昔から上野動物園はパンダらけ

6月12日にパンダが誕生して早10日間が経過しました。 今回は順調に成長しているようですね。

そんなことで、先般の > 動物園の緑のボランティアの活動 の帰りに、チョイ、パンダ舎を覗いてきました。

公開されているのはオスのリーリーのみで、メスのシンシンの部屋はシャッターが下ろされており、「お静かに!」の看板が掲げられていました。

上野動物園では多くの動物の子供が誕生していますが、同じ動物なのに、園内はそこらじゅうパンダだらけでしたよ・・・。

パンダが誕生
画像

総合案内所の電光掲示板のお知らせはパンダの誕生一色でした。 

パンダの見学
画像

パンダ舎入り口にも、「ジャイアントパンダの赤ちゃんが生まれました」の案内板が。 

画像
                   △リーリー(♂)
何となく、ふて寝のように見えました。立ち止まる人も少なく見学の列はスイスイでした。

画像

シンシンの部屋はシャッターが下ろされ、「おしずかに.. Quiet, please.」の看板です。

画像
                     ※新聞記事より
今回は、順調に成育しているようですね。


動物園はパンダらけ≫   
上野動物園のパンダへの思い入れは尋常ではないようですね。
パンダが生まれるズーと前から、お土産はもとより、パンダのオブジェや記念写真コーナー、はたまたトイレの目隠しまでパンダでしたよ。

画像
                    △お出迎えパンダ
入場券を買って入るとまずはパンダの親子がお出迎えですよ。まずはここで記念写真ですよ。

画像
                   △レンタルベビーカー
ベビーカーは全てパンダのデザイン一色です。ゾウやゴリラのデザインなどはありませんよ。

画像

画像
                    △人気のパンダ
お土産の売れ筋NO1は、パンダですかね?

画像

常設の広いパンダとの撮影コーナーも設けられています。

画像

驚いたことに便所の目隠し板にもパンダのデザインが。ここまでやりますかね。

画像

画像

動物園内の工事用看板や安全塀にもパンダが描かれていました。

画像
                    △パンダポスト
動物園の外にはパンダポストが。ここで投函するとパンダの消印が押されて配達されますよ。

親子パンダはいつ?
画像

親子のパンダの公開はいつになるのですかね。待ちどうしいですよね。
恐ろしいほどの経済効果がありますよ。


パンダ基金≫【参考
画像

ジャイアントパンダ保護サポート基金の趣旨に賛同し一定以上の寄付をした方々を「SAVE the PANDA パートナーズ」として登録し、名前を刻印したプレートが掲示されます。
画像

基金のブースの中にもパンダが2頭鎮座しており、ここでも一緒に写真が撮れます。

流石に、ミーハーカメラマンも、これだけパンダの写真を撮ると、多少食傷気味になりますね・・・。 


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック