干潟が残る葛西海浜公園が「ラムサール条約湿地」に登録

先月に葛西海浜公園が重要な湿地を保全する「ラムサール条約湿地」に登録されたとの報道がありました。

この条約は「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」で、さまざまな生き物の生息地として重要な湿地の保全や賢い活用を目指すものだそうです。

若い頃、チョイこの葛西海浜公園の建設に携わったことがあるので、感慨無量ですよ。

まずはめでたいことなので、お祝いにギャラリー静河のアーカイブスから昔の写真をチョイスしてみました。

葛西沖の海上公園
画像

葛西海浜公園が登場するのは、美濃部都知事の「広場と青空の東京構想」(1971)で、東京港に海上公園の建設が発表され、この中に葛西沖の海上公園が提起されています。 
ここでは「葛西沖は大公園と人工島で構成する」とあり、当初は水鳥の島をイメージしていたようですね。

海上公園計画
画像
           ※濃い水色部が海上公園区域
事業実施のため、葛西沖に海上公園区域が設定されます。全国でも珍しい水域だけの公園で、公園の面積は実に442.5heですよ。
「水域だけを公園にするとはおかしい」などという輩もおりましたが、この公園区域設定のおかげで、葛西沖の三枚洲などの自然干潟が保全され、今回のラムサール条約湿地の登録にもつながってきます。


導流堤の建設
画像
           △建設中の葛西海浜公園
海上の公園建設にあたっては、保全策の策定のため、まず仮の人工なぎさを造成し実証実験に取り組むと同時に、1972年(S47年)から10年かけて野鳥や底生生物、海底地形等々の自然環境調査を行っています。

画像
             △東なぎさ(立入禁止区)
最終的には葛西沖の干潟の北側の縁に東西二つの導流堤を造成し、荒川と江戸川を結ぶ水路の確保を図るとともに、東なぎさは野鳥の保護区として立入りを禁止し、また西なぎさは都民が海に親しめるよう砂浜を造成しました。

画像
          △1985年(S60年)頃の東導流堤

画像

1988年(S63年)に東導流堤の上に、生育実験のため松苗を植えてきました。


その後の東なぎさの様子
その後は暫く御無沙汰しておりましたが、2009年(H21年)大学の植生調査隊が入るのに同行させていただき、実に20年ぶりで東なぎさの様子をみてきました。
画像

画像
              △干潟

画像
             △砂浜

画像
              △アシ原

画像

導流堤の石の間に棲むアオダイショウ。

画像

小さなクロマツ(※1988年の写真)が厳しい環境に耐え、立派に生育していました。チョイ感動ですよ。

大観覧車からの俯瞰
画像

2013(H25年)に葛西臨海公園に遊びに行った際に大観覧車に乗り東なぎさを撮影です。

画像
              △野鳥園
隣接の葛西臨海公園でも、東のゾーンは野鳥園を整備し、自然環境の回復を図ると共に野鳥の保護を行っていますよ。

現在の葛西海浜公園≫ ※東京都港湾局のHPより
画像

沖合いに黒く映っているのが自然干潟の三枚洲。

画像

何でも冬季には2万羽以上のスズガモが観察されているとか。


1967年(S42)に江戸前のハゼを守る会から「葛西沖の三枚洲保全の陳情書」が、また1969年(S44)には三枚洲・高洲を保全し「東京湾に海上公園の設定の陳情」が出されてから実に半世紀です。
この間、各種保護団体や地元区、漁業関係者、各種行政機関、海上公園審議会等々・・、何百人もの人々の熱意や尽力のもとで、ここまで到達したようですね。  

ラムサール条約湿地には「保全・再生」「ワイズユース(賢明な利用)」「交流・学習」の3つの理念が掲げられているとのことです。
この貴重な海の自然環境をワイズユースで保全・活用していきたいですね。 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

konkon
2018年11月02日 14:55
静河さん、葛西海浜公園ラムサールおめでとうございます。
海上公園にもスポットライトが当たってOK牧場です。
もっと皆様にお知らせしていきましょう。先ずは関係者から。(遊)紺野商店でも特集を組みます。
静河
2018年11月02日 17:08
かつては、葛西沖に15号埋立地も計画されていたようですが、奇跡的にこの貴重な自然干潟が残されました。
皆さんの働きの賜物です。
これからは環境回復とワイズユースの実施です。
ポン太
2018年11月04日 00:14
ラムサール条約湿地に登録されたとは、たいしたものですね。巨大都市東京に、自然環境が保全された(回復のための努力が結実したというほうが正しいのかもしれませんが)このような場所があるというのは、誇らしいことです。大いにアピールして下さい。
静河
2018年11月04日 10:37
高度成長のなかで、東京港に自然環境の回復を図るという構想は当時としては大英断だったのでしようね。
葛西の海を埋立ててしまえは、広大な土地が手に入りますし、隣接の海域では沖の十万坪を埋立、ディズニーランドを建設ですよ。
あまりにも対照的ですよね。

この記事へのトラックバック