サクラ散り若葉の風にツツジ咲く

ブログ商店街の👀4月の1枚のテーマは「晩春」になりました。何でも清明(4月5日)から立夏(5月6日)の前日までとのこと。

字面的には春の終わりの淋しいイメージですが、晩秋と違い、暖かな春風に誘われ若葉が一斉に萌え出し黄緑色の世界が出現し始めています。

またこの暖かな陽気でゴールデンウイークを待たずにツツジ類も咲き始め、道路を鮮やかに縁取りはじめました。

4月の1枚は石楠花
▼①→黄色の枠.jpg
晩春の初旬ですが、ひときは目立って咲いていたのがシャクナゲでした。そんなことで今月の1枚にシャクナゲをチョイスしてみました。

▼②→シャクナゲ.jpg
見上げる程のシャクナゲの大木が見事に咲き誇っていました。

▼③→IMG_5820.jpg
元来は高山性の植物で学生の頃は山でしかお目にかかれませんでした。最近では様々な品種が出回り低地の公園でも目を楽しませてくれます。


都会の若葉の世界
サクラが散り、華やかな世界が消え去ってしまいましたが、瑞々しい若葉が萌え出し淡い黄緑色の景色が出現ですよ。
全てが人の手により造られた都会の人工空間ですが、木々の若葉は生命の偉大さを感じさせてくれます。

▼⑨→南砂町 (2).jpg
             △駅前のクスの若葉

▼⑩→キャンプ.jpg
             △公園のケヤキ

▼⑪→アシ.jpg
             △池のアシ

▼⑫→赤い若葉.jpg
             △赤い若葉

▼⑬→御山.jpg
             △初夏の気分
そんな瑞々しい若葉も晩春の終わりには陽光をあびて青葉に変わり、いよいよ初夏の到来になります。


ツツジの世界
皐月のゴールデンウイークを待たずにツツジ類も咲き始め、道路を鮮やかに縁取りはじめました。

▼⑤→白 6 (2).jpg

▼④→白 6 (1).jpg
            △クルメツツジ

▼⑥→サツキツツジ.jpg
            △サツキツツジ
それにしても東京都や区役所は何でこんなに多くのツツジばかりを道路端に植えたのですかね。お役人は芸がないですよね。


▼⑦→ミツバツツジ.jpg
近所に生えているたった1本のミツバツツジです。

▼⑧→ミツバツツジni.jpg
品がありミーハーカメラマンの好きなツツジですよ。

大阪の新型コロナウイルスの感染者数が昨日は1099人と初めて千人を越えました。聖火リレーも無観客で締め切った万博記念公園で周回する方式で行ったとのこと。大変なことですよね。

若葉が青葉になる頃までにはワクチン接種が終わるといいですよね・・。無理ですかね・・。