舟木一夫も負けそう タカラジェンヌの公演衣装展

野暮用で東京駅に行き、駅前の中央郵便局内にあるKITTEで、タカラジェンヌの舞台衣装展が開催されていたので、ついでに観覧してきました。

華やかな女の園の宝塚と遭遇する機会はめったにないので、おじさんカメラマンは、恥を忍んで撮影してきました。

先般の >浅草公会堂の舟木一夫の舞台衣装展は、おば様ばかりでしたが、宝塚はアラフォーやもう少々若い層の女性ファンが多く、皆さんも熱心に撮影していました。

宝塚スカイステージ15周年記念
画像
                    △記念フェスタのチラシ
『宝塚歌劇の専門チャンネルである「タカラヅカ・スカイ・ステージ」とコラボレーションし、TAKARAZUKA SKY STAGE 開局15周年記念 「15th Anniversary フェスタ in KITTE」を開催します』 とのこと。

会場全景
画像
                   △二階から俯瞰

画像

画像

花組、月組、雪組、星組、宙組のトップスターですかね・・ しかし6人いますよ。

公演衣装の展示
画像

舟木一夫の舞台衣装展は、単に衣装の羅列展示だけでしたが、こちらはマネキンを活用し、ファッションショーの気分を演出した立体展示です。

画像

しかも衣装の脇にはステージ写真が置いてあり、舞台がイメージしやすい展示でした。

画像

若い方が熱心に全衣装を撮影していました。 ミーハーカメラマンも負けじと、撮影してきました。

ステージ衣装
画像

画像

男役の衣装が多く見受けられました。

画像

画像

現在は男役の人気が高く、舞台構成なども男役を中心に作られるとのことですよ。

画像

流石にタカラジェンヌの衣装は、色合いも派手で綺麗ですよね。当たり前ですが皆スリムな衣装なのには感心しました。

容姿端麗、未婚女性で、数十倍の競争を勝ち抜いても、トップになるのは数人。華やかさに中に厳しい現実があるようですね。



舟木一夫in越谷≫【併記
いつもの舟友さんが越谷の舟木一夫のコンサートに行かれたようで、写真とチラシが届いています。
今回は資料が少ないのでタカラジェンヌと共同掲載です。

画像

今回も贅沢の昼夜の2公演の観覧のようですね。
サンシティー越谷市民ホールでのツアーコンサートもほぼ満員の状況とのこと。

画像

入り待ちの写真を撮ったようですが、あまりにも小さいので、無理無理デジタル拡大してみました。

舟木氏からは、「いつも言っていることだが」の前おきで、「60周年に向かって進むので、皆さんもお大事に 」とのメッセージがあったそうです。

退団の潮時が早く、「命短し、恋せよ乙女」のタカラジェンヌですが、舟木氏は喜寿を目指し、いよいよ始動開始ですよ。
おじさん族はこうありたいですよね。 


この記事へのコメント

konkon
2017年08月21日 13:55
静河さん、お盆休み乙です。
宝塚ファンは、毎年早朝、エンペラーの人間ドックに行く時に遭遇します。朝っぱらから大変です。
ヅカファンと言うみたいです。
共同掲載では舟木不ファンが怒ります。
静河
2017年08月21日 19:51
今回は舟友さんの資料が、入り待ちの写真だけなので、ストーリーの作成は困難でした。
そんなことで、舞台衣装に掛けてレポートを合体してみました。

この記事へのトラックバック