みどりの日は新緑の東京ベイエリア

平成から令和の改元に伴う十連休にかこつけて、肝心の「みどりの日」を忘れていました。

この十連休は、4月29日の「昭和の日」と5月4の「みどりの日」のおかげで成立しており、いずれも先の昭和天皇に起因するものです。

孫の天皇の令和初めは皐月で、新緑が目に染む頃であり、連休最終日は立夏で暦の上では夏の始まりです。

そんなことで、暖かな令和初めの一日、東京臨海副都心のみどりをゆりかもめの車窓より見聞してきた次第です。

ゆりかもめの車窓から
まだ開発途上の東京臨海副都心です。緑地空間が計画的に配置され、ゆりかもめの車窓から俯瞰すると、みどり豊なベイエリアが広がっていました。

画像
                 △日本科学未来館
画像
                 △ウエストプロムナード

画像
                 △青海中央ふ頭公園
画像
                 △水の広場公園

画像
                 △東京ビッグサイト
画像
                 △イーストプロムナード

画像
                 △東京臨海広域防災公園


ベイエリアの新旧のみどり
画像

画像
               △旧防波堤
昔の東京港の防波堤で、ここまでが昔の港で、これから外側は外洋でした。
堤体が土のため樹木が自然に生えてきてベイエリアに太い緑の軸を形成しています。

画像
              △豊洲のタワーマンションの広場
最近流行のチョイおしゃれな緑地空間。緑量が少ないような気がしますが・・・。

画像
              △豊洲市場の道路
豊洲市場のクスの並木と幹線道路のケヤキの並木です。こちらも最近整備された緑です。歩道もこれくらいの広さがあれば樹木もゆったりと枝を伸ばせますよ。

画像
              △海の森
東京港最大級の人工の森が形成されつつあります。
令和の次の時代には明治神宮の森に匹敵するような森に生長しているかもですよ。

みどりの日は「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむのが趣旨」とのことです。
そんなことで昭和天皇を偲びつつ、みどり豊な東京港の形成を祈念してきた次第ですよ。

この記事へのコメント

konkon
2019年05月10日 14:15
静河さん、ゆりかもめの車窓から乙です。
これから新緑の季節ですからいいですよね。
だいぶこなれてきましたが、まだまだですよね。
konkonもユリカモメに乗ったら、新橋と豊洲の間を一往復半は乗ります。
オリンピックか絡みで、もっともっと紹介してもらいたいです。
静河
2019年05月10日 17:33
ゆりかもめは運賃が高いので上手に乗らないと厳しいものがあります。
臨海地域のオリンピック施設がだいぶ出来上がってきましたので、効率の良い取材をしてきます。

この記事へのトラックバック