江戸の夏まつり 山王祭

日枝神社・山王祭の最後の日曜日。 日本橋エリアで下町連合渡御が行われたので取材してきました。

今年は地元警察の計らいで、中央通りの京橋~日本橋間のが初めて全面通行止め。 広い通りが歩行者天国ならぬお祭り天国で、祭り装束に埋め尽くされていました。

写友の荻さんも撮影に来ていたようで、写真が届いていますので、まずそちらから。

【メッセージ】
昨日は、日本橋へ山王祭、暑い中見てきました。
日枝神社宮出し、威勢良い下町連合の神輿良かったです。(荻)

<猿田彦> ※Photo:荻さん
画像

神様が通ることを告げる道案内役の猿田彦。
                  
<先導神職> ※Photo:荻さん
画像

神職を先頭に江戸橋の山車を引きつれ渡御。

<神輿渡御> ※Photo:荻さん
画像

日本橋交差点。この先の道路元標で神輿が高く差し上げられる。


荻さんに続いて、以下は、静河カメラマンの取材報告です。
江戸の最上格の橋である京橋から日本橋まで、神輿渡御の隊列を追っかけてみました。

<セレモニー>
画像

各町会の神輿12基が京橋に集結。高張り提灯の元、各町会の代表が集まり、開会の式典。神職お祓い、名士挨拶、木遣り、締めなどなど。       

<渡御スタート>
画像

全面交通止めとなった中央通り。メインストリートいっぱいに渡御開始。
                  
<クレーンと神輿>
画像
 
日本橋界隈は街中再開発の真っ最中。 オリンピックの頃には新しい日本橋が出現するかな。
                 
<最終集結地>
画像
 
入り口いっぱいの祭り提灯の列。今年は高島屋にすべての神輿が向い、ここでクライマックス。             

下町連合渡御は取材できましたが、本社の二年に一度の神幸祭を見逃してしまいました。御列300mにも及ぶ華麗な王朝絵巻と聞いているので、再来年はなんとしても頑張れねば。

明日は夏至です。早いもので、江戸の下町の夏祭りはほとんど終わってしまいましたが、朝顔市やホウズキ市など風情のある祭りが待っているので、カメラマンは大忙しです。
小暑、大暑とつづきます。暑い夏を健康で乗り切りましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック