臨海副都心のチューリップフェスティバル

小池都知事提唱の「☛ステイホーム週間」がやっと明けました。

例年なら、どこかの☛鯉のぼりを求めてウロチョロしているのですが、コロナ禍のGWは外出自粛令で叶わぬことでした。

そんな中、チョイ野暮用で臨海副都心に出かけたところ、シンボルプロムナード公園でチューリップの残党と遭遇です。

毎年開催しているチューリップフェスティバルで、昔に何度か取材もしておりましたが、訪ねた時期が遅く、チューリップは咲き終えていました。

 ※☛色文字クリックで関連記事にアクセスします。

人影が消えた国際展示場駅
▼①→国際展示場駅 61.JPG

▼②→国際展示場駅 60.JPG
天下の国際展示場駅で、イベント開催時は芋の子を洗うような人混みになりますが、流石に緊急事態宣言が出ている最中なので、人影がありません。

▼③→国際展示場駅前広場  .JPG
           △人影が消えた駅前広場


駅前広場の「花」のオブジェ
▼⑤→花 09.JPG
駅前広場には巨大は「花」文字のオブジェが設置されていました。

▼④→IMG_4613.JPG
駅の周辺には有明テニスの森公園を始として、多くの☛オリンピックの競技施設があります。今般のオリンピック開催を当て込んで整備したのですかね・・。

▼⑥→広場 03.JPG

▼⑦→ブランコ椅子 16.JPG
広場の周りには小洒落た休憩施設やベンチが設置されていました。


チューリップフェスティバル
▼⑧→IMG_4627.JPG
毎年開催されているチューリップフェスティバル。臨海副都心のシンボルプロムナードがチューリップで埋め尽くされます。
観賞期間は3月中旬~4月中旬とのことなので、GWには花期は過ぎていました。

▼⑨→tyu- 05.JPG
            △最後のチューリップ

▼⑩→チューリップ②.JPG
唯一ピンクの中リップが最後の花を咲かせていました。遅咲きなのですかね。

▼⑪→チューリップ③.JPG


▼⑫→花終り 1.JPG
            △華期を終えた花

▼⑬→落花  1.JPG
           △朽ち落ちた花
残念ながら、大半の花は花期を終え、朽ちていました。

そんなことで、オリンピック開催に向け、駅前を綺麗に整備したようですが、新型コロナウイルス感染拡大で1年の延期になり、開催は来年の7月23日からとか。
ところが地球規模のコロナ禍で各国の収束が危ぶまれ、開催されるかどうか不透明になって来ております。
そんな中でも来年のチューリップフェスティバルは、形こそ違え、多分開催されると思いますので、時機を逸しないようリベンンジ取材したいと思います。

 ※☛昭和記念公園のチューリップフェスティバル【参考】



奇跡の黒マスク≫【追記
風薫る5月のはじめに例の☛アベノマスクが届いたところですが。時期を同じくしてゴールデンウイーク明けに、コンビニでマスクを発見です。
品不足でこの3ヶ月は、いつ覗いても無かったマスクが、奇跡的に最後の一袋をゲットすることが出来ました。緊急事態宣言の延長を見越し天が授けてくれたのですかね。
▼黒マスク.JPG
ユニチャームの5枚入りで、もちろんMADE IN CHINAですよ。
レアアース同様、中国の医療戦略の賜物ですかね・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

konkon
2020年05月11日 13:57
静河さん、チューリップ乙です。
寂しい臨海副都心です。花のオブジェもインスタ映えになるのに残念です。
オリンピック一年間の延長は、計り知れない影響を及ぼします。
臨海副都心博覧会に続いて中止にならないように願います。
静河
2020年05月12日 10:19
臨海副都心博覧会の中止は、鈴木知事が「サリンをまかれた」と発言し、物議をかましました。オリンピックが中止になると、安倍さんが「コロナにやられた」ですかね・・・。?