1月21日はスイートピーの日

ブログの師匠の(遊)紺野商店からブログネタ情報が届きました。

池袋で見つけたスイートピーの花の映像ですよ。

春の息吹≫ Photo by konkon
『花屋の店先にスイートピーが出ています。もう春の息吹が聞こえてきます。』(konkon)

画像

画像

「花言葉、門出。優しい花びらと甘い香りをぜひお楽しみ下さい」とのこと。 1本:¥195-


はまゆうスイートピー
画像

そんなこともありで、近所に花屋の前を通りかかると「1月21日はスイートピーの日」の看板が掲示してありました。

画像

お値段を見ると、6本で298円とお手ごろ価格なので、チョイブログネタ買いしてしまいました。花は宮崎県産のスイートピーとか。


スイートピーの日
何でも「全国の花の生産者、生花店、園芸店などで構成する「日本スイートピーの会」が2017年(平成29年)に制定した」ことのようですね。

画像

左右対称で3種類の花びらが、それぞれ1枚、2枚、1枚あることから「1・2・1」で1月21日としたとか。 もちろんこの時期が一年でいちばん香りが豊かできれいに輝くとのことですよ。


スイートピーの映像
聖子ちゃんの『赤いスイートピー』です。馬鹿チョンカメラで撮影してみました。

画像
              △優しい花
単色だったのでお安かったのですかね。チョイまだ風邪が抜け切らないので、残念ながら甘い香りは感じられませんでしたよ。

画像
            △花弁の群像
真っ赤で燃えるような花ですね。ピンクは情熱か・・。 


豆科の花
スイートピーは、マメ科レンリソウ属の植物で、イタリアのシシリー島原産の一年草だそうですよ。マメ科というのは今回初めて知りました。

画像

観賞用なので茎はしっかりしていますね。葉っぱは付いていませんね。

画像

画像

松田聖子の『赤いスイートピー』で一躍有名になり花のイメージが高まりましたが、1本1本をよくよく見ると、豆科だけあって蔓性の茎にエンドウ豆の花が咲いていました。




ベランダのエンドウ豆≫【参考
画像

昨年春に、ベランダで栽培した ☛スナップエンドウの花です。白い花はあまり見ごたえはありませんね。

画像

こちらは ☛ 絹鞘エンドウの花。小ぶりの花ですが、もうチョイ大きいと鑑賞に耐えられますよね。



今日は何の日≫【追記
ボランティアの仲間で、ブログ友に 「☛ 天に星 地に花 人に愛」 という崇高なブログを主宰するおじさんがおります。
毎日、その日の記念日の由来を特集しておりますので、マイリンク集からアクセスできますので、ご覧下さい。
ただ残念ながら、21日の「スイートピーの日」は掲載がありませんでしたよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

konkon
2019年01月22日 13:27
静河さん、スイートピー乙です。
6本で298円はお手頃です。赤いスイートピーがいいんじゃないですか。次は黄色い菜の花畑がやって来ます。春までもう少しの辛抱です。
ひょうたんなまず
2019年01月22日 16:51
華やかできれいなスイートピーの写真、ひと足早い春をありがとう!
静河
2019年01月22日 21:10
konkonさんへ
池袋よりお安いスイートピーなので、チョイ衝動買いしてしまいました。
菜の花は都内では浜離宮離宮庭園が有名なので、今年も狙ってみます。
静河
2019年01月22日 21:12
なまずさんへ
スイートピーがマメ科であることを知りませんでした。よくよく見るとやはり豆の花でしたよ!!

この記事へのトラックバック