オリンピックの4連休の葛西臨海公園

令和二年に限り、「海の日」を7月23日に、「スポーツの日」を7月24日に移動させ、本来ならオリンピック開催を国民総意で祝う予定でしたが、コロナ禍が見事に打ち砕きました。

一方で、コロナ禍の対策の一環としてGo To トラベルを目論んだところですが、急速な感染拡大により東京都及び都民は対称除外です。

そんな政府がお膳立てしたこの特別連休の中、普段なら多くの都民が押し寄せてきているところですが、夏の海辺の葛西臨海公園がどうなっているのか様子をみてきた次第です。

遊戯施設はフル回転
公園を管理する東京都公園協会のHPで「緊急事態措置により利用中止にとなっていた公園施設は全て再開した」(7月23日更新)とのこと。そんなことで連休2日目のスポーツの日に公園をぶら撮り散歩してきました。

▼①→スマホ観覧車 36.JPG
▼②→観覧車水系89.JPG
           △大観覧車
暫く休んでいた大観覧車ですが、6月23日から営業を再開していたようですね。

▼④→パークトレイン フル回転 2 (1).JPG
▼③→パークトレイン フル回転 2.JPG
パークトレインも2台がフル回転していました。


カフェも水族館も営業
▼⑤→レストラン 17.JPG
           △パークライフ・カフェ&レストラン

▼⑥→事前申し込みI 1.JPG
           △入り口の検問
葛西臨海水族園も6月23日再開園したようですが、当分間は人数が制限されており整理券の予約が必要とのこと。


お客は程ほど
海の日、スポーツの日と続くゴールデン連休でしたが、お客さんは心なしか少なめでした。

▼⑦→キャンプ 15.JPG
汐風の広場ではテントもチラホラ。普段の日曜日はもっと多くの人がテントを張っていますよ。

▼⑧→渚橋 14.JPG
           △渚橋
それでも渚のある葛西海浜公園に向かう人の群れがみられました。

▼⑩→海上保安庁 3.JPG
奥の葛西海浜公園の砂浜にもテントが見られます。水路をゆくのは海上保安庁の巡視&警戒船ですかね・・。


▼⑨→葛西沖 87.JPG
遠望の緑は若洲海浜公園&ゴルフ場。こちらの人出は如何ほどだったのですかね・・。


▼⑪→帰りの車 8.JPG
            △帰路の車
やはりコロナ禍の真っ只中なので、他人との接触が無いマイカーでの来園が安全ですよね。 


ソーシャルディスタンス
公園管理者も新型コロナウイルスの感染対策は抜かりなくですよ。

▼⑫→2m 3.JPG
離れて遊ぼう2m。

▼⑬→ぢスタンス 51.JPG
浜辺の休憩所のベンチも間隔を空けて座るように表示です。

そんなことで、葛西臨海公園の様子をみてきたところですが、特別ゴールデン連休にも関わらず、都民の皆さんの警戒感が大きいようで、人出は低調気味でした。 夏休みが始まった連休とは思えないほど、普段の賑わいには程遠い状況でした・・。



大テント村が出現≫【参考
テント村 l2.jpg
緊急事態宣言が発令される前の3月22日(日)に、テントを担いで葛西臨海公園に行ってきました。第一波の新型コロナウイルスの感染拡大の頃で、学校が臨時休校になり、小池知事の緊急記者会見で、「感染爆発の重大局面」だとして外出自粛の要請が出されていた頃です。この日は日曜日で、気の緩みもあってか、☛異常なほどの人出でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

konkon
2020年07月30日 13:31
静河さん、葛西臨海公園乙です。
ここは、完全な吹きっ晒しなんですから安全です。

今年は、海水浴場はオープンするのかな?
他所は、軒並み中止ですから、意外な穴場になるかもしれません。

マイテントを使って、おやじの夏休みを楽しんで下さい。
しづ
2020年08月04日 19:45
葛西臨海は潮風があり、完全な吹きっ晒しなので、安全感があります。
海水浴場は今年もオープンしているようですね。
沖合いにアカエイ防止?の柵がみえました。
都心に居ながら海の気分が味わえる,小池さん推奨の都民の海ですよ。
チョイ涼しくなったら、マイテントでおやじの夏休みを楽しんできます。