「町あるき江東」に清澄白河の“フジマル醸造所”が掲載

江東健康友の会発行の月間新聞「けんこう」の2月号が届きました。

居酒屋探歩「下町たんけん・町あるき江東」の著者のY氏からですよ。

新聞には先般取材した清澄白河の「フジマル醸造所」が掲載されていました。

ここは(遊)紺野商店と取材に同行したところで、懐かしく拝読させていただきました。

新聞記事
画像

記事はメタボ防止の連載企画で、江東区の町あるきをしながら足腰を鍛え、お酒をたしなむというもので、今回で何と128回ですよ。
※記事は画像を拡大してお読み下さい。


フジマル醸造所
画像


画像

画像



「まちあるき江東」は、江東健康友の会の「けんこう」に連載されたものを取りまとめたもので現在第二刊まで発売されております。ちなみに掲載数は第二刊でNO100号までです。
江東区の深川東京モダン館にはまだ残部が少々あるみたいですよ。¥400-???


関連記事
①☛ 『下町のワイナリー “フジマル醸造所” を見聞』
②☛ 『深川の居酒屋 “だるま” の暖簾は裏返し』
③☛『“町あるき江東”が深川東京モダン館で発売開始 』


※☛ 色文字クリックで関連記事にアクセスします。


この記事へのコメント

konkon
2019年03月05日 13:28
静河さん、フジマル乙です。
近年、この辺りがお洒落な場所になっています。
EPAやTTPで国産ワインが生き残っていくも大変です。少しでも応援できればOK牧場です。
Y大先輩も益々の活躍を期待しています。
静河
2019年03月06日 09:08
Y大先輩は「町あるき江東」や新聞のコラムを執筆し、また別の新聞には「東京トボトボあるき」を連載するなど、老いてますます輝いています。
舟木一夫大先輩同様、健康で元気に生きていくための、おじさん達の見習うべき手本ですよね。

この記事へのトラックバック