第三台場からお台場を遠望し、巨木に遭遇

月曜日は ☛ 東京港野鳥公園で、火曜日は ☛ 東京みなと祭のレポートでした。

今週は東京港シリーズでまとめることにし、今日は第三台場の探索録ですよ。

そんなことで、先般、☛ 都港会の写真愛好会の撮影会がお台場海浜公園でありました。

港を愛するおじさん達のグループで、久々の東京港訪問なので、第三台場を覗いてみたいと衆議一決。お台場海浜公園と地続きの台場公園を探索・撮影をすることにした次第です。 

第三台場の遠望
画像

お台場海浜公園の砂浜から第三台場を遠望です。写真の右手奥の石垣と緑が第三台場です。


第三台場
画像

かつての東京港の防波堤(手前)を歩いていくと、大きなエノキが見えてきます。その奥が第三台場です。
周囲は高さ5~7mほどの石垣でそこに土塁をめぐらし、内部はくぼ地になった構造です。

画像

第三台場は現在、「台場公園」として東京都が管理する都立公園になっています。

ペリー提督率いる米国艦隊の襲来に備え、江戸幕府が台場(砲台)の築造を検討し、11箇所が計画され6箇所が品川沖に造られたそうです。
昭和の年代まで残存していたようですが、東京港を整備する必要から4箇所が撤去され、第三台場と第六台場が国指定の史跡として、今に残っているとのこと。

画像

石垣上部の土塁の傾斜地からお台場海浜公園地区を遠望。

画像

土塁の上には潮風に強い黒松が植えられていました。

画像
                △フジTVと海上バス発着所
お台場の角地から臨海副都心地区を遠望。副都心の典型的な景観ですよ。 


今も残る台場遺跡
画像

土塁の上には砲台が置かれたようで、砲台跡が数基残っていました。

画像

土塁に造られた弾薬庫跡です。

画像

窪地の中には陣屋跡の礎石が残っていました。


孤島の樹林地
画像
              △樹林地俯瞰
台場の西側には樹林が形成されていました。

画像

林内に入ると、周りが海だとは思えない見事な雑木林ですよ。

画像
            △コナラの大木
海の中の孤島なのですが、周囲の土塁が防風壁の役目を果たしているようですね。


巨樹巨木に遭遇
土塁の内縁にサクラとクスの大木が生育していました。

画像

画像
               △クスの巨樹
臨海部ではあまり見られない立派な株立ちの巨樹ですよ。

画像

画像

見事なオオシマザクラの巨木もありました。元来潮風に強い樹木で、健康優良樹の表示がありました。

台場は品川の御殿山からローム土を運び入れているので、土壌条件は良く、土塁効果もありで、強い潮風等の劣悪な環境をを耐え抜いたのですかね・・。


低湿地の誕生
画像

窪地の底部には雨水が貯まって湿地が現れ、外来種のキショウブの群落が形成されていました。

画像
              △土塁登り
キショウブの鑑賞を最後に、台場を撤退するおじさん達です。撮影会が台場探索会になってしまいましたが、久々の第三台場は驚きの連続でしたよ。
最後は臨海副都心で咽を湿らせ、探索の疲れを癒してきた次第です。




都心の無人島≫【参考】 ※ライブラリーより
画像
               △第三台場
レインボーブリッジから撮影した台場の俯瞰写真です。左手が東京港の旧防波堤。

画像
              △第六台場
都内唯一の孤島ですよ。昔、植生調査で上陸したことがあります。こちらはジャングルでしたよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

konkon
2018年05月30日 14:03
静河さん、第三台場探検乙です。
昔、台場が貯木場の時の太陽カンカンの第三台場の野っ原を思い出します。平成も終わりです。平成も生き抜いたお台場のライブラリー、誰かが整理しなければいけません。
静河
2018年05月31日 09:24
たまに訪れると、また違ったものが見えてきて新鮮味がありますよ。
紺野商店でも、浜紺屋のライブラリーを掲載願います。

この記事へのトラックバック