光が丘美術館で、たった1日の絵画展

暖かな初春の一日、高校時代の同級生で、☛TAMAスケッチ同好会で活躍している久世樹君が、光が丘美術館で絵画展&ファミリーコンサートを開催しました。

折角の機会とのことで ☛当時のクラスの仲間にも声がかかり、ギャラリー静河も友情出品すると共に、その様子を取材してきた次第です。

 ※ ☛色文字クリックで関連記事にアクセスします。

光が丘美術館
▼①→IMG_0775.JPG
大江戸線の光が丘駅近くにある私営の美術館で、オーナーのご好意で1日だけ貸切にしていただいたとか。 アマチア集団のためとはいえ、ありがたいことですね。

▼②→たそがれアート展.JPG
第一部がアート展で、第二部がファミリーコンサートです。
彼の高校、大学時代の仲間やかつての職場の方々、TAMAスケッチ同好会のメンバーなど、多くの来場者がみえていました。

アート展
▼③→絵画の展示会①.JPG
          △展示の準備
1階小ギャラリーの常設展示場を1日だけ明け渡してくれました。友情出展者4名も入れて早朝より絵画の展示作業です。

▼④→絵画の展示会② .JPG

▼⑤→DSC06178.JPG
          △久世樹君の作品
TAMAスケッチ同好会の作品展などに出品した歴代の絵画がずらりと30点です。圧巻でしたよ。

▼⑥→坂口氏作品 .JPG
         △S君の作品
S君もリタイア後に絵画を始めており、絵画教室の講師も驚くほどの上達ぶりとか。

▼⑦→松本画伯作品 .JPG
            △松本画伯の作品
一線美術会の松本画伯も☛一線展に出品している仏画を展示してくれました。

▼⑧→桐山氏作品 .JPG
         △K君の作品
水墨画(墨絵)をやっている仲間がいたとは驚きですね。何とフランスで開催した個展で売れたとか・・。

▼⑨→静河氏カレンダー.JPG
         △静河カメラマンの作品
一人異質のギャラリー静河はカレンダー写真で末席を汚させていただきました。
たまたま同時期に、☛夫婦で二人展を開催しており、こちらの会場にも写楽人カレンダーを飾った次第です。


ファミリーコンサート
来賓の皆様にはまずアート展を観ていただき、2時からいよいよこの日のメインイベントの久世樹君一家のファミリーコンサートですよ。

▼⑩→ファミリーコンサート① .JPG
          △コンサート会場
2階の大ギャラリーは日本画の大家の個展が開催中で、中央部にはピアノが設えてあり音楽会などが開催できるようになっています。

▼⑪→◆夫婦 .jpg
         △フルート演奏
リタイアしてからフルートや横笛を習い始めたとかで、その成果を披露です。まあまあの出来ですかね。

▼⑫→◆奥さん .jpg
         △ピアノ演奏
奥さんは子供の頃からピアノを習っており、その腕前は衰えておらずプロ級の演奏でした。

▼⑬→◆親子三代  1.jpg
         △親子三代
娘さんも音楽の道に進んでいるようで、お嬢さんと一緒に参加でした。なかなかのものでしたよ。

▼⑭→◆客員テノール .jpg
            △平岡基氏
プロの声楽家も友情出演です。藤原歌劇団の団員のようで?、中尾建設工業(株)の専属歌手、歌社員とか・・。

まさに絵に描いたような聖家族の見事なコンサートでした。


ミニクラス会
▼⑮→mini 懇談 175.JPG
コンサート終了後は、また1階の小ギャラリーに戻り茶話会で高校時代の仲間と久々に懇談でした。
ミニクラス会は昨年に久世樹君が☛日本橋でグループ展を開催した際以来ですよ。

▼⑯→松本画伯&坂口さん .JPG
                          △松本画伯
一線美術会の会員で、仏教をモチーフに創作活動中です。今年の出品作品も着々と進行中とか。

▼⑰→ポン太 6313.JPG
          △ポン太氏
遠く浅間山麓からポン太氏が駆けつけてくれました。友遠方より来るで、ありがたいことです。
 ※ポン太氏もブログをやっており、「☛浅間山麓のブラタヌキ」は右のサイドスペースのマイリンク集からもアクセスできます。

それにしても同じクラスに3人も4人もアート作家が誕生したとは驚きですよね。 還暦の手習いは素晴らしいことで、高齢化社会はこうありたいですよね。

そんなことで、たった1日のアート展&コンサートでしたが、多くのお客さんをお迎えでき、久々に昔の仲間に再会もできで、成功裏に終了した次第です。

久世樹君からは 『絵をかく笛吹きじいさん』 として末永くお付き合いのほど、とのことでした。




世界に12台のピアノ≫【参考
世界の三大ピアノはスタインウエイ&サンズ、ベーゼンドルファー、ベヒシュタインと言われているそうです。
▼→ピアノ .JPG
今回のコンサートで使用したピアノはベーゼンドルファーのもので、しかもオーストリア1000年祭を機にベーゼンドルファーが特別な企画を打ち出し製作されたものとか。限定品12台のうち1台を光が丘美術館が所有ですよ。