桜日和④ 上野公園の希少なサクラを接木で保存

3月21日に東京地方に桜の開花宣言が出されました。いよいよ春爛漫の花見のシーズンが到来です。

そんな中、上野桜守の会では上野公園の希少な桜を守るべく、桜の接木作業を実施したので、参加してその様子を取材してきました。

接ぎ穂の見分け
画像

接木作業の前に、どのような穂を採取したらよいのかをコマツオトメの前で事例研究です。このコマツオトメは上野公園で品種登録された原木です。

穂木と台木
画像
               △接ぎ穂
今回の穂木はアサツユサクラ、コマツオトメ F1早咲き(染井吉野系)の3種類。いずれも接木で増やし現在は水元公園の苗圃で育生中の元気な若木の枝から採穂したものです。

画像
              △オオシマザクラ
画像
              △エドヒガンザクラ
接木には相性が重要で、相性の良い組み合わせはうまく接合するとか。
そんなことでコマツオトメの台木はエドヒガンザクラ、他の2種はオオシマザクラを使用しました。


接木の実演
画像
           △接木切出し
切れ味の良い道具が重要で、接木用の切り出しナイフと固定のテープ。

画像
             △接木の実演
今回は初めての方も多く、日本花の会の方が接木のデモンストレーションです。


接木に挑戦
画像

まずは台木の上部の枝などを使い練習です。最初は手を切らぬように、こわごわの試行ですよ。 日本花の会の方が懇切丁寧に指導してくれました。

画像

練習を終えたら本番です。手を滑らせて失敗したら、台木の頂部をチョイ切り戻し再挑戦ですよ。


完成作品
画像
              △アサツユサクラ
画像
             △コマツオトメ
ミーハーカメラマンの作品です。なかなか綺麗な仕上がりですよね。形成層が相互にしっかり圧着していればOKかな・・。

画像
               △皆様の作品
接木が成功した苗木は、一旦水元公園の苗圃で育生され、成木となったものを上野公園に戻します。


皆de集合写真
画像

皆さんそれぞれ3株ほどやりましたが、どのくらい成功しますかね・・。初めての方も多く、活着は2~3割くらいですかね・・。 結果は新元号になった連休明け頃とか・・。 




二世の桜≫【参考
画像
              △コマツオトメ
以前に接木で増やし、苗木を上野公園に戻した事例です。


挿し木≫【蛇足
画像

廃棄するクズ枝をいただき、ベランダで挿し木にしてみました。果たしてどうなるやら・・。

この記事へのコメント

konkon
2019年03月25日 14:38
静河さん、桜守の会乙です。
接木なんて最近の子供は知らないですよね。ips細胞を彷彿させる技です。活着2~3割は厳しいです。
紫陽花の挿し木をやろうかと思っているんですが、できるんですかね? 
静河
2019年03月25日 23:25
活着はなかなか難しく、連休などで水やりを忘れたり、台木の方が元気に育ったりと、最後の最後まで面倒をみないとうまくゆきません。
アジサイは挿し木OKですので、増やしてアジサイ園を創ったら面白いですよ!!

この記事へのトラックバック