調だった税収も減るようなので、コロナ禍や五輪対応とお金のかかる問題が山積みですよね。



女帝 小池百合子≫【蛇足】 Photo by konkon
何でも「女性初の総理候補と目される小池氏の素顔に迫ったノンフィクション」とか。

▼→こんこん 2.jpg
            ※紺野商店のブログより
何と並列して「築地と豊洲」が。ジュンク堂書店?もなかなかやるものですね。
著者は元都中央卸売市場次長とか。副題は・「市場移転問題」という名のブラックボックスを開封する・とあります。女帝とひと悶着あったようですね・・。

小池百合子の案山子≫【蛇足②】 
▼→小池さん (1).JPG
深川江戸資料館通りで開催された「かかしコンクール」に小池百合子氏の案山子が展示されていました。

祝日特集 楽園から夏野菜の便り

あれほどの猛暑・酷暑もようやく穏やかになり、朝夕はめっきりと涼しくなり、なんとなく秋めいてきました。

そんな中、農友のファーマーOg氏はこのコロナ禍の猛暑の中でも野良仕事に精を出しているようで、今年の夏の楽園便りが届いております。

※「楽園」とはファーマーOg氏のプライベート農園の愛称

9月の楽園だより≫ Photo by ファーマー
→『暑さ寒さも彼岸まで 今日は涼しい一日だった。』
→『白菜植付けは大変、隣りネットは大根種を蒔きました。苦土石灰・元肥・化成肥料・PM3時過ぎ植付・タップリ水・夜盗虫・蝶対策等なり。今年も栗カボチャ・バターナッツも植えました。まだまだ、夏野菜収穫ナリ。』

R020916白菜植付コ.JPG
            △白菜植付

R020818 バターナッツ・栗カホ゛チャ (1).JPG
           △栗カボチャ・バターナッツ

R020918夏野菜コ.JPG
           △夏野菜の収穫


胡麻の収穫≫ Photo by ファーマー
→『二ヶ年分の胡麻、収穫量が少し不満だが、良しとするか。 胡麻消費量の90%以上が輸入ものナリ。』
→『近い内、呑み仲間と別荘(猿ヶ京)連泊予定だ、元気ナリ。頑張りましょう。』 

R020719 ゴマ.JPG
            △胡麻

R020826刈取後天日干.JPG
            △刈取後天日干

020901最終天日干.JPG
            △最終天日干


ブルーベリージャム≫ Photo by ファーマー
→『8月に入り24時間クーラーで、BSテレビのシルクロードと保坂さんの毎日だ。昨日は、朝一楽園で8時に帰宅。今日は朝一1時間のウオーキングで7時帰宅だ。』
→『今日は、上さんとブルーベリージャム作り。ブルーベリー1800g、砂糖360gの20%で中火弱40分、最後にレモン汁を入れ完成。消費期限は一か月程度かな。』

R020807 ブルーベリー1800g(1).JPG
            △ブルーベリー(1800g)

R020807 ブルーベリージャム40分 (12).JPG
            △ブルーベリージャム(40分)

R020807 ブルーベリージャム (7).JPG
            △ブルーベリージャムの完成

R020807 ブルーベリージャム (19).JPG
            △ブルーベリージャムの瓶詰め

今日は敬老の日です。遊友連のおじさん達の中では最長老のファーマーOg氏ですが、一番元気で広大な道楽農園の「楽園」で野良作業に勤しんでおります。
老いて?ますます元気で、まだまだ☛舟木一夫氏の歳には届きませんが、これからの高齢者はこうありたいものですね。

参考
65歳以上の高齢者の人口が3617万人で過去最高になったとのこと。全人口に占める割合は28.7%。ちなみに100歳以上の方は8万人と、こちらも過去最高とか。

東京五輪は花でおもてなし

世界的な新型コロナウイルスの感染拡大で東京オリンピックが1年延期されましたが、まだ収束の兆しは見えてこず、先行きは見通せない情況にあります。

それでも開催に向けて準備は着々と進められているようで、先般は選手村のある☛晴海ふ頭公園のリニュアルの状況を見てきました。

今回は東京ベイエリアの国際展示場駅前と葛西臨海公園に見事な花空間が整備されたのでその様子を見てきた次第です。

国際展示場(東京ビッグサイト)にはプレスセンターが、また葛西臨海公園にはカヌースラローム会場が予定されており、たぶんこの時期なので、世界からのお客様を花でおもてなそうと整備されたのではと思われます・・。

 ※☛色文字クリックで関連記事にアクセスします。

国際展示場駅前の花空間
国際展示場駅前のロータリーと海上公園とが一体的に整備され、広大な駅前広場が形成されていました。

花のオブジェ
広大な石の広場にひときは目を惹く「花」のオブジェがポッンと置かれていました。

▼①→IMG_0281.JPG
公園はシンボルプロナード公園一部で、以前は樹木が生い茂る緑豊な公園でしたが、今般のリニュアルで石舗装の広場に変貌してしまいました。

▼②→花 78.JPG
樹木がほとんど無く、夏は猛暑・酷暑のなかフライパンの目玉焼き状態で、とても公園で休息はできません。 隣接に東京臨海広域防災公園があるので災害対策にも配慮してこんなデザインにしたのですかね・・。

花の丘
石の広場の一角に花の丘が整備されていました。国際展示場駅やシンボルプロムナード公園が展望できます。

▼③→花の丘 4.JPG

▼④→花の丘② .JPG
花期が終りに近づいていたのか、熱波でやられたのか 花がだいぶまばらになっていました。最盛期には見事なピンクの丘になると思われます。

面白ベンチ
プレスセンターの外国人記者などのクールジャパンの情報発信も考えてか?、一風変わったベンチが設置されていました。

▼⑥→ブランコベンチ① .JPG
            △ブランコベンチ
動く休養施設です。恋人用ですかね・・。

▼⑧→木組みベンチ.JPG
            △小屋組みベンチ
木枠?で囲まれた小屋空間に様々な長椅子ベンチが設置されていました。

▼⑨→家ベンチ 1.JPG
最近は直射防止で屋根部にヨシズなどをかけて日陰をつくってくれるのですが、ここはそういうサービスはありませんでしたね。

ミストの大噴射
猛暑・酷暑対策でミスト装置も設置されていました。

▼⑩→ミスト② .JPG

▼⑪→ミスト① .JPG

この日も猛暑日でミストが大噴射しておりましたが、焼け石に水です。舗装の照り返しで熱中症寸前でした。

自動車ショーなど大きなイベントが東京ビッグサイトで開催されると大勢の人で溢れかえるのですが、この日は猛暑のせいか人影を見かけることはありませんでした。


葛西臨海公園のお花畑≫ 

▼⑫→*DSC_0855.JPG
展望広場の一角には毎年☛一面の菜の花畑が作られ早春の気分を演出していました。ところが昨年から大工事が始まり、様々な花が植えられる花壇形式の花空間が整備されました。

▼⑬→IMG_8580.JPG
文字通り花を眺める園路がスラロームで、花壇の中を蛇行しながら花を観賞していきます。

▼⑭→IMG_8585.JPG
ガラス張りの展望レストハウスより海の方向を眺めたものです。葛西海浜公園に渡る渚橋が遠望できます。

▼⑮→MG_8587.JPG
            △聖家族

それにしてもこれだけ大規模な花壇を良好に維持管理するには、菜の花畑と異なり相当のお金がかかります。東京都はコロナ禍でお金を使い果たしたようですが、大丈夫ですかね・・。


五輪まであと何日
▼⑯→五輪 新橋4.JPG
            △新橋駅前のSL広場
オリンピックの開催まであと何日を示す電光掲示板。既に残り300日ほどになりました。課題山積でどうなりますやら・・。




オリンピック関連施設≫【参考
▼スラローム2.jpg
            △オリンピックスラローム会場 
葛西臨海公園の☛大観覧車よりの展望です。

▼→展示場96.JPG
            △国際展示場 (東京ビッグサイト)
東京ビッグサイトは大会中、国際放送センター(IBC)、メインプレスセンター( MPC)として利用されるとのことです。

▼→森 (050504).JPG
            △リニューアル前の公園
リニュアル前は樹木を主体にした緑の豊かな公園でした。 (※2005年春の映像、ユリカモメより)