真夏の夜の動物園で巨木ツアー

お盆のシーズンになると、恩賜上野動物園では毎年「真夏の夜の動物園」が開催されます。

通常は17:00が閉園ですが、この期間は3時間ほど延長され 20:00が閉園になり、夜の動物園が堪能できます。

いつもボランティア活動でお世話になっている事務所で、この期間に特別イベントとして「巨木ツアー」を実施するというので、参加してその様子を取材してきました。

真夏の夜の動物園
▼①→チラシ .JPG
         △チラシ

▼②→名称未設定 1.JPG
        △ユニホーム
動物園の職員の方は、皆さん統一ユニホームでがんばっていました。
水色のTシャツで統一されていますが、よく見ると昔のデザインも混じっていましたね。

巨木ツアー
夕刻の17:45スタートの30分ほどのツアーでしたが、ムクノキとケヤキとイチョウの巨木を観察してきました。

▼③→真夏の夜の動物園 (1).JPG


▼⑤→IMG_9242.JPG
      △巨木とは何ですか?
何でも環境省が定めた基準で、胸の高さでの樹木の外周が3mを超えるものを巨樹と呼ぶようですね。

▼④→IMG_9243.JPG
見本の輪切りの樹木は2.5m程度で、巨樹ではないようです。

①ムクノキ
▼⑥→IMG_9247.JPG
場所をサル舎前に移して、最初はムクノキを観察です。 幹回りが4m弱ですが、立派な巨樹です。

▼⑦→無垢の板根  1.JPG
        △実と根
落語の「茶の湯」で根岸の御隠居さんがたしなんだお茶がムクノキの実を粉にしたもの。 通称「青キナコ」とか。  泡がたつので、昔は洗剤に使ったようですね。
根元は熱帯の樹木のように板根が発達しているとか。

②ケヤキ
▼⑧→大ケヤキ 9.JPG

▼⑨→IMG_9264.JPG

総合案内所脇の大ケヤキです。幹回りは4.6m程度。表門から入ると正面に見えてきます。枝が折れ易いとのこと。
台風10号で九州地方は大荒れのようですが、風の強い時はケヤキの下の通過は要注意のようですね。

③イチョウ
▼⑩→IMG_9288.JPG
 ツアーの最後は動物園最大の大イチョウ。5m近い幹回りがあります。動物慰霊碑の脇にあります。

▼⑫→IMG_9285.JPG
        △幹回りの計測
子どもさんも参加して木の周りを測ってみました。

▼⑪→真夏の夜の動物園 (2).JPG
       △樹高の計測
親子で木の高さを測って見ました。ほぼ同じでしたね。

参加記念のペンダント
▼⑬→IMG_9291.JPG
ツアー参加の記念に焼印ペンダントをいただきました。

▼⑭→真夏の夜の動物園 (3)(お土産).JPG
何でも職員の方とボランティアさんとで一緒に作成したとか。

上野動物園は寛永寺の寺領の跡の上野の山に整備されており、都心でもみどり豊な動物園です。最近動物園の拡張工事で高木が少しずつ伐採されているのが残念ですね。

不忍池のビアガーデン
▼⑮→テラス 定 1.JPG

▼⑯→真夏の夜の動物園(不忍池テラス).JPG

帰りに池之端テラスで皆さんとチョイ呑みでした。
久々の屋外でのビールでしたが、不忍池から吹いてくる涼風が心地よかったですよ。




他にも夜の動物園≫【参考
東京都立の動物園では、上野動物園のほかに、多摩動物公園ではサマーナイトで「フクロウがなく夜の動物園」が、葛西臨海水族園では「夜の不思議の水族園」が開催されています。

▼→I葛西.JPG
        △葛西臨海水族園のチラシ

▼→多摩.JPG
        △多摩動物公園のチラシ


お盆は谷根千で諏方神社の盆踊り

今年のお盆は今日13日から明後日の15日までとか。

お盆休みを取る会社も多く、16日に有給休暇をとれば10日(土)から18日(日)まで何と令和2回目のロング連休になります。

ブログ商店街の(遊)紺野商店も早々と10日より店をクローズし、さっさとお盆休暇に突入です。

お盆には先祖の霊を祀る一連の行事が行われます。その中でもクライマックスが盆踊りです。お盆に帰ってきていたご先祖の霊を送り出し、祖先や死者を供養するために踊るとか・・。

そんなことで、ギャラリー静河のアーカイブスから日暮里の諏方神社の盆踊り風景をチョイスしてみました。

 ※ ☛:色字クリックで関連記事にアクセスします。

諏方神社の盆踊り
諏方神社はJR西日暮里駅の脇にある神社で、昔、池の端の事務所に勤めていた頃は、ブラ撮り散歩でよく訪れていました。
この盆踊りの写真もおよそ10年ほど前に撮影したものです。 

▼①→IMG_9734.JPG

最近は公園や広場での盆踊りが多くなりましたが、やはり社寺仏閣での踊りのほうが趣がありますよね。

櫓太鼓
▼②→IMG_9857.JPG
        △盆踊りの櫓
盆踊りの中核を成すのが櫓太鼓です。ここの櫓も結構大きなもので、二階部でも大勢が踊れます。

▼③→櫓の上と下 1.JPG
        △二連太鼓
太鼓は三階の最上階と一階との二連演奏でした。一階は見習いみたいで、次々と打ち手が交代していきます。

踊り手
▼④→IMG_9757.JPG
        △愛好の志
盆踊り愛好のグループが参加している様で、同じ浴衣を着たグループが何組も踊っていました。

▼⑤→名称未設定 1.JPG

▼⑥→IMG_9767.JPG
        △バック団扇

夏休みの子供さん
▼⑦→IMG_9863.JPG
        △女性が主役
昔は子供達が夜の町に出られるのは、夏祭りに盆踊りくらい。華やかな盆踊りは女の子が主役で、夏休みの良い思い出になりますよね。

▼⑧→盆踊り 48.JPG
        △今月の1枚
ブログ商店街の今月の1枚の8月のテーマは「夏休み」。 ギャラリー静河では、映像がチョイ古くなりますが、夏休みの盆踊りの記憶です。

▼⑨→IMG_9876.JPG
        △孫とのひと時

日暮の里
▼⑩→IMG_9936.JPG
        △帰り道
神社のある高台を下っていくと西日暮里の駅です。上野台から諏訪台に続くの台地の法尻に沿って山手線が敷設されたようですね。
かっては眼下に農村が広がっていおり、諏訪神社の高台は風光明媚な展望の場所で、日暮の里(ヒグラシノサト)と呼ばれたとか・・。




猛暑に酷暑にセミ時雨≫【蛇足
やっとこさ梅雨が明けたと思ったら連日の猛暑で一向に止む気配がありません。クーラーガンガンの引きこもり生活を余儀なくさせられています。
せっかく当たった区民農園も御無沙汰で、どうなっているやらです・・・。

■→雲雲 553KB  .jpg
        △盛夏到来

▼→猛暑 IMG_9042.JPG
 花屋も西日を受けて、緊急避難の簾です。

▼→IMG_9036.JPG
 午後の2時です。人影が消えた児童公園。

▼→せみ 名称未設定 1.JPG
 セミには待ちに待った太陽。 猛暑~酷暑の中のセミ時雨。


日曜特集 おじさんたちの夏野菜

先般は ☛ブログ商店街の夏期農業研修で、くりくりファームからトマトやナスなど沢山の野菜をいただいてきたところです。

遊友連のおじさん達の菜園でも夏野菜が採れており、写真が届いております。

ファーマーOg氏の夏野菜≫ Photo by ファーマー
 『おはよう。大変お暑ございます。体調管理シッカリやろう。夏野菜、三日サイクルで山ほど収穫。』(ファーマー)

ファーマー 夏野菜.JPG
        △三日毎野菜
農友のファーマーOg氏の楽園は、クリクリファーム以上の大農園で、流石に収穫量が半端ないですね。


渡辺企画の夏野菜≫ Photo by W企画
 『日曜日、プランターのナスとピーマンが取れたので、味噌炒めを作ってみました。ピーマンは2個追加して、いいつまみになりました。』(W)

渡辺①.jpeg

渡辺① (1).jpeg


 『こんにちは。プランターでは、二回目の収穫でナスが採れました。 トマトはあともう少し。 今、捨てないで試しに植えたジャガイモの花が咲いています。』(W)

渡辺②6-28 (1).jpeg

渡辺②6-28.jpeg
        △ジャガイモの花

 『こんにちは。第三弾の収穫です。植付けが遅かったのと日照時間が少ないからか生育が悪いみたい。ミニトマトがようやく口に入りました。』(W)

■→渡辺③7-13.jpg

呑友の渡辺企画の家にも、かわいいコップのふち子が居候しているいうですね。ギャラリー静河の家のふち子達といいライバルになりそうですよ。

 『こんにちは。プランター栽培で久々に中玉のトマトが獲れました。萩原家のゴーヤは立派ですね。』(W)

渡辺 1.jpeg



荻さんの夏野菜≫ Photo by 荻さん
 『おはようございます。今朝の朝採りきゅうりとアイコ。トウモロコシは雪山の帰りに買い求めたゴールドラッシュ、甘い。』(荻)

6月28日 (1).jpg

6月28日.jpg


 『おはようございます。我が家の朝取り野菜、トマトがよく採れ、ブルーベリー初摘み 』(荻)

7月13日 (1).jpg

7月13日.jpg
 10粒のブルーベリーといえども、初物は貴重ですよね。

 『おはようございます。我が家はゴーヤとトマトとセミの抜け殻。』 『巨大ゴーヤも採れました。』(荻)

8月2日.jpg

20190812073808_IMG_4699~2_20190813125048.jpg

写友の荻さんはお庭が家庭菜園のようで、いろいろなものができるようですね。


ギャラリー静河の夏野菜≫ Photo by 静河
ベランダ菜園のプランターで採れた夏野菜の数々です。
▼→とまと  1.JPG

▼→シシトウ  1.JPG
 シシトウばかりが沢山採れましたが、それ以外はあまり生育が良くなく、アブラムシに襲われるなどして、半死半生の状態ですよ。

夏期農業研修③ 森の隠れそば処 「さつきの里」

連日の猛暑の中、ブログ商店街では恒例の ☛夏期農業研修を那須のくりくりファームで実施しました。

最終日は朝からお土産の野菜採りや ☛ブリーベリー摘みに精を出し、昼飯はくりくりファーム行きつけの森の蕎麦屋を訪ねた次第です。

こちらも別荘暮らしの高齢の御夫婦で営業する蕎麦屋で、「隠れそば処 さつきの里」と銘を打つていました。

隠れそば処・ さつきの里
▼①→アクセス  1.JPG
       △アクセルロード
田んぼ脇の農道を走り、雑木林の森を抜けていくと、忽然とその店が現れます。

▼②→DSC01649.JPG

▼③→DSC01653.JPG
        △古民家
雑木林の斜面地を切り開いた敷地に立派な古民家が建てられていました。


古民家の世界
御亭主の趣味満載の世界を拝見です。

▼④→前庭展望 セミがのどか風 73.JPG
     △庭の遠望
庭から向こうの丘を遠望。セミの声に熱気が盛夏の気分を運んでくれます。

▼⑤→納屋 1662.JPG
        △納屋
母屋の店にあわせて、納屋も古民家風ですよ。なかなかの懲りようですね。 

▼⑥→納屋の裏 C01665.JPG
        △納屋の裏
竹の背負い籠が味わいありますね。

▼⑦→DSC01647.JPG
        △薪の山
冬に備えて薪割りに精を出しているようです。元気そのものの御老体ですよね。

▼⑧→干しシイタケ 51.JPG
        △干しシイタケ
▼⑨→DSC01659.JPG
        △モミジアオイ

それにしても、こんな山奥での蕎麦屋は採算が合いそうにないような気がします。 趣味の蕎麦屋とお見受けいたしましたが、何とも贅沢な田舎暮らしですよね・・。

そば処の店内

▼⑩→店主おじさん669.JPG
広い空間に静で物憂げな時間がゆったりと流れていました。

▼⑪→見事な小屋組み 1675.JPG
       △豪華な小屋組み

▼⑫→薪ストーブ G_8859.JPG
        △薪ストーブ

▼⑬→囲炉裏G_8865.JPG
        △囲炉裏


天ぷらそば

▼⑭→IMG_8875.JPG
美味しそうな天ぷらそばですね。

▼⑮→IMG_8880.JPG
馴染みのクリさんなので、紅茶をサービスです。熱帯アジアの熱いチャイを思い起こさせますよ。

▼⑯→IMG_8882.JPG
        △集合写真
お決まりの皆de記念写真です。
おなかいっぱいになったところで、今年のブログ商店街の夏期農業研修は終了です。また来年の開催を祈念して散会した次第です。


夏期農業研修② 那須のブルーベリーファーム

梅雨が明けたと思ったら連日の猛暑の到来です。やっと夏が来たと思いきや何と今日は暦の上では立秋とか。季節が飛ぶ様に過ぎていく気分ですね。

そんな猛暑の中、ブログ商店街では恒例の ☛夏期農業研修を那須のくりくりファームで実施しました。

(遊)紺野商店のブログにも ☛くりくりファームの様子が掲載されていますが、ギャラリー静河でもブルーベリーファームの様子を取材してきました。

ファームの全景
▼①→DSC_0321.JPG
▼②→DSC_0322.JPG

正面の木造のログハウスはお隣さんですよ。


ブルーベリーファーム
▼③→ブルー名称未設定 1.JPG
       △ブルーべり
くりくりファームの特産品で、40本ほどの様々な品種のブルーベリーが植えられており、春から秋まで収穫が楽しめるとか・・。

▼IMG_8775.JPG
         △ホームベル(品種名)
ゾーン別にそれぞれの地域のブルーベリーが植えられています。

■→IMG_8825.jpg

チョイ朝採りでボールいっぱいのブルーベリーが収穫できます。

▼→IMG_8745.JPG
       △ブルーベリーのオブジェ?
奥さんの作品と思われます。


今年の野菜 
宴席でいただいたナスやキュウリ、トマトのほかにも様々な種類の野菜を作っていますので、その一部を撮影してきました。

▼⑤→小豆赤いダイヤ .JPG
        △小豆
赤いダイヤとよばれかつては投機の対象になった野菜です。ファームでも慎重に育てられています。

▼胡麻.JPG
       △胡麻

▼紫つるな (1).JPG
    △ツルムラサキ
ねばねば野菜で、とても栄養価の高いとか。このほかネバネバ野菜はモロヘイヤやオクラを栽培しています。

▼⑦→モロッコインゲン 名称未設定 1.JPG
       △モロッコインゲン
翌朝のアサリの味噌汁に巨大なモロッコインゲンです。面白取り合いですよね。

▼⑧→しま唐辛子 設定 1.JPG
       △シマトウガラシ
超激辛トウガラシで、伊豆七島などでは刺身に浸けて食べているとか。

このほかのもサツマイモやエダマメ、ネギやミョウガ・・その他いろいろです。
スイカの後はユウガオが植えられ、実がなりつつありました。秋の収穫祭が楽しみですね。


ワイフのガーデン
▼→3名称未設定 1.JPG

▼⑨→とり 名称未設定 1.JPG

ファームの中の色鮮やかなフラワーガーデンです。 今年はヒマワリの開花がチョイ遅れていました。


アマガエル
▼⑩→IMG_8798.JPG

ファームのアイドルで、いつも愛らしい姿を見せてくれます。


お隣の田んぼ
▼⑫→DSC_0324.JPG

以前のクリクリファームのブログでは、長梅雨で稲の生育が悪いとありましたが、この猛暑でその遅れを取り戻したようですね。

そんなことで、令和初のブログ商店街の夏期農業研修は無事終了した次第です。

ぶらタヌキのポン太氏は、浅間山麓に完全移住で、四季の暮らしを満喫しながら別荘暮らしを楽しんでおります。
その一方で、くりくりファームは春から秋は那須の別荘でブルーベリー三昧、寒い冬は東京で都会暮らしです。二重生活の贅沢ですよね。
人生それぞれ、人の暮らしもそれぞれですね・・。



東京のブルーベリー農園≫【蛇足
▼→水元 設定 1.JPG

東京ぶら撮り散歩で見つけた葛飾区の水元にあるブルーベリーの観光農園です。大きな鉢で栽培しているようですね。


浅間山が噴火≫【追記】Photo by ポン太
▼ポン太.jpg

浅間山が4年ぶりに噴火したようで、今日の「浅間山麓のブラタヌキ」に、☛その様子が掲載されています。
のんびりとした別荘暮らしにも、いろいろなことがあるようですね。

ブログ商店街 猛暑の中の農業研修

九州地方は台風8号の直撃を受け大荒れで、一方関東地方は連日の猛暑で、全国的に気象状況に目が離せなくなってきました。

そんな中、ブログ商店街では恒例となりました夏期農業研修を那須のくりくりファームで実施しました。

年々皆さん歳を重ねてきましたので、熱中症に留意しつつ、農作物の収穫を行うなど、野菜たっぷりの宴の寄合いを開催した次第です。

※☛色文字クリックで関連記事にアクセスします。

ボケおやじ続出
▼①→名称未設定 1.JPG
         △豪華グリーン車
黒磯駅合流なので、ギャラリー静河はチョイ贅沢にグリーン車でお出かけです。 外は暑そうですね。

▼①→ボケトラブル 1.JPG
       △黒磯駅
この日も快晴の猛暑で、熱波はおじさんの頭を狂わせます。
ひょうたんナマズ氏は、中間合流地点の宇都宮までしか切符を買っていなく、黒磯の改札で足止めです。
紺野商店は宇都宮で待合室にスマホを忘れ、途中で引き換えす始末です。


今年も浜寿司
▼②→はまずし3.JPG
       △受付ロボット
まずは浜寿司で腹ごしらえ。 ☛昨年と同じロボット君がお出迎えですが顔認証ができていなく 「一年ぶりの御無沙汰」の挨拶はありませんでした。

▼③→すし 設定 1.JPG

醤油の種類が多すぎて、気の多いカメラマンもギブアップ。


夜の宴の野菜採取
▼⑤→IMG_8646.JPG

まずはクリクリファームに荷をおろし、ひと休みしたら、まだ日ざしが強い中、夜の宴用の野菜を収穫です。

▼⑤→IMG_8668.JPG

大量の野菜がそろいました。野菜たっぷりの宴の用意が整いました。


芦野温泉
▼⑥→IMG_8703.JPG

近傍のアシの湯温泉で汗を流してきました。なんでも観光バスが来るようになり入湯料金も値上げで、地元の人の足は遠のいたとか

▼⑥→IMG_8698.JPG

他の2人がまだ出てこないので、暇つぶしの親父のツーショットです。


夜の宴の寄合い
8月の寄合いはクリクリファームで夏期農業研修です。晴庵和尚は膝の不具合が完治せず残念ながらお休みでした。

▼⑦→一郎 モルト定 1.JPG

紺野商店から待望のイチローズモルトの差し入れです。春先に ☛地元秩父に行ってやっと入手した貴重な逸品ですよ。

▼⑧→職 名称未設定 1.JPG

クリクリファーム作品はエダマメと長茄子の焼きナスです。

▼⑨→なまず 1.JPG

ナマズ氏作品はカツオのタタキと〆のソーメンです。

▼⑩→今月1枚 735.JPG
       △今月の1枚
飲みながらブログ商店街の今月の1枚を検討です。昨年は「猛暑」でしたが二年続けて同じ題はいただけないので、今年の八月は「夏休み」にきまりました。


カラス「カ~」で夜が開けて、翌日はクリクリファーム特産のブルーベリー摘みです。
ブルーベリー摘み
▼⑪→翌朝 8785.JPG

紺野商店は一升片手に精を出していました。

▼⑪→IMG_8805.JPG

頑張って2升もの収穫です。なんでも事務所の受付のお嬢さんへのお土産とか・・。


皆de集合写真
▼⑫→DSC_0329.JPG
    
▼⑬→IMG_8834.JPG
        △俺のブルーベリーが一番
朝採りの多量の野菜を前にお決まりの集合写真です。
お土産に野菜をいっぱいいただき、猛暑日の中無事帰還した次第です。

藍の生葉で草木染め

上野桜守の会で、夏恒例の不忍池のハスの葉で草木染めを行うというので、参加してその様子を取材してきました。

今回はハスの葉に加え、講師の先生の御好意により、藍の生葉でも染色を行うので期待して出かけた次第です。☛ ハスの葉は毎年行っており、藍の生葉での染色は今回が初めてです。

そんなことで今回は ①ハスの葉で染めるもの、②藍の生葉で染めるもの、③ハスの葉で一度染めたものを再度、藍の生葉で染めるものの三通りを実施しました。

桜守の会・染色教室

▼①→旗 .JPG
        △染色教室の会場

染色① ハスの葉で染色
午前中の作業はハスの葉の染色で、これは例年どおりです。

▼②→ハス葉水洗.JPG
       △空洞パイプのハスの茎
朝採りのハスの葉を軽く洗い、ちぎって細かくしていきます。

▼③→煮出し 1.JPG

寸胴鍋でハスの葉を煮出し染色液を抽出します。

▼④→糊+媒染0.JPG
       △糊抜き&媒染
まず布地をぬるま湯に漬けて糊を抜いていきます。次いで酢酸アルミを溶かした媒染液を作りこれに浸していきます。これで1時間弱ですよ。

▼⑤→IMG_8293.JPG
       △染色
染色液を入れた寸胴に布地を入れて煮沸しながら染色します。染色を終えたら寸胴毎冷し染色作用が落ち着くのをまちます。
これも1時間弱でトータル2時間弱。結構な作業ですよね。

▼⑥→IMG_8344.JPG

今回は淡いオレンジ色に染まりました。桜の枝で染めたような色合いですね。
いつもはもうチョイ濃い黄色に染まるのですが・・。草木染めは難しいですね。


ティータイム

▼⑦→お菓子 8.JPG

3時のお八つには先生やいつもの太っ腹の課長さんの差し入れがありました。
火を使いますので脱水で室内脱水症にならぬよう塩飴も抜かりなくです。


染色② 藍の生葉で染色
藍の生葉での草木染めは今回が初めての試みで皆さん興味津々でした。

▼⑦→生藍葉I.JPG
       △藍の生葉
先生や会員の方々のおかげで立派に生育した藍が届きました。生育地により生長の度合いが随分違いますね。 

▼⑧→IMG_8315.JPG

まずは軽く水洗いし、葉をちぎっていきます。 爪などに多少色がつきますので手袋をしての作業です。

▼⑨→藍 ミキサー 18.JPG

葉と水をミキサに入れ粉砕します。40~50秒ですかね。 

▼⑪→IMG_8321.JPG
       △染色液の抽出
細かな布で染色液を濾していきます。 綺麗な青汁といったところですかね。

▼⑫→IMG_8327.JPG
       △染色作業
原液を水で倍に希釈し、いよいよ染色です。 糊抜きしたシルクの白いスカーフをいきなり染色液に投入です。手品のようで見る間に染まっていきます。  
状態を見ながら10~20分ほど手の平で軽く押しながらの染色です。

▼⑬→藍 完了 1.JPG

綺麗な水色に染まりました。ブルーアイですよ。

▼⑮→IMG_8350.JPG

この方式は何でも動物性のシルクの布地だけが染まるとのことです。
ただし、ミキサで粉砕してから、染色効力があるのは1時間ぐらいとか。何でも酵素?が分解して染める力がなくなるとかです。


染色③ ハスの葉から藍の生葉へ

▼⑭→IMG_8336.JPG

▼⑮→IMG_8339.JPG
       △二度染め
午前中にハスの染色液で黄色の染めたスカーフを、同じ方法で藍の生葉の染色液で再度染めると、何と緑色に発色します。 グリーンアイですかね。

そんなことで今回は3種類の草木染を行った次第です。
来年の桜花期に頒布が予定されているようですが、どの種類が人気がありますかね。 やっぱし桜で染めたものが一番かな・・・。