スペイン旅 (1) マドリッドからバルセロナへゆったりバス旅

ギャラリー静河を臨時休業して久々の海外取材旅行に出かけてきました。

前回のヨーロッパは ☛イギリス縦断旅でしたが、今回は南スペイン回遊旅です。

イベリア半島中央部の首都マドリッドに直行し、そこから南下して地中海に沿ってアンダルシアからバレンシア、カタルーニャへと駆け抜けてきた次第です。

こだわりのスペイン直行便
画像
               △イベリア航空
JTB旅物語のツアーに参加して、イベリア航空の直行便でマドリッドまで。所要時間が約14時間の予定でしたが、チョイ出発が遅れ15時間ほど機内に閉じ込められてしまいました。

画像
               △大型観光バス
参加者22名の少人数ツアーで、超ロングボディーの大型バスの一人掛けで、ゆったりと千数百キロを駆け抜けてきた次第です。 


カスティージャ・ラ・マンチャ地方
マドリッドの郊外には、イスラム教徒とキリスト教徒の激しい戦いと文化の混合を感じる貴重な遺産が。

画像
               △古都トレド展望
カスティージャ・ラ・マンチャ地方の古都。16世紀のマドリッド遷都までは都として栄えたとのこと。

画像
               △大聖堂(カテドラル)

画像

ラ・マンチャ地方には、ドン・キホーテが戦いを挑んだとされる白い円筒形の風車が。


アンダルシア地方
画像
               △メスキータ
コルドバのメスキータ。スペイン語でイスラム教寺院のことだそうです。馬蹄形のアーチが幻想的。

画像

旧ユダヤ人街。メスキータの塔が見える「花の小径」は人気の写真スポットとのこと。

画像

画像
              △アルハンブラ宮殿
グラナダのアルハンブラ宮殿はイスラム芸術の最高傑作だそうです。
800年にわたってイベリア半島の大部分をイスラム教徒が支配。スペインには大きな影響を残していました。

画像
               △白い村ミハス
地中海を見晴らす山の中腹に位置する白い村です。 天気が良いとジブラルタル海峡の向こうにアフリカが見えるとのこと。


バレンシア地方
バレンシアは日本ではバレンシアオレンジで有名かも。観光スポットのタラゴナは紀元前3世紀にローマ人によって築ずかれた都市とか。海辺に円形競技場の遺跡も。

画像
              △地中海バルコニー

画像
               △ラス・ファレラス水道橋
タラゴナから約四キロのところに残存する水道橋。紀元2世紀のローマ時代に築かれたとのこと。


カタルーニャ地方
バルセロナはスペインでも最も人気のある芸術の街とのこと。
バルセロナオリンピックが開催され、カタルーニャ語を公用語とする独立気概のある都市だそうですよ。

画像

画像
               △サグラダ・ファミリア(外観)

画像
               △サグラダ・ファミリア(内部)
バルセロナの観光はガウディー一色でした。
サグラダ・ファミリアは観光客が押し寄せ、もしかして入場できないと脅かされていましたが何とかOKでした。 

画像
               △グエル公園
破砕タイルの波型ロングベンチ。すわり心地は良かったですよ。


最後はマドリッド
大型バスで4日間かけてバルセロナまで。帰路はマドリッドまでイベリア航空の国内線でひとっ飛びですよ。

画像
               △王宮

画像
               △スペイン広場

画像
               △プラド美術館
旅の〆はプラド美術館。パリのルーブル美術館やロンドンのナショナルギャラリーと並ぶヨーロッパ3大美術館のひとつ。
眼目のベラスケスの「ラス・メニーナス」を観てきました。


そんなことで、スペインのハイライトの部分を駆け抜けてきました。
自由行動の無いツアー旅で、地元の人々との接触はありませんでしたが、何となくスペイン気分は味わうことができました。
来週から順次スペインの旅模様を掲載しますよ。

この記事へのコメント

konkon
2019年04月19日 14:09
静河さん、スペイン旅乙です。無事帰還おめでとうございます。
空路15時間も乙です。
平成最後の海外旅行ですね。バスも長尺です。来週からのスペイン入門旅に期待しています。
静河
2019年04月19日 21:29
直行便を選択したのですが、エコノミークラスの機内での15時間は結構つらいものがありました。
来週からのスペイン旅のレポートお楽しみに!!
路傍学会長
2019年04月19日 22:26
静河様
しばらくブログの更新がないと思っていたら、
何とスペインですか。
ラテンの世界の報告を楽しみにしております。
 路傍学会長拝
静河
2019年04月20日 00:30
スペインは、800年にわたってイベリア半島の大部分をイスラム教徒が支配しており、キリスト教徒の奪回の歴史や文化の融合など、路傍学会が見ても楽しいところだらけですよ。

この記事へのトラックバック