小さな新潟の「へぎそば」で一献

昔は上野の越後屋や新宿の越佐庵などで仕事仲間とへぎそば談議をやっておりましたが、完全リタイアしてからはトンと御無沙汰になりました。

そんな中、懐かしいへぎそばの居酒屋を見つけたので立ち寄って久々に一献いただいてきた次第です。

※☛色文字クリックで関連記事にアクセスします。

小さな新潟
▼①→スギ玉 0.JPG
入り口脇のスギ玉がお客を誘い込みます。その奥にはずらりと新潟の銘酒が勢ぞろい。何でも東京の小さな新潟を標榜する店のようで、新潟の地酒と美味しい料理に「へぎそば」の店とか。

▼②→炭火 7.JPG
入店すると炭火がお迎えです。この日はチョイ寒かったので暖かいもてなしとなりました。

チョイと一献の食前酒
▼③→緑川 一合 48.JPG
目的は「へぎそば」なので、お酒は控えめに「緑川」の一合です。

▼④→春の香り 1.JPG
フキノトウの天ぷらに菜の花の辛し和え。チョッピリ苦味のある天ぷらは春の味です。菜の花はチョイ辛子風味でしたが、春を告げる食材ですね。まさに ☛今月の1枚のテーマの「春浅し」ですよ。

▼⑤→お魚 1.JPG
魚は新潟産のハタハタの醤油漬け焼きに、王道のしめ鯖です。

▼⑦→二号まで 67.JPG
天井の提灯曰く 「酒も女もニゴウまで」だそうです。

▼⑥→ワンコイン 60.JPG
本日のワンコインは「紫雲」とのことで、もう一合いただきたいところですが、チョイ我慢でした。


新潟名産の「へぎぞば」
▼⑧→へ儀蕎麦 271.JPG
この日の眼目の「へぎそば」です。 新潟が誇る「ふ海苔をつなぎに用いた蕎麦」とのこと。つるっとした喉ごしが爽やかで、量も満足でした。 2年ぶりですかね・・。

そんなことで軽く一献いただき、美味しい「へぎそば」で小さな新潟気分を味わってきた次第です。



清龍が新装開店≫【蛇足】 photo by konkon
ブログ商店街の紺野商店から ☛清龍南池袋店が新装開店したとのことで写真が届きました。

龍.jpg
何でも開店3日間は大盤振る舞いで100円セールをやったようですね。

seiryuu l2.jpg
いつもの ☛190円の清龍の升酒が何と何と100円ですよ。 緑川の御代なら7杯も飲めます。
千ベロ店がおじさん達の命ですが、この期間はワンコインベロですね。

清龍は埼玉県蓮田市の清龍酒造が造るお酒で、新潟ほどの知名度はありませんが、蔵元直送でお安く美味しく呑めます。