おやじの料理教室はスペイン料理のパエリア

6月末の☛ 梅雨の合間の東北旅行から帰ってきたら、早々におやじの料理教室が開催されたので参加して取材してきました。

前回もスペイン旅行から帰ってきたばかりの料理教室で、何とメインメニューが「☛スペイン風オムレツ」でした。

今回も何故かスペイン料理で、スペインを代表する料理の「パエリア」をつくった次第です。

食材の取り分け
▼②→食材  (1).JPG
△3人分の食材
この日は朝から土砂降りで、豪雨のなか当番のおじさん達はスーパーに買出しに出かけました。
戻ったらすぐに食材の取り分け作業で、とりわけ名人のおじさんが名人芸を見せてくれました。

▼①→とりわけ名人9.JPG
△とりわけ名人
5分の3個など、難しい配分のいとも簡単にこなしますよ。

講師のデモンストレーション
▼③→講師.JPG

▼④→講師 (1).JPG
 料理に入る前に講師がひととおり料理の作り方を披露してくれます。おじさん達は実演を見てこれを真似ていきます。


料理①:パエリア
▼⑤→パエリア 定 1.JPG
《手順》→大き目のフライパンで、みじん切りのニンニク、玉ねぎを順次炒めていく。一口大の鶏肉と事前に洗いざるにあげておいた米を加えて炒める。
米が透きとったら、水、サフラン、固形コンソメ、塩を混ぜた液を加え、一度強火で沸騰させる。
あさり、海老、パプリカの具材を載せ蓋をして弱火で15分。火を止めて10分蒸らす。赤子泣いても蓋取るなとのことです。

▼⑥→に パエリア.JPG
具が溢れるほどの豪華なパエリアの完成ですよ。

料理②:モロヘイヤのスープ
▼⑦→もろ 名称未設定 1.JPG
《手順》→モロヘイヤの葉をつまみ熱湯で湯通し、水気を絞り細かく刻む。ベーコンの千切りとモロヘイヤを炒め、固形ブイヨンを加え煮立ったら、牛乳、塩、コショウを加える。

▼⑧→諸へイア 1.JPG
ヌルヌルのモロヘイヤは栄養たっぷりのネバネバ長寿料理ですよ。

料理③:桜桃ムース
▼⑨→ムース 名称未設定 1.JPG
《手順》→桜桃と汁を鍋に入れ温め、砂糖と事前に粉ゼラチンと湯を混ぜておいた液を入れ煮溶かす。ヨーグルトと生クリームを加えで混ぜ合わせ、粗熱をとったら、型に入れ冷蔵庫で冷し固める。

▼⑩桜桃ムース.JPG
冷蔵時間がチョイ短く、完全に固化できませんでした。


頑張るおじさん達
▼⑪→指導 (1).JPG
講師が各調理台を回り、個別指導です。

▼⑫→指導.JPG
タマネギのみじん切りの指導です。


今日の作品
▼⑬→おやじの料理教室・パエリア.JPG
美味しいスペイン料理のパエリアができました。

食後のミニ講話は、ソーメンなどの軽い料理や冷たいものが食べたくなる夏の食材と体調管理についてでした。




再現料理≫【蛇足
いつもは帰宅したら早々に復習で再現実験を行うのですが、今回はスペイン旅行から帰ってきてから作った炊飯器「パエリア」です。

▼再現 名称未設定 1.JPG

市販のパエリアの素と冷凍のシーフードを炊飯器に入れて炊き込むだけです。

▼茶碗パエリア MG_5249.JPG

いとも簡単にそれらしい美味しいパエリアができました。御釜で炊いたので和式でお茶碗でいただきました。