緑のカーテンから恵みのゴーヤ

写友の荻さんは、お盆休みに早々と庭のゴーヤを撤去したとのことで写真が届いております。

しかし、まだまだ残暑は続くようなので、我が家のベランダ菜園のゴーヤはしばらく存置し、緑のカーテンに機能を果たしてもらうことにしました。

そんなことで、今年の猛暑・酷暑に耐えて直射日光を遮断して貴重な日陰をつくり、しかも沢山の実を提供してくれたゴーヤに感謝し、ゴーヤ栽培の顛末録です。

ゴーヤ2種を植え付け
ゴールデンウイークに、いつものホームセンターでゴーヤを2鉢をゲットです。

▼①→苗 定 1.JPG
 一つはいつものマイルドな苦さの「ほろにがくん」です(写真左)。
気が多いので、もう一つは別の品種で「アバシゴーヤ」です。何でも沖縄産のニガウリで、比較的苦味の少ない種とか。
「アバシ」は沖縄の方言で魚の「ハリセンボン」のことだそうです。

▼②→生育 _2721.JPG

▼③→IMG_9085.JPG
 順調に育っていき、ネットで誘引すると見事な緑のカーテンを形成してくれました。


多数の結実
▼④→IMG_6436.JPG

▼⑤→実  1.JPG
 チョイ小ぶりな実ですが、少人数所帯にはちょうど良い大きさですよ。


ふち子と収穫祭
▼⑥→収穫 定 1.JPG

▼⑦→収穫4 1.JPG
 プランター栽培の貴重な夏野菜なので、収穫はお祭り気分で、いつもふち子たちと記録写真です。


ゴーヤチャンプル
おやじの料理教室で鍛えた腕でゴーヤチャンプルに挑戦ですよ。

▼⑧→料理 1.JPG

▼⑨→料理 2.JPG
 我ながら美味しくできました。

そんなことで、ベランダの厳しい生育環境ですが、また来年もゴーヤ君に活躍してもらいますかね・・。




荻さん家のゴーヤ≫【参考
『こんにちは。お盆明けの出社つらいです。休み中に庭の生い茂ったゴーヤなどを刈取りスッキリしました。』 (荻)

▼⑩→荻さん ごーや 1.JPG
        △刈取り前後
我が家とは異なり、庭での露地栽培なので☛結構な量が取れたのでは・・。