お台場海浜公園への一番乗りはラーメン「ゆき」

先般、オリンピックのトライアスロンの会場になるお台場海浜公園で、海域に設置された ☛五輪の巨大オブジェを見聞してきたところです。

幾星霜で、あの貯木場がオリンピックの競技会場になるとは、感慨深いものがありありました。

ふと遠い昔の公園が出来た頃のラーメン屋のことを思い出し、帰りにラーメン「ゆき」の新しい店を訪ね、懐かしいラーメンをいただいてきた次第です。

若い頃、まだ整備途上のお台場をブラ撮りして歩きまわり、何も無い吹き曝しの埋立地にぽつんと一軒、食べ物を提供してくれたのがこのお店でした。

お食事処「ゆき」
▼①→お食事処「ゆき」 .JPG
お台場海浜公園駅前のスーパーマルエツの前にそのお店はありました。このお店は初めての訪問で、最後に「ゆき」を訪ねたのは、マリンハウスに居た頃ですよ。

▼②→IMG_1045.JPG

▼③→記録写真  1.JPG
結構広いお店で、壁のあちこちには懐かしい昔のお台場海浜公園の写真が掲載してありました。

▼④→IMG_1029.JPG
数十年ぶりのラーメンです。昔もこんな感じだったのですかね・・。

▼⑤→貴重な資料 13.JPG
昔の写真があるというので見せていただきました。 小冊子の「お台場の風景・いまむかし」(台場地域15周年記念事業)など。人気店だったので流石ですよね。

▼⑥→きーピン具ファイル  1.JPG
こちらは当時の資料のファイルで、昔の写真や新聞記事、雑誌のコーピーなど、懐かしいお台場の歴史資料ですよ。


ラーメン「ゆき」の歴史
「ゆき」の写真帳から、店の歴史をひもといてみました。

▼→13号地 01.JPG
東京港の13号地にあった貯木場の水域及び隣接陸域を活用してお台場海浜公園が整備されてきたようです。 ※赤丸が当初のお店の位置です。

▼⑦→屋台 018.JPG
最初は13号地埋立地の片隅で小さな屋台からスタートしたようですね。

▼▼⑧→ゆき 22.JPG
          △昭和60年(1985年)
海上公園で整備した休憩施設?に移り、営業を継続していたようです。それにしてもどうしてこんな和風建築なのですかね・・。

▼⑨→IMG_1037.JPG
          △平成2年(1990年)
東京港の海上公園に出現した人工海浜です。建設中のレインボーブリッジの主塔が遠望できます。

▼⑩→額 IMG_1034.JPG
こんな時代もあったのですね。まさにお台場ビーチですよ。 瞬く間に都心のウインドサーフィンのメッカになっていきました。

▼⑪→MG_1036.JPG
          △平成7年(1995年)
背後で住宅団地の建設が始まってきたようですね。

▼⑫→二階 33.JPG
開発の波に追われ、次の移転先は公園中央部に新たに建設されたマリンハウスの二階でした。あの和風のお店は公園の再整備で撤去されてしまったようです・・。


開園当初のお台場海浜公園≫ Photo by 静河
ギャラリー静河のアーカイブを捜したら昭和58年(1983年)の「ゆき」写真が見つかったので、お台場海浜公園の開園当時の気分を回顧してみました。

▼⑬→ラーメンゆき全景.JPG
お台場海浜公園の角地で営業するラーメン「ゆき」です。ポツンと一軒家が懐かしいですね・・。

▼⑭→ラーメンゆき部分① .JPG
▼⑮→ラーメンゆき部分② .JPG


▼⑯→氷画像.JPG
▼⑰→サーフィン画像.JPG
        △ウインドサーフィンのメッカ
東京港という都心間近の海域で、旧防波堤などに囲まれているため安全に帆走が楽しめたようです。
お台場の開発が進み周りにビルが立ち始めると風が弱くなり人気が廃れていったようですね。

▼潮干狩りン画像.JPG
           △潮干狩り
岩がごろごろしている砂浜で潮干狩りです。まだデックス東京ビーチやフジTVの社屋は進出していなく、緑の森が広がっているだけでした。

30代前半の頃の写真で、趣味の写真撮影や子供をつれてのハゼつりや潮干狩りなどでお台場海浜公園辺りをぶらついており、ラーメンやら釣り餌のゴカイやらと、当時の「ゆき」にはお世話になった次第ですよ・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

konkon
2020年02月17日 14:10
静河さん、お台場アーカイブ乙です。
貯木場の流失防止のコンクリート柱柵があった時は、ゆきは出来ていなかったですよね。測量をしていると、水着姿のおねーさんのおしりが見えていました。
砂を入れてから、様変わりです。都市型アーバンリゾートになってしまいました。お台場の風景が東京の一部になるのはよいことです。
ギャラリー静河
2020年02月21日 22:20
「ゆき」を訪ねて、遠い昔の若い頃の時代を偲んできました。
女将さんに聞けば、面白い昔の話が沢山出てきそうですよ!!

それにしても昔の浜辺は石がごろごろしていたのですね。
歴代の担当者の努力で、オリンピックの競技会場になれるまでにお台場ビーチを創りあげあたことに感謝ですよ。