テーマ:海上公園

東京港野鳥公園で小さな里山を散策

東京港の埋立地によみがえった野鳥の楽園が東京港野鳥公園。 野鳥観察のメッカですが、公園の一角に自然生態園が整備され、チョイ田舎の里山気分が味わえます。 そんなことで、夏休みの最終日、猛暑がひと段落したので、野鳥公園に出かけ、都心の小さな里山を散策してきた次第です。{%カメラdo…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

臨海副都心の五輪施設めぐり

台風10号が去り、さしもの猛暑・酷暑もひと段落です。これで残暑も終息してくれればいいのですが・・。 そんな中、昨日は今季初めての涼やかな外出日和でしたので、久々にブラ撮り散歩にでかけました。 東京オリンピック開催まで1年を切ったので、新交通の「ゆりかもめ」で臨…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アド街の井ノ原快彦の故郷・大井埋立地の初原風景

2019年7月13日(土)放送の出没!アド街ック天国は、「大井・城南島」でした。 その中で宣伝本部長の井ノ原快彦が過ごした八潮パークタウンが取り上げられており、特集で大井ふ頭緑道公園など井ノ原少年が飛び回った思い出の地を部長自らが紹介しておりました。 この八潮パークタウンエリ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ラムサール条約湿地登録後の葛西海浜公園

冬晴れの一日、都内はインフルエンザが猛威を振るっているので、人ごみを避けて、葛西海浜公園に出かけ東京の海を眺めてきました。 ☛ ラムサール条約湿地登録されてから3ヶ月、記念碑も建てられたようなので、これも確認してきた次第です。 ≪葛西海浜公園≫ 東京都港湾局より 東京都の海上公園のひとつで、昨年の10月にラ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

干潟が残る葛西海浜公園が「ラムサール条約湿地」に登録

先月に葛西海浜公園が重要な湿地を保全する「ラムサール条約湿地」に登録されたとの報道がありました。 この条約は「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」で、さまざまな生き物の生息地として重要な湿地の保全や賢い活用を目指すものだそうです。 若い頃、チョイこの葛西海浜公園の建設に携わったことがあるので、感慨無量ですよ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

東京の自然干潟を葛西海浜公園で保全

5月になると昼間に大潮になり、潮干狩りの最適シーズンを迎えます。 そんなことで、先月、久々に葛西海浜公園の干潟の様子を見に行きました。 途中、陸域の葛西臨海公園でチョイ引っかかり、☛ 劇団おぼんろの特設シアター(テント)を覗いてきたところです。 葛西沖の海域は潮が引いて、西なぎさの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第三台場からお台場を遠望し、巨木に遭遇

月曜日は ☛ 東京港野鳥公園で、火曜日は ☛ 東京みなと祭のレポートでした。 今週は東京港シリーズでまとめることにし、今日は第三台場の探索録ですよ。 そんなことで、先般、☛ 都港会の写真愛好会の撮影会がお台場海浜公園でありました。 港…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新装の東京港野鳥公園でバードウオッチング

春先に ☛ 千葉の八津干潟を訪ねましたので、連休の暖かな一日、思い立って東京港野鳥公園を散策してきました。 以前の訪問では ☛ 自然生態園を見てきたので、今回はメインの野鳥生息ゾーンを観察してきました。 なお野鳥公園で見つけた花は、先週の☛ 初夏の花めぐりで紹介したところです。 ≪東…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東京五輪の新水泳場・アクアティックスセンター工事を見聞

>晴海ふ頭公園が東京五輪によって、綺麗に撤去されてしまいました。 そんなこともあり、五輪施設に興味を持ち始めたら、辰巳のオリンピックアクアティックスセンターの記事が新聞に掲載されていました。 百聞は一見に如かずで、早々に工事現場を覗きに行ってきました。 辰巳の森海…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東京五輪で晴海ふ頭公園が消えた 

暮れに友人から「晴海ふ頭公園が壊されている」との連絡がはいり、明けて正月休みに、その様子を見てきました。 何と噴水や展望台などの公園施設は跡形も無く撤去され、クロマツなど一部樹木が残るのみでした。 >昨年のみなと祭りの際はまだ健在だったのですが、今般のオリンピック選手村建設に伴い、一体的に再整備す…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

有明テニスの森公園は紅葉真っ盛り

初冬の暖かな日、好天に恵まれたお出かけ日和だったので、数年ぶりに有明テニスの森公園に紅葉を訪ねました。 このテニスの森公園は、若い頃に、チョイ計画に関与し、植栽設計を担当した懐かしい公園です。 公園が造成されてから35年以上が経過し、施設は徐々に傷んでいきますが、樹木は毎年生長し、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

海の日はお台場海浜公園で海の灯まつり

7月17日は海の日なので、今年もまた懲りもせず、> お台場海浜公園の海の灯まつりに行ってきました。 ここは、かつて南方からの輸入丸太が浮かぶ十三号地貯木場でした。 都が海上公園事業で、砂浜や干潟などを整備し、自然環境の回復を図るとともに、都民…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

晴海オリンピック選手村の工事が始動

先般の東京都議会議員選挙で >小池都知事が率いる都民ファーストの会が大勝して都議会第1党となりました。50人の公認候補のうち49人が当選とのこと、都議会も知れたものですよね。  そんな中、> 豊洲市場移転はストップしましたが、チョイ疑惑のある晴海ふ頭のオリンピック選手村の工事は止められることもなく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東京港野鳥公園は芽吹きの季節

草木が霧雨にけぶる春の一日、久々に東京港野鳥公園を訪ねました。  築地市場の豊洲移転問題でかまびすしい世間ですが、かつてこの地は、東京港の土地利用計画では、市場用地に位置づけられていました。 埋立て終了後、造成地に雨水が貯まり広大な池が出現し、徐々に水鳥が集まるようになりました。 {%カナリヤwebry%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海の日の海の灯まつり in お台場 2016

18日は海の日とのことで、毎年お台場海浜公園では海の灯まつりが開催されます。 面白いイベントでもないと、どうしても、おじさんカメラマンは、この猛暑では引きこもり気味になってしまいます。 そんなことで、自称海上公園ファン倶楽部の静河カメラマンは、猛暑の中、※今年も頑張って海の灯の取材に出かけた次第です。 {%カメラdocomo…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

GW特集 葛西沖公園にファミリーテントが百花繚乱

ゴールデンウイークは、観光地はどこも混雑のようなので、安近短で、都内の公園巡りで過ごしました。 そんな一日、東京港ウォーターフロントの葛西臨海公園&葛西海浜公園を覗いてきました。 ここは、葛西沖の区画整理事業で造成された大規模公園で、海浜や干潟が整備さており、都心で気楽に海に親しむことが出来ます。 {%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京港野鳥公園の田んぼで、稲のハザ掛けに遭遇

何年かぶりに東京港野鳥公園に行ったら、自然生態園で、刈取った稲束を丸太に架けて天日干ししていました。 稲木とも言いますが、野鳥公園ではハザ馬と呼んでいました。 都心で、こんな大規模な稲の天日乾燥を見るのは初めてです。先般、※大手町の呉服橋のビルの中で、はざ掛けを見ましたが、やはり屋外で日光に当てての乾燥が正統ですよね。 {%晴れ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東京港の海上公園の“海の森プロジェクト”

先般、福嶋組のおじさん達と 「海の森あおぞらフェスタ 2015」 に参加し、昔、植栽した苗木の生長の様子を見てきました。 このおじさん達は、勝手に海の森を愛する集団で、これからも、この森を見守っていきたいという、奇特な方々ですよ。 この日は、朝から豪雨のあいにくの天気でしたが、午後からやや持ち直し、寒…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

連休の新木場公園は、バーベキューの若者だらけ

シルバーウイークの一日、東京港臨海部の埋立地に整備された海上公園を、ぶら撮りしてきました。 まず訪れたのが新木場公園。新木場の駅から徒歩5分くらいですかね。 駅前の運河を渡ると、樹林の中にテント村が見えてきました。連休の初日なので、何かイベントをやっていると思いきや、単にバーベ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

梅雨明けて、葛西海浜公園は海開き

昨日、気象庁は関東甲信越地方の梅雨明けを発表しました。梅雨明けとともに、猛暑の襲来で、各地で真夏日、猛暑日となったようですね。 葛西海浜公園では、水質が改善され、今年から「顔つけ」OKとなっていました。 そんなことで、事実上の遊泳解禁と梅雨明けとが重なり、海浜公園は海開きで、多くの家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京桜めぐり ブログ商店街が雑司が谷でお花見

昨日は、ブログの師匠の※(遊)紺野商店の事務所に、ブログ商店街のお歴々が集まり、雑司が谷に花見に出かけました。 落語の「長屋の花見」よろしく、貧乏所帯の商店主達は、ブルーシートを小脇に、ビールや清酒、ツマミを抱えて、雑司が谷のサクラ並木に向かった次第です。    居酒屋会談はいつも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海上公園の葛西海浜公園で海苔すき体験

葛西海浜公園で、海苔(ノリ)すきイベントをやっているとの情報を得ましたので、また、ミーハーカメラマンは興味津々で出かけた次第です。 NPO法人ふるさとと東京を考える会実行委員会の主催の「葛西海浜公園・西なぎさ 海苔すき体験&試食イベント」でした。 海苔すきは子供さんが対象かと思いきや、おじさんでもOK…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海上公園の海の森で、市民参加の植樹まつり

先月の事ですが、動物園のボランティアの仲間で、秋の海の森まつりに参加し、今、森づくり真っ最中の海の森で、樹木の苗木を植えてきました。 春先に、※海の森の土造りの現場を見学して以来、今年は2度目の訪問ですが、来るたびに※様子は変っていきますよ。 オリンピックの会場整備も控えており、森づくりも大忙しなのですかね? <ピストン輸送>…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京臨海副都心に秋の気配 パンパスグラス

宴友の渡辺企画から、臨海副都心に咲くパンパスグラスの写真が届きました。 昨年の写真もありますので、あわせてご覧下さい。 パンパスグラスは英名で、和名はシロガネヨシと言うようですね。 原産地は南米の草原(パンパス)で、日本には明治期に入ってきたとあります。高さが2~3mにもなるので、公園など日当たりの良い広い場所に植えられていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海の日の海の灯まつり in お台場

今年もお台場海浜公園の海の灯まつりに出かけました。 1日目の昨夜は夕刻から雷交じりの豪雨で、中止を余儀なくされたようですね。 今日は、静河カメラマンも気合を入れて、重たい一眼レフ片手に撮影に出かけた次第です。 広い砂浜に、ペーパーキャンドルランプを数万個も並べ、地上絵を描きます。 一個一個並べていく主催…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京の海は何処にあるの

海といえば江ノ島や湘南の海をイメージしますが、東京の地先にも広大な海域が広がっております。 日常生活で、あまり海を感じることはありませが、今日の「海の日」にちなみ、ギャラリー静河のライブラリーから東京の海を紹介します。 皇居(江戸城)の南西域は江戸湊であり、現在は東京港の港域となっています。このため、以外や以外で、割と簡単に多く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大手町の森 ・ 都心のド真ん中に自然の森が出現

大手町タワーのオーテモリ(OOTEMORI)が、5月にグランドオープンしたので様子を見に行きました。 何と、昨年8月に竣工したばかりのビルの前庭に、突然、自然の森が出現しておりましたよ。「大手町の森」と呼んでいるようです。 オーテモリの商業ゾーンはさておき、3,600㎡の空間ですが、新しい発想での森づくりに興味がそそられました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホンビノスガイがゴロゴロ

東京モノレールの大井競馬場駅前にある、大井ふ頭中央海浜公園のなぎさの森で、見慣れぬ貝を採っている人がいました。 見せていただいたら、こぶし程の貝がゴロゴロ。 近年、有名になったホンビノスガイでした。 漢字表記は当て字で「本美之主貝」。なにやら端正な貝をイメージしますよね。 <なぎさの森の磯浜> なぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京港の海の森でステップキャンプのデモ

海の森でステップキャンプ(STEP CAMP)のイベントを見てきました。 東京都海の森倶楽部会員事業として、海の森の将来を見越したイベントが計画されたようです。   ※ステップキャンプは、「災害被災時に役立つアウトドアのノウハウを、楽しく、   実践的に学ぶ体験型の『防災キャンププログラム』を提案」しているそうです。    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京港の海の森は資源循環型の森づくり

「みどりのリサイクル知っとくツアー」に同行させていただき、東京港の真ん中に整備中の「海の森」の土づくり現場を見学してきました。 海の森の整備では、公園や街路樹から発生する剪定枝葉を粉砕処理して堆肥をつくり、これを土壌改良に活用して植栽基盤を造成しています。 「資源循環型の森づくり」と言うそうです。すごいことをやっているのですね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more