舟木一夫 舟木節で美空ひばりを歌う

いつもの舟友さんにお願いして切符を手配してもらい、※久々に舟木一夫のシアターコンサートに行ってきました。

今回は、“ひばりが翔んだ日々”と称して、美空ひばりの名曲を舟木節で披露するという趣向です。
全24曲を、ほぼ一息で歌い継いでいきます。プロの歌手といえども、歌詞を覚えるのも大変だったのでは・・。

この12月で御年72歳とのこと。古希過ぎて、まだまだ現役でこの元気とは、恐れ入谷の鬼子母神ですよね。

シアターコンサート
画像

画像

舟木の美空ひばりスペシャル版で、名古屋、東京、大阪の各1回公演とか。東京は新橋演舞場を逃したら、アウトです。
そんなことで、おじさん率3%の中、ミーハーカメラマンはその様子を取材してきた次第です。 

視界50%席
画像

全席指定のS席とA席(3階席)の二種です。先般の※特別落語会は前から二列目の特等席でしたが、今回は最悪ですよ。
舞台の半分しか見えないのに料金は同額ですよ。 演舞場さんの喫緊の課題ですよね。

恒例のプレゼント&握手
画像

舞台は見えませんが、客席は俯瞰でき、よく見えます。花束やプレゼントの紙袋を持った熱烈なファンが通路にスタンバイです。開演前に舟木さんが舞台に出てきて、プレゼントを受け取り、感動の握手です。 
AKB48の握手会も、このおば様方のDNAを受け継いでいるのですかね。

画像

ファンの皆様のお花や贈り物は、いつものように、舞台前面の両サイドに整然と並べてありました。
これが舟木の華のあるコンサートの真骨頂ですよね。  

コンサートの様子≫ 
画像

写真が撮れませんので、カタログからコピーで、その気分をです。

画像

第一部は舟木一夫ヒットパレードで、いつもの絶唱、銭形平次、高校三年生、学園広場などなど。
そういえば、泉雅子さんも見えていましたよ。 

岩手のおべんとう
画像

一部と二部の間に30分の休憩。近傍の岩手のアンテナショップ「銀河プラザ」お弁当を買ってきました。

ひばりが翔んだ日々
画像

第二部は、眼目のひばりが翔んだ日々です。中途で和服姿で登場するのですが、残念ながらカタログには和装の写真はありませんでした。 

“ひばりが翔んだ日々”は、なかなかのものでしたね。 
大好きなリンゴ追分や、船村徹のひばりの佐渡情話は良かったですよ。港町十三番地、越後獅子の唄、花笠道中など、遠い昔の子供の頃を思い出していました。

アンコールの大川流しでお開きです。舞台は半分しか見えませんでしたが、舟木節を堪能してきました。

出待ちの大群衆
画像

画像

舞台が終わったら、すぐさま楽屋口の最良のポジションを押さえるのが舟木通のようです。
そんなことで、舟木節の余韻を楽しみながら、道路の反対側から、なんとか一枚をゲットしてきた次第です。

早くも次期公演
画像

もう12月の特別講演の案内です。絶好調ですね。生涯現役人生ですかね。やはり元気で、仕事があることは幸せなことですよね。 

舟木グッズ≫【参考
画像

舟木の名を冠しただけで、飛ぶように売れるとのこと・・。 


真夏の到来≫【蛇足
画像

昨日の梅雨明け宣言通り、今日は青空の盛夏でした。気象庁も一安心ですよね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

konkon
2016年07月29日 14:59
静河さん、忙しい日々乙です。
生のエンターテイメントの魅力です。
ここで、おばさんたちは生まれ変わって生きていくんですね。宝塚ファンは、見えなくても同じ空間にいるだけで幸せと云っていました。
静河
2016年07月29日 15:51
晴庵和尚ほど修行を積んでいないので、「同じ空間にいるだけで幸せ」の心境にはなれません。やはり舞台は全体を見たいですよね。
費用対効果で、貴重なお小遣いの対価は、いただきたいですよね。

この記事へのトラックバック