「桜まじ」に咲き誇る満開の桜

ブログ商店街の3月の☛人目を忍ぶ寄合いで、4月の今月の1枚のテーマを「桜まじ」と決めてしまいました。  「まじかよ」です・・。

なんでも俳句の季語で「桜の花が咲く頃に南から吹いてくる暖かい風のこと」

晩春の季語で、「旧暦3月3日の頃によく吹き、晴天が続くので古くは行楽の目安とされた」とのことです。

そんなことで、プチ行楽で見つけた暖かい南風に咲き誇る桜を今月の1枚の映像にしてみた次第です。

4月の1枚

■→きいろ② .jpg
            △「桜まじ」(※ワイド版のスマホ撮影)
火の見櫓と満開の桜です。 南から吹いてくる暖かい風(桜まじ)に誘われ見事に咲き誇っていました。

火の見櫓の桜
季節はずれの雪や曇り雨と一週間ほどうっとうしい日が続いていたのですが、ようやく春風が心地よい日和となりました。
外出自粛の要請が出ているところですが、この陽気に誘われ堪えきれなくなり、人との接触を避けながら、チョイ足を伸ばして新川西水門広場の火の見櫓を訪ねてみた次第です。

▼②→IMG_3894.JPG
高さ15.5メートルの木造の火の見櫓と満開の桜です。

▼③→斜火のみ 20.JPG
平常時は櫓に登れるのですが、新型コロナの影響で入場規制がされていました。

▼④→桜 IMG_0523.JPG
            △満開の桜


縄跳び遊び
▼⑤→縄跳び 1.JPG
学校が春休みに入っているので、新川西水門広場では、近所の学童保育か何かのグループが桜の下で縄跳びに興じていました。

▼⑥→弁当.JPG
プチ行楽の宴は、コンビニで入手したのり巻きに本麒麟です。


新川千本桜
▼⑬→IMG_3924.JPG
旧江戸川と中川放水路を結ぶ全長約3kmの新川です。昔は江戸の水運の大動脈だったようです。

▼⑦→新川.JPG
近年になると「新川千本桜計画」で平成19年(2007)から、新川の両岸の遊歩道に桜が植樹され、江戸川区の桜の名所になっているようですね。


新川の桜散歩
旧江戸川までは3kmもあるので、チョイさわりのところを散策し満開の桜を堪能してきました。

▼⑧→IMG_3922.JPG

▼⑨→川3本 5.JPG


▼⑩→おやこ 40.JPG

▼⑫→おやこつう慧 46.JPG


政府の専門家会議の「3密」に抵触しないよう留意し、すれ違う人とは最低でも5mの間隔を保ちながら桜見物をしてきた次第です。




真新しい堤防≫【参考
新川西水門辺りの堤防は真新しく、キティー台風潮位AP+3.15mなどの標識が設置されていました。

▼⑭→堤防③ .JPG
近年の異常気象により、新型コロナウイルスの災禍の中であっても洪水は発生します。国土強靭化計画も疎かにはできませんよね・・。