テーマ:海外旅物語

日曜特集 タイのチェンマイでコムローイにリベンジ 

暮れに ☛ 函館に命の洗濯旅に出かけていた呑友の渡辺企画ですが、その前に、またまたタイに出かけ、ロイクラトン(陰暦12月の満月の祭)で、昨年断念したコムローイ(天燈揚げ)に再挑戦してきたようです。 コムローイに成功した後は、今度は魔の三角地帯と呼ばれるミャンマーとラオスの国境までのバスの一人旅です。{%爆弾webry%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまには世界旅 ・ 雪のハルシュタット

正月は風邪で寝込んでしまったので、さしたるネタがありません。 そんなことで、今日はギャラリー静河のアーカイブスシリーズです。 たまには世界旅で、寒さ厳しい折ですので、昔訪ねたオーストリアのハルシュタットの雪景色です。 このハルシュタットは世界一美し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

日曜特集 ファーマーのカンボジア旅日記

農友のファーマーOgawa氏がベトナムとカンボジアを旅してきたようで、写真が届いております。 前回は ☛ベトナムの旅日記でしたが、今回はカンボジアで、アンコール・ワットなどクメール遺跡の見聞録です。 ≪アンコールトムの遺跡≫ photo:ファーマー               △南大門 ≪タ・プロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新パスポート片手に、タイ屋台料理で海外旅行気分

先般は、農友の ☛ファーマーOg氏がベトナムを旅してきたところです。 ちょうどその頃、パスポートの残存有効期間期がわずかとなってきたので、有楽町の交通会館の旅券窓口で更新してきた次第です。 新しいパスポートを入手したので、たまには海外旅行気分と、タイ屋台料理店でタイ飯をいただいてきました。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

祝日特集 ファーマーのベトナム旅日記

今日は春分の日ですが、みぞれ混じりの肌寒い祝日になってしまいました。 そんな中、農友のファーマーOgawa氏がベトナムとカンボジアを旅してきたようで、写真が届いております。 遊友連のおじさん達とクリスマスのホーチミンを旅して以来7年ぶりのベトナム再訪問ですよ。 今回は町…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日曜特集 タイのバイク旅はヤバイヨ

新春第1号の日曜特集はタイ漫遊記です。 遊友連のおじさんの一人・呑友の渡辺企画が先般またまたタイ旅行をしてきたようで写真が届いております。 今回は初めてバイクを借りて旅したとか、出川の充電させてくださいではありませんが、一人旅のレンタルバイクは「ヤバイヨ、ヤバイヨ」ですよね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまには世界旅 独のシュトゥットガルトのクリスマスマーケット

今週は、>東京のクリスマスツリーやイルミネーションのレポートに終始しました。 明日はクリスマスイブなので、最後は海外の本場のクリスマスの様子です。 ギャラリー静河のアーカイブスより、ドイツのシュトゥットガルトのクリスマスマーケットをチョイスしてみました。{%飛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トルティーヤのランチでメキシコ旅の気分

先般は > ベトナムからカンボジアを旅してきた ところですが、そうそう何度も海外旅行は出来ません。  そんなことで、お安く旅行気分を味わうには、エスニック料理を食べに行くことです。 ねらい目はランチで、お安く旅行気分が味わえますよ。 今回はトルティーヤでメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンボジア旅④ ハス花のオブジェと食用のハスの実

先般は > ベトナムからカンボジアを旅してきた ところです。  カンボジアの宗教は仏教で、国民の約90%が仏教徒だそうです。そんなこともあってか、ホテルなどではハスの花のオブジェをよく見かけました。 一方で、ハスの実を食べるようで、街中ではハスの花托が売られていました。 またガイドさんもバスの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベトナム旅② ハノイの旧市街の露天商

先般は > ベトナムからカンボジアを旅してきた ところです。  ハノイ観光はハロン湾クルーズが主体で、街の観光はホーチミン廟の衛兵交替式と旧市街地巡りのみでした。 旧市街地は短時間の観光でしたが、それでも路上売店やバイクの洪水など、ハノイの喧騒の中を歩いて、ベトナム気分を味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンボジア旅③ ヘビを食わせるハス田の居酒屋

先般は > ベトナムからカンボジアを旅して きたところです。  カンボジアでは、シェムリアップ観光の中に 「ハスの花畑にてお花の観賞」のコースがありました。 そんなことで、マイクロバスは郊外の田舎道を走り、ハスの花畑に向かった次第です。 シェムリアップの国際観光ゾーンを離れると、そこはもうカン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンボジア旅② アンコールワットの夕日と日の出

先般、> ベトナムからカンボジアを旅して きたところです。  今日はカンボジアのメイン観光であるアンコールワットの取材報告です。   ≪顔写真入りパス≫ アンコール遺跡に入場するには顔写真つきのパスを取得しなければなりません。 {%困るw…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンボジア旅① アプサラダンスを堪能

先般、> ベトナムからカンボジアを旅して きたところです。  カンボジアの旅のハイライトは何といってもアプサラダンスですよね。 旅行社の手配が素晴らしく、舞台の正面の最前列に陣取ることが出来ました。  そんなことで、妖艶な踊りを舞うダンサー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベトナム旅① 古都ホイアンの刺繍をする女性

先般、> ベトナムからカンボジアを旅して きました。 まず最初は、世界遺産の古都ホイアンをぶらり散策してきましたので、そのレポートです。 ホイアンの旧市街地には、約180年まえの街並みが残り、風情のある木造家屋が建ち並んでいました。 かつてはアジアとヨーロッパの交…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベトナムからカンボジアへ世界遺跡巡り

「荻さんと静河氏の写真展」が無事修了したので、ミーハーカメラマンも遊友連のおじさん達に倣い、東南アジアの取材の旅に出かけてきました。 今回はベトナムからカンボジアを巡る旅で、ベトナムでは世界遺産の古都ホイアンとフエを、カンボジアではアンコール・ワットをはじめとするクメール人の遺跡群を見聞してきた次第です。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日曜特集 台北旅日記 衛兵交代式&夜市

写友の荻さんが、一族郎党を引き連れて台湾の台北を旅してきたようで、写真が届いております。 一昨年、遊友連のおじさん達と※初めて台北旅行をしたばかりなのに、今回は堂々と皆様をご案内ですよ。学習効果がありましたね。 【メッセージ】 ※渡辺さんに続き、台湾の旅帰国。 101見学後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日曜特版 台湾旅日記その2 花蓮の太魯閣渓谷をひとりじめ

呑友の渡辺企画が台湾の高雄を旅してきたところで、先月のブログ掲載したところですが、その続きのレポートが届きました。   ※台湾旅日記其の1 高雄でサイクリング観光 高雄から5時間かけて花蓮に向かい、台湾を代表する景勝地の太魯閣(タロコ)渓谷を踏破してきたようです。 {%大変web…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日曜特版 台湾旅日記 高雄でサイクリング観光

呑友の渡辺企画が、先般は、伊予の松山で、※道後温泉や坊ちゃん観光を楽しんでいたと思いきや、今度は台湾に飛び、高雄から花蓮を旅してきたようです。   台湾旅行の第一報で、高雄の旅録と写真が届きました。  【メッセージ】 台湾第二の都市「高雄」に行ってきました。高雄港は台湾最大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有楽町のサイゴンでベトナム料理に333ビール

新春早々に、※インド料理を食してきたところですが、今回はベトナム料理です。 有楽町駅前のイトシアの地下にある、バインセオンサイゴンというお店です。  日曜日とのこともあって、結構な込み具合でした。場所柄、女性や若いカップルが大半を占めていました。 そんな店に、場違いの我ら熟年カップルも仲間に入れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日曜特集 タイのチェンマイでコムローイと灯籠流し

今年最後の日曜特版は、渡辺企画のまたまたタイ旅紀行です。 そんなことで、宴友の渡辺企画が、先般※晩秋の北の大地を旅してきたと思いきや、今度は、またまた灼熱のタイに行ったようで、タイ北部のチェンマイから、コムローイと灯籠流しのお祭りの写真が届きました。 コムローイは世界的に有名な祭りとなっており、個人旅行の渡辺企画は、交通渋滞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年はベトナム戦争終結40年 ホーチミンぶらり旅

2015年も残すところ2週間となりました。一年間いろいろなことがありましたが、今年は、あの世界中を反戦運動の渦に巻き込んだ、ベトナム戦争が終わって40年なのですね。 そんなことで、数年前に、遊友連のおじさん達とホーチミンぶらぶら旅をしてきた時の見聞写真です。 目的を決めていない、ブラ旅観光でしたが、や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イギリス縦断の旅⑨ イングランドで一番美しい村々・コッツウォルズ

コッツウォルズは、イングランド中央部に広がる標高200m近い丘陵が続いている田園地帯です。古英語で「羊小屋のある丘」という意味だそうです。 昔はイギリスを代表するウール製品の産地でしたが、石炭が取れないため、鉄道網が発達せず、時代に取り残されたとのこと。このため、昔の田舎町が多くの残っており「最もイングランド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イギリス縦断の旅⑧ ロンドンラーメン (Soup with Noodle)はいまいち

朝はお決まりのイングリッシュ・ブレックファースト、昼は名物のフィッシュ&チップス、夜はローストビーフと、典型的なイギリス風料理のオンパレードでした。 安いツアー旅行なので、贅沢はいえないと思いつつも、もう一週間もお米を口にしていません。 そんな時、ロンドンのナショナルギャラ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イギリス縦断の旅 ⑦ 貴族の館で、アフタヌーン・ティーの初体験

アフタヌーン・ティーは「貴族や上流階級から始まったと言われており、当時、一日の食事が、朝食と遅めの夕食の2回だけだったので、空腹を紛らわすため にお茶と軽食を食べたのが始まり」とのこと。 現代の英国では、上流階級から労働者階級まで広く普及した喫茶習慣だそうです。 そんなことで、ミーハーカメラマンも、労働者階級の代表として、貴族の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イギリス縦断の旅 ⑥  ビートルズの原点 リヴァプールのキャバーンクラブ

世界遺産の海商都市のリヴァプール地区を観光しました。 観光の主体は、もちろん、あのビートルズで、マージ川に隣接するアルバートドック地区を中心に、ビートルズの博物館やショップ、ビートルズを生んだキャバーンクラブなどを見聞してきました。 ≪アルバートドック地区≫                     …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イギリス縦断の旅 ⑤ 湖水地方で、ライダル・マウントの庭園を散策

ライダル・マウントはイギリスの詩人ウィリアム・ワーズワースが1813年から1850年までの37年間を過ごした歴史的な邸宅とのことです。 昨日のウィンダミア湖とともに、湖水地方観光のポイントのようなので、見聞してきました。 <ワーズワースの邸宅>                 △ワーズワースの肖像画 ウィリアム・ワーズワース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イギリス縦断の旅 ④ 湖水地方のウィンダミア湖で船旅

イングランド北部の湖水地方は、16の大きな湖と約500に及ぶ小さな湖が点在し、標高1000m近い山々が連なるスケールの大きな自然がみられる地域だそうです。  その中でも、ウィンダミア湖は、湖水地方はもとよりイングランド最大の湖とのことです。 そんなことで、この辺りは、イギリス随…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イギリス縦断の旅 ③ グレンゴイン・スコッチウイスキー蒸留所を訪ねる

昨年のNHKの連続テレビ小説「マッサン」で一躍有名になったスコッチウイスキー。 スコットランドを訪ねたら、何はさておいても、スコッチウイスキーの取材ですよね。 そんなことで、グラスゴーから北へ15マイル程にある、グレゴイン・スコッチウィスキー蒸留所を訪ねました。 地球の歩き方の案内には掲載がありませんが、知人の英国人によると、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イギリス縦断の旅 ② スコットランドの首都・エディンバラ巡り

ギャラリー静河を休業して、10年ぶりにイギリスに行ってきました。 今回は北のスコットランドのグラスゴーをスタートし、南下して、イングランドのロンドンまで、正味6日間のバスツアーでした。 くりくりファームでは、現在※北海道横断徒歩の旅をライブ中継していますので、ギャラリー静河でも、今日からイギリス縦断の旅を掲載していきます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イギリス縦断の旅①(プロローグ) スコットランドからイングランドへ

ギャラリー静河を休業して、久々のヨーロッパ旅行に行ってきました。 今回は10年ぶりのイギリスの旅で、北のスコットランドのグラスゴーをスタートし、南下してイングランドのロンドンまで、正味6日間のバスツアーでした。 <1日目はグラスゴーへ>                  △ロンドンの美しい町並み ブリティシュエアラインの直行…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more