上野桜守が桜の接木を苗圃に植付け

上野桜守の会が接木で増やした桜の苗木を水元苗圃に定植すると言うので参加してその様子を取材してきました。

この作業は、上野公園の桜の保全の一環で、上野桜守の会が貴少な桜を接木で増やし、苗圃で育成して、成木となったものを上野公園に戻しているとのことです。

昨年の接木作業
▼⑨→作1 名称未設定 1.JPG

▼⑪IMG_6186.JPG
桜守の会員の方が参加して ☛昨年の3月に実施した接木の様子です。

成功した接木は12本
▼①→苗木12株 .JPG
昨年は3種類40本近い接木を行ったのですが、うまく接合した枝は12本でした。

▼②→自宅で 3.JPG
自宅に持ち帰り養生した会員の方の作品です。愛情が感じられますよね。


植付け準備
▼③→皮剥き 7.JPG

▼④→皮剥き あさつゆ .JPG
まずは、接合部を止めてあったテープを取り除きます。もう台木と接木の枝がガッチリとくっついていますね。


植付け作業
▼⑤→身支度&道具 1.JPG
           △身支度
植付け用のスコップと、前日に雨が降ったので家から長靴を持参です。

▼⑥→植え付け 87.JPG
▼⑦→植え付け② 4.JPG
苗圃に描かれた方形のラインに沿って接木苗を植えつけていきます。 チョイ浅植えですかね。

▼⑧→目印 00.JPG
最後に目印の竹を立て、テープで印をつけます。アサツユサクラ、小松乙女、F1早咲き種の3種類の接木のサクラを植えました。

苗木の手入れ
▼⑨→過年度桜 1.JPG
1年物と3年物の接木です。順調に生育しているようですね。

▼⑩→手入れ 5.JPG
整姿剪定で、暴れている枝などを取り除き形を整えます。
今回は除草作業も無く、苗の植付けだけでしたので、短時間で終了しました。

みんなde集合写真
▼⑪→集合.JPG
良好な生育を祈念しつつ、お決まりの集合写真に収まりました。
来年が楽しみですね・・。



挿し木のサクラ≫【蛇足
▼→挿し木 1.JPG
昨年の接木作業の際に切り刻んで廃棄する枝を鹿沼土に挿しておいたら見事に活着してくれました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

konkon
2020年02月25日 12:39
静河さん、上野桜守乙です。
40本で12本ですから、3割くらいなんですね。
貴少な桜は難しい。
これから40年は花を咲かしてくれます。
上野の山にデビューする日が待ち遠しいです。
静河
2020年03月01日 21:42
接木もなかなか難しいですね。
昨年は苗圃に樹病が蔓延し、折角育てたサクラがだいぶやられました。
今は河津桜など派手な桜が人気がありますが
貴重な桜の保護にも取り組んでいきますよ!!