梅雨の東北旅行⑥ 八戸の居酒屋 「きたのや」

長かった梅雨もやっと明けましたが、先月は、恒例の大人の休日倶楽部のパスが発売されたので、☛梅雨の合間の東北旅に行ってきました。 

3日目は ☛小岩井農場を見聞した後は一路八幡平山頂へ。ところが残念なことに山頂は濃霧に包まれ何も見えず終いでした。 帰路は秘湯の温泉につかり、盛岡駅へ無事帰還でした。

盛岡からは、新幹線で八戸に向かい、この日は八戸駅前に宿を取った次第です。

八戸の著名な飲み屋横丁街は本八戸駅から徒歩15分位とか。列車で2駅ですが、そこまで向かう元気はなく、夜は八戸駅近傍の居酒屋で軽く一献でした。

霧の八幡平
▼①→八幡平 1.JPG
        △展望デッキ

▼②→雪渓  1.JPG
          △駐車場&雪渓

昔来たときも雨に降られ、晴天の八幡平とは縁がありません。
山頂近くには雪渓が残っていました。あいにくの天気で観光客も登山客もまばらで静かな山頂付近でした。

▼③→地熱発電  1.JPG
         △地熱発電所

▼④→藤八温泉 1.JPG
        △秘湯・藤七温泉
活火山のようで、あちこちから湯気があがり、国立公園ですが地熱発電や秘湯などが散見されました。


盛岡から八戸までは新幹線で30分弱。あっと言う間に到着です。
居酒屋・きたのや
▼⑤→きたのや 586.JPG

新幹線の駅前は、寂しいものです。赤提灯は数えるほどです。駅からチョイ行ったところの「きたのや」です。

▼⑥→メニュー 0587.JPG

おすすめ看板には地元の海産物の八戸産、青森県産の文字が並びます。今期はイカの不良で「八戸産イカの入荷がない為、提供を中止しております」との断り書きが・・。

▼⑦→DSC00591.JPG
       △お店の様子
間仕切りのテーブル席が3,4席にカウンター席です。御夫婦で経営しているようでした。店の外も内も東京のような喧騒とは無縁でしたよ。

▼⑧→IMG_5973.JPG

カウンターには青森の地酒がずらりと並んでいました。

▼⑨→男山+八仙+如空.JPG
          △男山+八仙+如空
青森の地酒呑みくらべセットがあったのでこれを注文。10種類の地酒から好きなものを3種選べます。

▼⑩→サバ 名称未設定 1.JPG
           △〆さば+焼きさば
地元八戸名産のサバをいただいてきました。いつも食べているサバですが、八戸で食べると格別な気分がします・・。

▼⑪→名称未設定 1.JPG

八戸産のタコのぶつ切りに青森県産のサメのなますです。サメは切り身で売っているようですね。東京では食べたことがない珍味でした。

明朝は始発で館鼻岸壁朝市の見聞予定なので、軽く一献でした。
そんなことで北国の居酒屋で青森旅気分を味わってきた次第です。



八戸の山車まつり≫【参考
▼→八戸 まつり 60.JPG
駅前のユートリーには今般ユネスコの無形文化遺産に登録された八戸三社大祭りの山車が展示されていました。