上野桜守の会 2018年の納会&忘年会

師走に入り、今年の上野桜守の会の活動もすべて終了し、先般、2018年の納会が開催されました。

第一部は講演会で、桜守の会会長による干支の動物の話です。第二部はお楽しみの懇親会兼忘年会でした。

そんなことで、納会&忘年会に参加してその様子を取材してきた次第です。

干支の動物の講演会
画像

毎年、活動の納めとして、桜守の会長で国立科学博物館の館長である林良博氏による干支の動物の講演会が開催されています。
今年のテーマはもちろんイノシシについてです。

画像

イノシシの分類やら進化、豚との関係、世界の分布状態やら猪鍋など、林氏の多彩な知見を披露していただきました。

画像

講演後の質問では、シシ鍋や環境生態論など面白い話題が出ていました。


上野桜守の会の忘年会
画像

第二部は会場をアカデミックな国立科学博物館から上野グリーンサロンに移して楽しい忘年会ですよ。

画像

盛りだくさんの料理が運ばれてきました。

画像

年配者が多いので、和のテイストの煮物なども数多く準備していただきました。

画像

日本酒は、桜守の会に相応しく、福島県三春町の佐藤酒造の「滝桜」ですよ。
また小金井の桜守の会からは地元の「小金井桜」が届けられました。

画像
               △東洋美人
花の会の仲間からは新顔の山口のお酒「東洋美人」の差し入れです。何でも同じ山口の獺祭より美味しいとか。

画像
              △料理一番手
誰かが手を出さないと次が続きませんよ・・。

画像

これだけの人数が一堂に集まるのは忘年会だけ。酔うほどに話に花が咲きました。

画像
              △三本締め
上野桜守の会の益々の発展と会員の健勝を祈念して、三本締めでお開きになりました。

みんなde記念写真
画像

久々にフルメンバー参加の忘年会でしたので、皆で集合写真です。

そんなことで、今年も無事忘年会を最後に所定の活動を終了した次第です。
春になると、上野の花見の季節に合わせ、またサクラの枝による染色作業など、2019年の新たな活動がスタートします。




グリーンサロンはパンダラケ≫【蛇足
画像

上野公園内にある上野グリーンサロンはパンダ親子のぬいぐるみやトレイのパンダマークなど、レストラン内部がパンダだらけでしたよ。


この記事へのコメント

konkon
2018年12月17日 14:03
静河さん、上の桜盛の会乙です。
アカデミックな集りうらまやしいです。
年明けの平成最後の花見も楽しみです。
静河
2018年12月18日 20:50
国立科学博物館の館長である林良博氏の講演は面白いですよ。干支の動物の話を聴いて年賀状のねたにさせていただいております。
サクラの枝による草子染めのショール、買いに来てください。

この記事へのトラックバック