ハトの営巣行動とヤマイモのとろろ飯

農友のファーマーOg氏から、今年の楽園の柚子は大豊作で、豪華柚子風呂に入ったと、写真が届いております。

一方、ミーハーカメラマンのベランダ菜園ではキジバトの営巣攻撃に耐えながら、プランターでささやかに鉛筆大の山芋が収穫できました。

楽園の柚子は大豊≫ Photo by ファーマー
・・『大柚子豊作だ。麻雀教室でおすそ分け。一足早く柚子風呂なり。』 (ファーマー)

▼①→大柚子.JPG
         △柚子の木と収穫

▼②→ユズ湯 (2).JPG
都内のスーパーでは超高級な柚子を惜しげもなく柚子風呂にするとは、お大尽の諸行ですよね。  ☛ 高野山にお礼参りしたから許されますかね・・。


・・『夕食は、街道清水の麦とろ屋と同じ、麦とろだ(※米麦五分五分)。 「むかご」からなら、大きくなるまで4~5年かかるかな。』(ファーマー)

▼③→トロロ飯 1.jpg
ファーマーの畑(楽園)では、余裕綽々で立派な芋が採れますよ。


ハトの営巣攻撃
我がベランダは野菜や草花で青々と茂り団地のオアシスのため、ハトの狙い目になっています。プランター脇や植木棚には営巣に最適な隙間が沢山あるため、そこを狙い巣作りを始めたようです。

1回目の営巣行動
▼④→鳩の巣.JPG
秋になるとキジバトがベランダに飛来し「ウ~ウ~」と鳴くようになりました。適当に追い払っていたのですが、いつの間にやらベランダの排水溝に大量の枝を運び込み営巣の準備です。  プランターの裏で、全く気がつきませんでした。

▼⑤→IMG_6378.JPG
         △侵入防止柵

2回目の営巣行動
もう穴はふさいだと高をくくっていたら、またキジバトが鳴きはじめました。今度は何と天井近くの棚の上です。全くの死角でした。

▼⑥→はとの巣② .JPG
ベランダに置いてある棚の最上部の荷物の裏に大量の枝が運び込まれていました。

▼⑦→IMG_4414.JPG
         △取り出した枝

▼⑧→IMG_6379.JPG
         △防鳥網
流石にその後は何処に消えたようで、現れなくなりました。


鉛筆長芋の収穫
ハトも去り、秋も深まりピーマンやシシトウなどの撤収終えてプランターを清掃していたら、土の中から細い山芋が出てきました。春先にムカゴを適当にばら撒いておいた事を忘れていました。枯れたと思っていたらいくつかは生き延びようですね。

▼→ムカゴの生育 1.JPG
ファーマー曰く、『大きくなるまで4~5年かかるかな』とのことですが、ファーマーの広大な楽園から比べれば、すずめの涙、否オケラの涙ほどのプランターで何年も寝かせる余力はありません。

▼⑪→IMG_6777.JPG
         △鉛筆長芋
プランターの土を取り出すと、あちこちからか小さい山芋が出てきました。普通なら廃棄なのでしようが、折角なのでいただくことにしました。それにしても植物はたいしたものですね。

▼→完成 82.JPG
         △十穀米の山芋かけ
あまりにも小さいので皮をむいてすりおろすのが大変でした。それでも半膳ほどのとろろ飯ができました。

底の深いプランターで栽培したら、もっとしっかりした山芋ができるかもですよ。
生育が実証されたので挑戦する価値ありですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

konkon
2019年12月10日 13:36
静河さん、ファーマーさん乙です。
ベランダのハトの営巣戦争も乙です。
長芋も、ほどほどです。
konkonも、最近長芋にハマっています。
マグロの切れ端を買ってきて、山かけ丼にして食べています。
自家製山芋を食べるのは贅沢ですね。
静河
2019年12月13日 23:19
最近はスズメが来なくなり、ハトに狙われています。
隙間があると様々な生物が住み着いておもしろいのですが、近所迷惑ですよね。

ネバネバ料理はOKですね。
マグロのやまかけはなかなか贅沢品ですよ!!