「春浅し」で雪中四花

2月のブログ商店街の ☛今月の1枚のテーマは「春浅し」になりましたので、寒さに耐えて咲く雪のロウバイを掲げることにした次第です。

このロウバイは、開花期以外はあまり目立ちませんが、『新春に香り高い花を咲かせる貴重な存在で、中国ではスイセン、ウメ、ツバキとともに、「雪中の四花」として尊ばれています』 とのこと。

そんなことで、寒い冬に雪の中でもめげずに咲く4種類の花を、静河ライブラリーからチョイスして、「春浅し」の気分で掲載してみました。

2月の今月の一枚

▼ロウバイ 横ナが .jpg
          △「春浅し」・代々木公園
春まだ浅きで、雪の中で咲くソシンロウバイです。黄色い花が印象的で一足早い春を感じさせてくれます。


ロウバイ(蝋梅)
▼①→御苑のロウバイ (1).JPG
          △新宿御苑
ロウバイは、ロウ細工のような黄色い花を咲かせる、中国原産の落葉低木です。中心部の花弁が暗紫色なのが特徴。
江戸時代初期に日本へ渡来し、ほかの花木に先駆けて咲く香りのよい花が愛され、生け花や茶花、庭木として利用されてきたとのことです。

▼②→そしん代々木38 (2).JPG
         △代々木公園
ソシンロウバイ(素心蝋梅)で、ロウバイに対して花弁が黄色のため、全体が黄色のやや大輪の花を咲かせます。開花期以外はあまり目立ちません。

▼③→東照宮 (1).JPG
          △上野東照宮
五重塔を背景にしたソシンロウバイ。

▼④→東照宮.JPG
          △上野東照宮
雪をかぶったソシンロウバイ。雪が入ると「春浅し」の感がありますよね。

▼④→ロウバイ種 .JPG
          △ロウバイの実
晩秋になると、焦げ茶色の実を着け、中に小さな種が入っています。

スイセン(水仙)
▼⑤→葛西.JPG
          △葛西臨海公園
区内最大のスイセン群生地です。先般の☛水仙まつりで撮影です。

▼⑤→清澄.JPG
          △清澄庭園
群生するスイセンも見事ですが、庭園の片隅に春を告げる様に咲くスイセンも味わいがあります。

ウメ(梅)
▼⑥→御苑 (1).JPG
          △新宿御苑

▼⑥→IMG_1404.JPG
          △上野五條天神

ツバキ(椿)
▼⑧→京のツバキ (1).JPG
          △京都・大原

▼⑨→京のツバキ (3).JPG
         △京都・大原

▼⑩→京の白ツバキ (3).JPG
          △京都・宇治

「雪中四花」とのことで、冬の寒さに耐えて雪の中で咲く4種の花を掲載してみたところです。
しかし今年は暖冬傾向で雪知らずの寒さ知らず。
寒さめげずに咲く間もなく春はすぐにやってきそうですね。



春爛漫≫【追記
▼→河津桜 1.JPG
          △河津桜

▼→河津桜 2.JPG
          △上野五條天神
今日は南風が吹き込み4月の陽気でした。春の息吹や春浅しは吹き飛んでしまいましたよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

konkon
2020年02月13日 14:16
静河さん、雪中四花乙です。
日本は本当に素晴らしいです。
冬明けに、しっとりとした花を身近に見られます。
落ち着いて、花を愛でる習慣を持たなくてはいけません。
静河
2020年02月14日 20:40
東京は人口が多いのですが、公園や庭園も結構な数があります。
春は花の季節なので、雪中四花のほかにも沢山の花が咲き誇ります。
ゆったりと花を愛でてください。