スペイン旅 (2) スペインと言えばドン・キホーテ

先般はギャラリー静河を臨時休業し、久々のヨーロッパ旅行で ☛ スペインに行ってきました

スペインと言えば思い起こすのは何と言っても「ドン・キホーテ」ですよね。 

1605年、文豪セルバンテスにより発表された小説「ドン・キホーテ」は、聖書を除き、世界で一番売れた本とか。

そんなことでスペイン旅で遭遇したドン・キホーテです。

各地でドン・キホーテの像
ラ・マンチャ地方に近づくにつれ、至る所で多くのドン・キホーテに遭遇ですよ。

 【ドライブインで】
画像


画像

画像

ドン・キホーテとお供のサンチョ・パンサ。

 【土産物屋で】
画像

画像


 【スペイン広場で】
画像

画像

スペイン広場は「ドン・キホーテ」の原作者セルバンテスの没後300年を記念して作られた広場。中央にはセルバンテスの記念碑が立ち、その足元にはドン・キホーテと従者サンチョ・パンサの銅像がある。


ドン・キホーテ展
古いスペイン旅籠に立ち寄った際に、ドン・キホーテ展が開催されていました。
画像
               △セルバンテスの書斎?
画像

画像


画像

画像



岩山の風車
ラ・マンチャ地方にはドン・キホーテが戦いを挑んだとされる白い円筒状の風車が立ち並んでいました。
今回訪ねたのは、コンスエグラ町の小高い岩山にある11基の風車と城です。

画像

画像


画像

画像

画像

風車の動力で麦を挽いていました。

画像

風車のある岩山から眼下の集落を望む。何でも人口8000人ほどの小さな町とか。

かつてはこのような風車が沢山あったようですが、今はこの地区外に観光用として数えるほどが残るのみとか。

「ドン・キホーテ」はスペイン文学の傑作で、旅のガイドさん曰く、ノーベル文学賞がセルバンテスの時代にあったならば、選考委員はこぞって小説「ドン・キホーテ」を推薦したはずとか・・。

この記事へのコメント

konkon
2019年04月22日 13:27
静河さん、スペイン旅始まりましたね。
今年のブログ商店街大賞の旅部門で最優秀賞に輝いて下さい。ドン・キホーテは池袋駅前にありますが文学なんですね。日本で言えば西郷さんなんですかね。

静河
2019年04月22日 18:33
スペインのドン・キホーテは世界的に有名なようですが、日本では何んですかね。
近松門左衛門なんか日本人でも知りませんよね。
やっぱし葛飾北斎ですかね・・。
ひょうたんなまず
2019年04月26日 22:07
各地のドン・キホーテ像を集めたなんて、着眼点がいいですね。でもスペイン広場以外はみんなブリキの人形みたいでスリムなところが、グレコの人物みたいでスペインらしいのですかね?
静河
2019年04月27日 09:23
地元を代表する名士なので、ラ・マンチャ地方に近づくとあちこちに居りますよ。
スリムな体形は小説に記載があるのですかね・・?
それとも従者サンチョ・パンサとの対比ですかね・・?

この記事へのトラックバック