久世樹君のグループ展は 「9人の仲間」

高校時代のクラスメートの久世樹君が、グループ展 「9人の仲間」を開催したので観てきました。

定年退職を機に絵を始めて、いつもは ☛多摩スケッチ同好会で活動しているのですが、これとは別に、アート絵画を目指すグループにも所属し研鑽を積んでいたようですね。

そんなことで、今回の作品展はいつものスケッチ展とは異なるアートの世界が展開されていました。

そして、これも恒例になりましたが、彼の作品展を口実に、高校のクラス仲間が参集し、いつものように楽しいミニクラス会となった次第です。

日本橋のギャラリー
画像

画像

スケッチ同好会の作品展はいつも多摩ニュータウンで開催ですが、今回のアートグループ展は格調高く、日本橋の室町コレド脇のギャラリーで開催ですよ。


9人の仲間展
ひとり3枚で計27点の作品が展示してありましたので、それぞれの代表作を1枚ずつ撮影させていただきました。

画像
               △少女の胸像

画像
              △山葡萄

画像
              △ゲント 運河の散策

画像
              △静雅
なかなかの大作揃いで、皆さん時間をじっくりかけて描いたとのこと。ひと月やふた月はざらのようですね。


画像
              △卓状の詩

画像
              △凛として立つ

画像
              △陽に向う

画像
              △初めての鉛筆デッサン


久世樹君の作品
画像

様々なタッチの作品に挑戦していますが、今回のも精密で味のある作品となっています。

画像
            △作品Ⅱ「夢」              
いつもながらタイトルが難しく、なにやら連作のようですね。

画像
              △作品Ⅴ「越」
仲間と同じ対象を描きながら、タイトルは、一方は「山葡萄」(上から2枚目)で、彼のは「作品Ⅴ・越」ですよ。

画像
              △作品Ⅲ「寂」
タイトルは作品以上に作者の想いが表れるのですかね・・。

「絵を描く楽しみには終わりはない」とどこかにありましたが、これからも多様なテーマに取り組み創作活動を続けていってもらいたいですね。


クラス仲間de集合写真≫ Photo by ポン太
画像

久世樹君の人徳なのでしよう、当時のクラス仲間が9人も集まってくれました。彼の作品の前で記念撮影です。
遠く軽井沢から ☛「浅間山麓のぶらタヌキ」のポン太君も駆けつけてくれましたよ。 


ミニクラス会
画像
              △浅野屋
画像

そんなことで、作品鑑賞後は明治5年創業の老舗の蕎麦屋でミニクラス会です。


二次会はトリスバー
画像
               △ルーデンス
画像

呑み足りないおじさん達は、I 君行きつけのトリスバーでハイボールでした。
この店は一昨年、☛ 神田珈琲園で写真展を開催した際にも、やはり I 君の案内で利用しておりますよ。


もう仲間の皆さんもだいぶお年を召されてきており、重篤な病気経験者も続発のようです。そんなことで、今後もこのような機会をとらえて、積極的に集まることにした次第です。


※ ☛ 色文字クリックで関連記事にアクセスします。

この記事へのコメント

konkon
2019年03月18日 14:13
静河さん、ミニクラス会乙です。
日本橋のギャラリーは凄いです。大人の遊びはと云う感じですか。
続いてトリスバーですか、昔の遊び爆発です。
静河
2019年03月18日 19:55
今回は、スケッチ展と異なり、自由題材のようなので、皆さんのアート性が否応なしに発揮されます。
何を題材とするのか、そんなのを観ていると面白いですよ!!
トリスバーは昭和の雰囲気があります。商店街で訪ねてみましよう!!

この記事へのトラックバック