蓮田の清龍酒造に正月酒の買出し

暮れの大晦日は晴天の穏やかな日和でしたので、ドライブを兼ねて蓮田の清龍酒造に正月のお酒の買出しに出かけてきました。

蔵元居酒屋の清龍には☛毎月ブログ商店街の寄り合いでお世話になっており、令和2年も引き続き御厄介をかけることになりそうなので、御礼を兼ね奮発して高級清酒を購入してきた次第です。

蓮田の清龍酒造
▼①→清龍酒造.JPG
         △清龍酒造・大黒蔵
  
▼②→タンク 17.JPG
敷地内に林立するお酒のタンクです。これをベースに蔵元居酒屋「清龍」を経営しているようですね。

▼①→スギ 龍  1.JPG
蔵の屋根には龍の彫り物の額が、入り口には注連縄をかけたスギ玉です。

▼③→龍水① 6.JPG
龍水がある庭の背後にも酒のタンクが。

▼④→龍水 .JPG
         △龍水

武州・蓮田の地は古くから湧水があり清冽滾々と流れ、涸れることがなかったと伝えられてきました。そしてこの涸れることのない湧水はいつしか『龍水』と名づけられるようになりました。  ※清龍物語の看板より


▼⑤→小売り部 3.JPG
         △小売り部
大晦日ですが小売りの店は開いており、チラホラとお客さんが見えていました。皆さん一升瓶とか大ボトルを購入ですよ。

▼⑥→プレミアム清龍¥2100- (2).JPG
正月に相応しい清龍酒造の高級清酒・純米大吟醸の「プレミアム清龍」を購入しました。

▼⑦→生酒 14.JPG
暮れの寄り合いで(遊)紺野商店が呑むのを躊躇した生酒もゲットですよ。
いつも清龍の190円の枡酒を呑んでいると、今年の新酒入荷しましたの640円の枡酒が呑めません。  (遊)紺野商店
 

そんなことで、お正月はおせちをつまみに、高級清龍をチビチビやりながら写真のデータ整理をしていた次第です。



いつもの清龍南池袋店≫【参考
▼⑬→南池袋店 66.JPG
ブログ商店街でいつもお世話になっている清龍南池袋店です。

▼⑭→生酒  1.JPG
暮れの寄り合いの祭は新酒の生酒の入荷を知らせるチラシが。 一升瓶はいつもはお世話になる本醸造の清龍です。

▼⑮→IMG_8182.JPG
おじさんの頼れる味方の升酒の清龍〈¥190-〉です。




岩崎農場のたまごが売り切れ≫【追記
▼⑧→岩崎 37.JPG
         △岩崎農場
清龍酒造の御近所に地鶏を平飼している岩崎農場があります。

▼⑨→売り切れ 38.JPG
         △たまごが売り切れ
玉子が美味しいので立ち寄ってみたのですが売り切れの札が。
何でも生産個数が限られているので、暮れはすべて予約販売にしているとのこと。残念無念の空振り玉子でした。

▼⑩→シホン 1.JPG
         △シフォンケーキ
手づくりの「たまご屋さんのシフォンケーキ」が残っていたので玉子の替わりに購入してきました。 ふわふわのケーキで一口で食べ終わってしまいました。
やはりこれをベースにクリームなどで本格ケーキに仕上げるのが本筋ですかね。

▼⑪→地元婦人会の手前味噌.JPG
このほかに地元の婦人会手づくりの「はなみずきみそ」。 これもほろ酔いコンサートの「手前味噌」同様、地元の蓮田産特産大豆を使用とのこと。地域お興しで皆さん頑張っていました。

▼⑫→大根 1.JPG
         △赤黒大根
野菜コーナーに地元農家産の黒い大根と赤い大根が。おやじの料理実験には面白そうなのでゲットしてきました。