お盆は谷根千で諏方神社の盆踊り

今年のお盆は今日13日から明後日の15日までとか。

お盆休みを取る会社も多く、16日に有給休暇をとれば10日(土)から18日(日)まで何と令和2回目のロング連休になります。

ブログ商店街の(遊)紺野商店も早々と10日より店をクローズし、さっさとお盆休暇に突入です。

お盆には先祖の霊を祀る一連の行事が行われます。その中でもクライマックスが盆踊りです。お盆に帰ってきていたご先祖の霊を送り出し、祖先や死者を供養するために踊るとか・・。

そんなことで、ギャラリー静河のアーカイブスから日暮里の諏方神社の盆踊り風景をチョイスしてみました。

 ※ ☛:色字クリックで関連記事にアクセスします。

諏方神社の盆踊り
諏方神社はJR西日暮里駅の脇にある神社で、昔、池の端の事務所に勤めていた頃は、ブラ撮り散歩でよく訪れていました。
この盆踊りの写真もおよそ10年ほど前に撮影したものです。 

▼①→IMG_9734.JPG

最近は公園や広場での盆踊りが多くなりましたが、やはり社寺仏閣での踊りのほうが趣がありますよね。

櫓太鼓
▼②→IMG_9857.JPG
        △盆踊りの櫓
盆踊りの中核を成すのが櫓太鼓です。ここの櫓も結構大きなもので、二階部でも大勢が踊れます。

▼③→櫓の上と下 1.JPG
        △二連太鼓
太鼓は三階の最上階と一階との二連演奏でした。一階は見習いみたいで、次々と打ち手が交代していきます。

踊り手
▼④→IMG_9757.JPG
        △愛好の志
盆踊り愛好のグループが参加している様で、同じ浴衣を着たグループが何組も踊っていました。

▼⑤→名称未設定 1.JPG

▼⑥→IMG_9767.JPG
        △バック団扇

夏休みの子供さん
▼⑦→IMG_9863.JPG
        △女性が主役
昔は子供達が夜の町に出られるのは、夏祭りに盆踊りくらい。華やかな盆踊りは女の子が主役で、夏休みの良い思い出になりますよね。

▼⑧→盆踊り 48.JPG
        △今月の1枚
ブログ商店街の今月の1枚の8月のテーマは「夏休み」。 ギャラリー静河では、映像がチョイ古くなりますが、夏休みの盆踊りの記憶です。

▼⑨→IMG_9876.JPG
        △孫とのひと時

日暮の里
▼⑩→IMG_9936.JPG
        △帰り道
神社のある高台を下っていくと西日暮里の駅です。上野台から諏訪台に続くの台地の法尻に沿って山手線が敷設されたようですね。
かっては眼下に農村が広がっていおり、諏訪神社の高台は風光明媚な展望の場所で、日暮の里(ヒグラシノサト)と呼ばれたとか・・。




猛暑に酷暑にセミ時雨≫【蛇足
やっとこさ梅雨が明けたと思ったら連日の猛暑で一向に止む気配がありません。クーラーガンガンの引きこもり生活を余儀なくさせられています。
せっかく当たった区民農園も御無沙汰で、どうなっているやらです・・・。

■→雲雲 553KB  .jpg
        △盛夏到来

▼→猛暑 IMG_9042.JPG
 花屋も西日を受けて、緊急避難の簾です。

▼→IMG_9036.JPG
 午後の2時です。人影が消えた児童公園。

▼→せみ 名称未設定 1.JPG
 セミには待ちに待った太陽。 猛暑~酷暑の中のセミ時雨。