緊急事態前夜の葛西臨海&海浜公園

やっと新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言が出されました。

各都府県の知事が速やかに不要不急の外出自粛要請の措置をとる見込みと新聞にありました。

ボケ防止の体調管理でのぶら撮り散歩は、いよいよ反社会的行為になってきました。

そんな中、緊急事態宣言が出される少し前に、脳ボケの体調管理で、人に接しないルートを辿り、葛西臨海公園から葛西海浜公園の様子を観てきた次第です。

静まりかる葛西臨海公園
▼①→大観覧車.JPG
            △休止中の大観覧車

▼②→パーク徒レイン 2.JPG
            △休止中のパークトレイン

▼③→ベンチ63.JPG
             △人影の無いベンチ
春分の日の連休最終日には☛あれほどいた公園利用者も、この日は平日のこともあり、チラホラしか見かけませんでした。

▼④→池 64.JPG
             △芝生広場

▼⑤→芝生65.JPG
             △汐風の広場
テントが林立していた芝生の広場も緊急事態宣言を察知してか閑散としていました。


静かに咲く満開の桜花
▼⑥→桜道 9.JPG
静謐な公園の中、満開の桜がコロナの春の最後の賑わいをみせてくれていました。

▼⑦→桜2人 2.JPG
            △二人占め


誰も居ない葛西海浜公園
お籠もり生活の体調管理で、葛西海浜公園で潮風に吹かれてきました。

▼⑧→ゲートブリッジ遠望 .JPG
            △ゲートブリッジ遠望

▼⑨→ディズニー .JPG
            △休園中のディズニーランド

▼⑩→浜_0666.JPG
            △西なぎさ
いつもは子供さんで一杯の浜辺ですが、この日はお客さんも僅か。二週間前のお彼岸の連休のあの賑わいは幻だったのですかね・・。

▼⑪→西渚 .JPG

水ぬるむぬるむゴールデンウイークは、大潮の潮干狩りなどで浜辺は人であふれかえります。今年の初夏は「今はもう誰もいない海・・」になってしまいそうですね・・。


ちょうど10年前の東日本大震災の翌日に葛西臨海&海浜公園を訪れたことがあります。この時は本当に誰も居ない公園で、ウメだけが静かに咲いていました。
二度あることは三度あるで、新型コロナ対策はもとより、大地震等の自然災害の備えも抜かりなくですね。




緊急事態宣言≫【追記
▼→新聞 64.JPG
宣言の骨子に「国民の行動を変え、人と人との接触機会の7~8割削減をめざす」とありました。いよいよお籠もり生活がスタートですよ。

※ブログ商店街の(遊)紺野商店は☛外界と接触を断って10日目とか。テレワークで何とか精神の安定を保っているようですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

konkon
2020年04月08日 16:08
静河さん、とうとう出てしまいました。
十年位ごとに大災害が襲ってきます。
おじさん達の知恵で乗り越えて行きましょう。
ひざを痛めて2か月ほど引き籠った時、心の健康が大いに乱れました。
散歩に出るのが大切です。ここは手洗い散歩です。
静河
2020年04月11日 00:29
近年は自然災害が多くなりました。特に大災害級です。
地球規模では温暖化が喫緊の課題ですが
まさかウイルス災害が起るとはAIでも予想できなかったのでは・・??

やっぱし太陽光を浴びて歩くのが基本です。
心の健康は外気にあたることです。