上野夏まつりで不忍池のハスが見頃

うえの夏まつりが始っています。 今年はジャイアントパンダ誕生記念と銘を打っているようですね。

そんな中、上野公園の不忍池のハスが見頃を迎えているとのことで、撮影に行ってきました。 

ハスは開花の最盛期を迎えており、蕾が沢山見られ、この1週間は見頃ですよ。

この日は日曜なのに、小雨日和で来園者は少なく、のんびりと撮影出来ましたが、「夏まつりお笑い大行進」のイベントはも苦戦していましたよ。 

ハスの開花
画像
                    △蕾

画像
 
画像

ハスの観覧デッキから弁天堂を背景に定番の撮影ですよ。
                   
画像
                    △従来のハス
画像
                    △新品種のハス


蓮の観察デッキ
画像

一昨年に完成した不忍池に張り出したデッキで、ハスを観る水上回廊となっています。 

画像

画像

ここでは、いろいろな種類のハスが観られます。この辺りが花付きが良く、手近かに花がみられますよ。


散る花
画像

画像

まだシーズはじめのようで、咲き終えて散る花はあまり見られませんでした。


夏まつりお笑い大行進
画像

画像
                    △プッチャリン氏
野外音楽堂では東京演芸協会の「お笑い大行進」のイベントが開催中です。
プッチャリン氏が太鼓で客寄せをしていましたので1枚です。

納涼ゆかた撮影会
画像

東京写真連盟のモデル撮影会もやっていたので、通りすがりにチョイと1枚です。


そんなことで、昨年は西洋美術館の世界文化遺産への登録、今年はジャイアントパンダの誕生などおめでた続きで、うえの夏まつりも気合が入っていました。 
最終は8月13日で、まだまだいろいろなイベントが続くようですね。 


ところで、昔は不忍池の畔に蓮見茶屋があり、ハスを眺めながら飲食が出来ました。 今は、ただただ眺めるだけですよ。
都内の一等地にこれだけの財産を持ちながらもったいない話ですよね。
骨董品展も悪くはありませんが、せめてハスのシーズンは、相撲茶屋ではありませんが、観光協会などと連携してこの資産を活かして欲しいものですね。


各地のハス便り≫【参考
画像
                    △不忍池のハス
画像
                    △昭和記念公園のハス
写友の荻さんから、参考までにと、ハスの映像が届きました。昨年撮影したもののようですね。

画像
                    △晴飲雨呑庵のハス
晴庵和尚の庵では、>ユニークな菊の花のようなハスが咲きます。何にか由緒のあるハスなのですかね・・。


ハスのオブジェ≫【蛇足
画像

カンボジアを旅したときに、ガイドさんから >ハスのオブジェの作り方やハスの食べ方など、ハス文化について教えていただきました。 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

konkon
2017年07月26日 12:08
静河さん、ハス乙です。
ハスは仏さまの生まれ変わり化身です。
傍に行って、心を清めたいです。
薄いピンクがたまりません。
静河
2017年07月26日 12:53
お寺さんでは鉢植えのハスが開花の時期を迎えています。ハス愛でて、ご先祖様に御挨拶も一考かと思います。

この記事へのトラックバック