弘前みやげの “こぎん刺し” & 干支の吊るし雛

初冬に大人の休日倶楽部で ☛ 青森をブラ旅してきたところです。

その際、カミサンが弘前の津軽工房社で、こぎん刺しの材料を買い求めてきました。

この度、めでたく小さな手提げの袋が完成の運びとなりました。なかなかの出来栄えで、現在使用しているこぎん刺しの巾着のレンズケースより遥かに立派なものです。

また、干支のイノシシの吊るし雛も作ったので、ひな祭りの前ですが、ギャラリー静河で展示会ですよ。

津軽こぎん刺し
画像

画像

弘前で ☛ こぎん刺し巡りをしてきて、津軽工房社でおみやげにこぎん刺しの材料(布と糸)買い求めてきました。

画像

こぎん刺しの巾着のレンズケース(左)と津軽工房社で販売している手提げの巾着袋。


こぎん刺しの手さげ袋
画像

夜なべして部屋でしこしこやっていたら立派なこぎん刺しの手さげの袋が完成です。

画像

画像

模様のデザイン様式は分りませんが、裏表2枚同じようなものをつくりましたので、結構根気のいる作業ですよね。

画像

手提げの紐を取り付け、中は布で裏打ちですよ。

なかなか立派なもので、津軽工房社で販売できるかもです。


干支の吊るし雛
画像

カルチャースクールに通って、干支の吊るし雛を作ってきました。支柱付きなので、何処にでも置けて便利ですね。

画像

天蓋の中心は今年の干支のイノシシです。

画像

画像

結構な数量なので、だいぶ時間がかかったようですよ。

そんなことでカミサンの手芸作品をギャラリーで展示させていただきました。
3月には写真とスケッチの二人展を予定していますので、その祭にも手芸作品の展示を考えているところですよ。




バレンタインチョコ≫【追記
画像

明日はバレンタインデー。ギャラリーにも可愛いチョコが届いております。そんなことでこぎん刺しのランチョンマットの上で記念写真です。

それにしても先般は ☛ 恵方巻き騒動で、それが終わったと思ったらバレンタインデー。脅迫観念に追われる生活ですよね・・。

この記事へのコメント

konkon
2019年02月14日 15:17
静河さん、こぎん刺し乙です。
こぎん刺しも吊るし雛も、クールジャパンです。
優しい風合いと手作り感がたまりません。日本に生まれてヨカッター!ですね。
静河
2019年02月14日 16:33
やっぱし手づくりは風情がありますね。
大変なのですが一品一品が逸品になります。
作業の記憶が作品の思い出になり、工業製品とは別次元のものですね。

この記事へのトラックバック