コロナで討ち死 「づぼらや」お前もか

先般はコロナ禍で上野の☛水月ホテル鴎外荘が閉館しました。

鴎外荘はチョイマイナーで知らない方も多いようですが、世間を驚かしたのは、大阪名物の「づぼらや」が幕を閉じるとの報道。

何でもこの新型コロナウイルスの影響で新世界本店と道頓堀店が9月に閉店することになったとのことです。

通天閣を背景にしたづぼらやの巨大フグの立体看板は全国的に知れ渡る大阪の観光スポットです。

そんなことで、過日新世界をブラ撮りしたことがありますので、ライブラリーから在りし日の「つぼらや」の映像をチョイスしてみました。

巨大フグ提灯
▼①→典型 80.JPG
「づぼらや」新世界本店の巨大フグの立体看板は大阪の顔であり、通天閣を背景にしたふぐ提灯は有名すぎる映像ですよ。

▼②→づぼらや 70.JPG
▼②→づぼらや 0.JPG
大正9年(1920)創業の大阪市の老舗ふぐ料理店。通天閣近くの新世界本店と大阪ミナミの道頓堀店の2店舗を運営しているとのこと。


おやじのワンダーランド
「づぼらや」の本店がある新世界界隈はおじさん達のワンダーランドですね。
ウロチョロするだけでもワクワクしますよ。

▼③→通天閣 5.JPG
             △新世界 通天閣本通

▼④→づボラ 54.JPG
▼⑤→横綱 37.JPG
ド派手な看板で自己主張する廉価なお店が軒を並べる大阪新世界。目移りがしておじさん達にはディズニーランドよりも面白い世界ですよ。

▼⑧→大蛸 59.JPG

▼⑥→大吉 34.JPG

▼⑨→呑み放題 24.JPG
☛丁度3年前の映像ですが、何故かこの日は異様にお客が少ない日でした。
今年のコロナ禍の春はこんな状態が連日だったのでは・・・。

▼⑪→大衆演劇 3.JPG
           △大衆演劇

▼⑫→床屋 おまけ 6.JPG
           △床屋

そんなことで大阪の3大看板の一つが消え去るようです。
アフターコロナの世界はどんな新世界が到来するのですかね・・。 



フグ提灯が存続か?≫【蛇足
何でもこのフグの巨大看板は、大阪市の屋外広告物の基準違反のようですが、
看板の存続を求める声が出ていることで「オブジェとして管理ができるのであれば、そのまま残すことも検討したい」(市長談)とのこと。
「づぼらや」敗れてフグ提灯ありですかね・・。 どうなんですかね・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

konkon
2020年06月26日 14:06
静河さん、新世界乙です。
不思議と大阪のコロナは落ち着いています。
大阪府民の団結力は凄いのかもしれません。

東京がもたもたしていて、大阪が東京の役割を担う世界が来るかもしれません。
静河
2020年06月27日 17:11
食い倒れの大阪で有名ですが
なかなかそうもいかないみたいですね。
厳しい競争の中で、フグ料理も廃れていくのですかね。