令和初のハゼ釣りはセイゴのムニエル

令和の夏は猛暑・酷暑続きで、とても外出する気が起こらなかったです。

9月に入り暑さもやわらいできました。朝晩は多少涼しくなってきたので、午後の3時過ぎに今年初のハゼ釣りに出かけた次第です。

満潮で潮が止まり、ハゼは全くかからず仕舞いでしたが、チョイ大き目のスズキの幼魚がつれました。

貴重な命なので、ムニエルでいただきました。

夕方のハゼ釣り
▼①→凪 ハゼ釣り.JPG
        △凪の水面
夕刻に急に思い立ち、いつもの荒川につながる左近川に出かけてきました。

▼②→セイゴ2匹 1.JPG
 めずらしくハゼは一向に釣れる気配なしです。そんな中20センチくらいのスズキが釣れました。
 出世魚なのでたぶん小さなセイゴといったところですかね。

▼③→鋭い歯 1.JPG
 貧欲なスズキの鋭い歯です。餌のゴカイは針ごと丸呑みでした。

▼→貴重な1匹 (5).JPG
 たった一匹つれた貴重なハゼ。 


セイゴのムニエル
▼⑤→ハゼ釣り 釣果(7).JPG
          △釣果
シーバース釣りの方は、臭いといってリリースしてしまうのですが、幼魚なのでまだ臭みは肉に浸透していないので食べてみることにしました。

▼⑥→三枚下ろし ).JPG
 まずは二枚に下ろします。最近は上達して上手になりました。

▼⑦→バター焼き ハゼ釣り (9).JPG
  塩コショウで下味をつけ、小麦粉をまぶし、バターで両面を焼きます。

▼⑧→ハゼ釣り (10).JPG
        △完成作品
果汁100%のポッカレモンでいただきました。小さな切り身ですが、柔らかく仕上がり、一人酒盛りのおつまみには十分でした。

▼⑨→横長 ハゼ天 .JPG
 ハゼは残念賞でしたので、近所のスーパーでハゼ天(¥120-)を買って帰りました。



北海道縦断徒歩の旅≫【追記
ブログ商店街の「くりくりファーム那須」の栗さんがまたまた北海道縦断徒歩の旅をスタートさせました。これで北海道の徒歩の旅は三度目ですよ。
今回は稚内から襟裳岬までを18日間で歩く予定です。
くりくりファーム那須で実況中継が始まりますので御覧下さい。

▼→北の国から 6.JPG
          △北の国から
倉本聡の北の国からで、五郎が富良野に建てた石の家。ここは栗さんは通過しません。


北海道縦断徒歩の旅中止≫【急告
一昨日から北海道を歩き始めているはずでしたが、
旅の1週間前ころから左足に痛みが走るようになり、酷いときは足を引きずるようになったとのこと。
いろいろな医者に見せてみたようですが原因不明。現在は痛み止めを処方しているだけとのことですよ。
そんなことで、残念ながら北海道徒歩の旅は中止になりました。
早く回復して、北の国からのレポートを読みたいものですよね。