吉祥寺はハモニカ横丁の“はんなり”の女将 

遊友連のおじさん達と、今回は河岸を変えて、久々に吉祥寺で懇親会でした。

まずはいつもの ☛井の頭公園入り口脇の伊勢屋で乾杯です。

やっぱし吉祥寺に来たならと、ハモニカ横丁へ足を伸ばし、横丁をぶら撮りしながらのはしご酒でした。

〆は京風気分の女将が切り盛りする「はんなり」でお開きでした。

ハモニカ横丁
画像

吉祥寺の迷宮名店街のハモニカ横丁です。すっかり綺麗になり ☛昔のようなディープな雰囲気はありません。

画像

狭い路地の「のれん小路」に分け入っていきました。

画像

全体的に若者風の小洒落た店構えに変わってしまい、昭和のおじさんの居場所は少なくなりましたよ。

画像

それでも狭い路地をウロチョロしていると、それなりに迷宮気分になってきます。外国の方も結構見受けられました。


まずはコパンダ
画像

横丁を一回りしてきて、のれん小路の角に戻り、オープンなお店のコパンダに陣取ることにしました。 

画像

お客はやっぱし若者ばかりですね・・。

画像

伊勢屋でだいぶいただいてきたので軽くハイボールに煮込みです。


二級酒のお姉さん
画像

コパンダの脇のお店では、元気なお姉さんが清酒の飲み比べですよ。
若い女性が安心して気軽に飲めるのが今のハモニカ横丁ですよね。 


はんなりの女将
ファーマーが斥候で面白いお店を見つけたので、店を変えることにしました。

画像

画像

路地沿いのカウンターに椅子を配したお店です。こんなお店の形態もありなのですね。

画像

「はんなり」の屋号に惹かれて入店?(路地沿いの椅子に座る)してみました。

画像

美形の女将が一人で切り盛りです。だいぶ人気の店のようで、雑誌や夕焼け酒場などのTVの取材も来ているようですね。

画像

おじいさんが京都人で、女将さんは品川生まれの東京育ちとのこと。何となく気品がありますよね。

画像

酒場放浪記の吉田類もたまにはやってくるとか・・。「はんなりと湯葉に巻かれて温め酒」(2014/2/5)
そんなことで2,3枚写真を撮らせていただきました。


みんなde記念写真
画像

〆はお決まりの集合写真。女将さんに厨房側から撮ってもらいました。

前回の池袋の美久仁小路の「ふくろ」は、まさにおじさんの昭和酒場でしたが、やはり吉祥寺は洗練されており、若者や女性、外国人の街に変貌しつつあるようですね。おじさんの居場所が無くなってきましたよ。


そんなことで、また明日から2日ほど出張しますので、ギャラリー静河はお休みとさせていただきます。

この記事へのコメント

konkon
2018年10月09日 13:34
静河さん、ハモニカ横丁乙です。
今どきの飲み屋街です。新宿はカオスですが、ここは文化が生まれそうです。3軒はしごですか?耐久力に拍手です。
台風も去っても出張いい天気です。いい画像お願いします。
静河
2018年10月10日 00:11
最近は、皆さんマイペースなので、はしご酒もOKです。ハモニカ横丁は写真映りが面白いので、長く残したいですね。
これが再開発されると、ビルの中の何処でも同じチェーン店に占められてしまいますよ。

この記事へのトラックバック