友遠方より来たるで、御徒町の「清龍」で師走の宴

俳人の耕太氏が遥々遠方から上京してきたので、御徒町の蔵元居酒屋「清龍」で久々の一献でした。

俳人も清龍をこよなく愛する御大で、飲むほどに酔うほどにで、楽しいひと時を過ごしてきた次第です。

『鍋の湯気立てて二人のあたたかさ』  耕太


清龍・上野店
▼①→IMG_7838.JPG
JR御徒町駅南口広場に鎮座するパンダ。クリスマス商戦に入り何か趣向があるかな?と寄ってみましたが、薄汚れたままでした。

▼②→ぼけ .jpg
このパンダから徒歩1分のところに蔵元居酒屋「清龍」はありました。いつも☛清龍南池袋店の大殿堂をみなれた目にはチョイこじんまりした店でしたが、流石に天下の御徒町駅前、まだ16:30なのに店はほぼ満席状態です。


師走の宴席
▼③→オススメ 43.JPG
入店前の習慣で、いつものようにおすすめメニューを吟味。

▼④→ビール  1.JPG
隅のテーブル席を確保してもらい、無事年の瀬を迎えられたことに感謝して乾杯です。   引き続き、本日のサービス品のハイボール(¥190-)をいただきました。

▼⑤→お野菜  1.JPG
つまみは、おじさんには不可欠な野菜でサラダと、耕太氏の好物の漬物です。

▼⑥→アジ  1.JPG
お魚料理はおすすめのアジの姿造りに、ニシンの焼き物です。


冬鍋に日本酒
外は小雨模様の肌寒い陽気。ブログ商店街の12月の今月の1枚のテーマは冬料理なので、仕上げは冬鍋に日本酒三昧としました。

▼⑧→牡蛎 860.JPG
         △かき鍋

▼⑨→鍋 IMG_7861.JPG
         △よせ鍋

▼⑦→清流 68.JPG
鍋には日本酒がお似合いで、蔵元居酒屋の升酒「清龍」(¥190)です。

先般の☛福嶋組のイノシシ鍋に加賀鳶にはチョイ負けますが、それでも師走のひと時を升酒に冬鍋で体を温め、親交を深めた次第です。


しぼりたて生酒
▼⑩→生酒 .JPG
お土産に地元の日本酒「福祝」のしぼりたて生酒・ふな口直詰をいただきました。
遠いところありがたいことです。



令和元年も残りわずか≫【蛇足
令和元年の師走も残り20日を切りました。クリスマス商戦の只中、正月の準備も始まりつつありますよ。

▼→クリスマス 98.JPG

▼⑪→パンダツリー 88.JPG
         △高島屋のパンダツリー

▼⑬→天ぷら 839.JPG
         △てんやの年越し天ぷら
御徒町の天丼てんやでは、年越し天ぷらの予約が始まっていました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

konkon
2019年12月13日 13:50
静河さん、御徒町清龍乙です。
暮れも押し詰まってきました。今日あたりから忘年会の気分です。
宴はほどほどに、お酒よりも料理とお話に盛り上がって下さい。
ギャラリー静河
2019年12月13日 23:02
宴席も程ほどにしなければいけませんね。
お酒もつまみも、美味しく一献できる程度ですよね。