海の日の海の灯まつり in お台場 2016

18日は海の日とのことで、毎年お台場海浜公園では海の灯まつりが開催されます。

面白いイベントでもないと、どうしても、おじさんカメラマンは、この猛暑では引きこもり気味になってしまいます。

そんなことで、自称海上公園ファン倶楽部の静河カメラマンは、猛暑の中、※今年も頑張って海の灯の取材に出かけた次第です。  

潮風公園の夕日
画像
                    △17:40の太陽
ユリカモメで船の科学館で下車。まずは潮風公園の散策からです。
ところが、海辺は耐震補強で地盤改良工事が行われており、第一航路沿いの水際線には近づけませんでした。

陸両用車船揚場工事
画像

お隣のお台場海浜公園では、オリンピックに向けてか、水陸両用バスの運行に必要な船揚場の整備工事です。
来年の海の日には、水陸両用バスで海から来られるかも・・。

日没を待つ
画像

なかなか暗くなりません。海辺を散策取材しながら日の沈むのを待ちます。 
自由の女神あたりは、海外からの観光客でいっぱいです。相変わらず中国系の観光客が多いですね。

画像

さすがに日が落ちてくる頃には猛暑は止み、心地よい潮風が吹き始めました。ひと段落ですね。
ビールでも飲みたい心境でしたが、取材前なのでじっと我慢です。 

画像

皆さんは浜辺の宴席で、日暮れを待っていましたが、ようやく暗くなりました。19:30、撮影開始です。

ペーパーランプ
画像

画像

海の灯まつりのイベントは今年で13回目を迎えるとのこと。
ペーパーランプを5万個も並べて地上絵を描くのは、大変な作業ですよね。実行委員会に感謝です。

お台場の地上絵
画像

画像

周辺が暗い海なので、5万個の光の効果は抜群ですね。 「ロウソクの灯りが作り出す幻想的な空間をお楽しみ下さい」とのことです。

画像

外国の観光客が地上絵の中に入り込み、盛んにポーズをとっての写真撮影ですよ。人が写り込まないように一苦労でした。

ジャズ?フェスティバル
画像

画像

マリンハウスの前では、音楽のライブ演奏です。

屋形船幻影
画像

柳橋や浜松町辺りの船宿から東京港を周遊し、お台場海浜公園の水域でひと休みです。この日は静穏で、微風程度。水面に映るに屋形船の光が幻想的でしたよ。


今年は臨海副都心開業20周年&東京港開港75周年だそうですよ。 
かつては、荒涼とした埋立地と海域に輸入丸太を浮かべる貯木場でしたが、このようなウォーターフロントの街に変貌するとは、隔世の感ですよね。 

美濃部知事の海上公園構想や、鈴木知事の副都心構想など、歴代の都知事は大きな構想を掲げ、臨海部の街づくりを推進してきましたよ。  
31日の都知事、選注視しましよう。

13号地埋立地≫ 【参考
画像

お台場の街が整備される前の姿です。右手の杭辺りが現在の浜辺。
ギャラリー静河のライブラリーからチョイスです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

konkon
2016年07月20日 12:32
静河さん、お台場取材乙です。
お台場の貯木場の跡地ですものね。
ワイヤーを引っ掛けて貯木場の柵を引き抜いていました。カルガモ親子が水たまりを歩いていたのが懐かしいです。
静河
2016年07月20日 15:52
ギャラリーには、東京港埋立地の古い写真が沢山あります。
暇みて、順次ブログに掲載していこうと考えています。
お楽しみに!!
mamo
2016年07月21日 06:50
精力的に動いてますね、感動してます。

個展の方の情報がありませんね、ブログに固有名詞の使用は控えてください、お願い致します。

ワタシは、貴殿の連絡方法を知りません、SIBちゃんに尋ねてみてください。
住所までは知りません、7丁目の人とかは知らないな。
悪しからず。
静河
2016年07月21日 14:12
了解しました。SIB氏に連絡してみます。
時間がありましたら、個展、お寄り下さい。

この記事へのトラックバック