大哺乳類展2で動物の剥製200種が大行進

新聞屋さんに招待券をいただいたので、久々に上野の国立科学博物館に出かけ、「大哺乳類展2」を見聞してきました。

今回のテーマは「哺乳類の生き残り作戦」です。

何が驚いたかというと、その剥製標本の数量です。チラシにも「剥製や骨格標本500点以上の圧倒的なボリューム」とありました。

動物園の紳士淑女が一堂に会した感があり、剥製動物園を観て来た気分でした。

大哺乳類展2
画像
               △上野公園内の案内板
何でも9年前に「大哺乳類展」を開催しており、その第二弾で、当時の哺乳類たちが上野に里帰りとのこと。


哺乳類とは
画像

プロローグは「哺乳類とは??」でスタート。
『哺乳類は、魚類、両生類、爬虫類の祖先を経て2.2億年より前に陸上にあらわれた脊椎動物だ。現在この地球上に5.400種以上が生息している。
体温を一定に保つ「恒温性」、「胎生」と「哺乳」による子育て、目や耳などの発達した感覚器、そして躍動的な移動運動(ロコモーション)。こうした体の構造や能力が哺乳類を特徴づける』 とのこと。


前置きはさておいて、今回のテーマは「みんなの生き残り作戦」で、「哺乳類はどうやって生き残ってきたのか?その作戦に迫る!」とのことです。
そんなことで、誘導案内に従って500点以の剥製や骨格標本を見聞してきた次第です。


① 哺乳類の歩き方
第一ステージは哺乳類の歩き方で、骨格標本を眺めながら体の仕組みをお勉強ですよ。

画像
画像
               △アフリカゾウ
一番最初に目に飛び込んでくるのはアフリカゾウの大きな骨格標本。そしてその上部にはシロナガスクジラの下あごの骨が比較展示です。その大きさに驚愕ですよ。

画像

画像
               △ゴリラ
それにしても、骸骨だらけで、これが人間の骨格だったらチョイ恐怖ですよ。


② 哺乳類の生き残り作戦
第2ステージは移動運動の状態展示で。生存をかけて「追う、追われる、逃げる」など動物の俊敏な動作の原理など。
画像
              △チーター
高速疾走するチーターは陸上最速とのこと。

画像
              △ブラックバック
ブラックバックの跳躍の様子。こんな骨格標本の展示は初めてですよ。

画像
              △シロテナガザル
シロテナガザルは体を振り子のように使って腕渡り(ブラキエーション)するとのこと。


③哺乳類の大行進
第3ステージは「哺乳類の分類と系統」で、圧巻の200種の動物が大行進ですよ。

画像

画像

上野の動物園より多いのでは。ここだけでも立派な動物園ですよね。

画像

世界の珍獣のコビトカバやオカピも登場です。

画像

第二コーナーは偶蹄類の仲間のようです。

画像
               △動物紳士録
皆さんいい顔しています。動物園と違い、動かないので正面から撮影できます。

それにしてもこれだけの動物の剥製や骨格標本は、いったい何処にしまっているのですかね・・。


画像

第三コーナーは巨大なマッコウクジラです。体の構造がわかる半身模型付の全身骨格。スタッフの皆さんは気合を入れて頑張りましたよね。


④ 食べる
第4ステージは哺乳類の生き残り作戦のひとつで、食べること。
画像

ヒゲクジラのヒゲ板が上下に動きましたよ。

画像
              △カバとゾウ
口の骨格標本です。食べるものによって歯やあごの形が異なるとか。


⑤ 産む・育てる
第5ステージは子どもの生き残り作戦です。
画像

画像

イノシシのほかにマレーバクも子どもはウリ坊なのですね。


終章:ヒトの生き残り作戦
画像

生き残りの鍵はヒトの頭脳ですかね・・。

現在、地球上の人口は75億人とのこと。先般は ☛ 両生類が危機的状況にあるとのことでしたが、哺乳類だけでなく人間が生きていくことさえ大変な時代になってきているようです。
感情のある人間の脳ががヒトの生き残りを論ずるより、感情の無いAIの方が的確に作戦を構築できるのでは・・。




お土産売場≫【蛇足
画像

哺乳類に絶滅の危機が訪れたら、このようなハニカムのノアの箱舟宇宙船で脱出ですかね・・。


この記事へのコメント

konkon
2019年06月11日 14:24
静河さん、大哺乳類展2乙です。
哺乳類の大行進は、見たことがあります。
国立科学博物館も生き残り大作戦です。
日本科学未来館のマンモス展も見たいですね。
静河
2019年06月11日 22:39
9年前の哺乳類大行進を見たのですね!!
それにしても、国立科学博物館の財産はすごいですね。上野動物園もだいぶ寄与しているようですが、これだけでもう一つ博物館ができますよ。

この記事へのトラックバック