晴海オリンピック選手村の工事が始動

先般の東京都議会議員選挙で >小池都知事が率いる都民ファーストの会が大勝して都議会第1党となりました。50人の公認候補のうち49人が当選とのこと、都議会も知れたものですよね。 

そんな中、> 豊洲市場移転はストップしましたが、チョイ疑惑のある晴海ふ頭のオリンピック選手村の工事は止められることもなく、着々と進んでいました。

先般の連休の際に、その様子を見てきた次第です。

建設工事が始まる
画像
         ※バスの車窓から                

画像

画像

今年から本格的に始まったようで、建設機械が林立していました。現在は基盤造成工事ですかね。

選手村の鳥瞰図
画像

隣接する晴海客船ターミナルの展望台に掲げられていた選手村の完成図です。
図を見ると、この晴海客船ターミナルは撤去されるようですね。 

工事現場を俯瞰
画像

展望台からは、工事現場の状況がよくわかりますよ。  

画像
 ※左の緑地は晴海ふ頭公園
画像

何でもこの都有地は破格の値段で大手不動産会社に売却されたとか。 
選手村建設の超特急手当てなのですかね・・。 

他のオリンピック施設は工事が止められましたが、ここは治外法権だったようです。
豊洲市場移転はあれほど騒いでいるのに、ここは煙もたたないようですよ。

晴海ふ頭公園
画像
                    ※水産庁のバースより撮影
晴海ふ頭の最先端にある海上公園です。
鉄の矢板の護岸が腐朽して壊れそうでしたが、綺麗に再整備されていました。 

画像
                   ※中央奥が晴海客船ターミナル
選手村の整備にあわせて晴海ふ頭公園も再整備されるようですが、水産庁や東大などの官庁船バースは残されるようですね。 


工事前の晴海埠頭≫【ギャラリー静河 アーカイブス
画像

画像
                    △2006年10月

画像
                    △2014年1月
静河ライブラリーを捜してみたら晴海ふ頭の昔の写真が出てきました。 11年前と3年前に撮影した晴海ふ頭の様子です。


前回のオリンピックの選手村≫【参考
画像
                  △選手の宿舎
代々木公園は、1964年の第18回東京オリンピックの選手村跡地に整備された公園です。そこに保存されている当時のオランダ選手宿舎です。 




アカボシゴマダラ≫【蛇足
晴海ふ頭公園で見つけた蝶です。ネット図鑑には載っていなかったので >昆虫の先生のシマシにたずねたら詳細な回答がありました。
画像

(A) この蝶はアカボシゴマダラの春型♀だと思います。中国からの移入種で,最近関東で増えています。
春型と夏型があって,普通図鑑なんかに載っているのは,もっと黒っぽい夏型が多くてこれとだいぶイメージが違います。春型の♀は特に白くて,飛び方もゴマダラのような力強い感じではなく,ひらひらしていてほとんど白いマダラチョウという感じです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

konkon
2017年07月12日 12:16
静河さん、晴海選手村乙です。
昔は、だだっ広い道路にホテル浦島があるぐらいの所でした。先客待合所も撤去ですか、テラスからおねーちゃんと見たレインボーブリッジが綺麗でした。
三井不や三菱地なんかが絡んでいるんでしょう。
マンションバブルで半値ぐらいにならないかな。
静河
2017年07月13日 00:36
選手村のプレミアムが付いているから安くはならないでしようね。
ただ、あまり収益をあげると(著しい収益増が明らかになった場合)都と再交渉すると契約書にはうたっているらしいですよ・・?

この記事へのトラックバック