ロマネスコカリフラワーの初収穫 ミニ農園で冬野菜が次々に

ギャラリー静河で借りている区民農園では、晩秋には、※沢山のダイコンがとれましたが、師走に入り、冬野菜の収穫が始まりました。

暮れから正月にかけ、ロマネスコカリフラワーの初収穫を始として、白菜やキャベツ、チンゲンサイなど、色々な葉物野菜を収穫した次第です。 

ロマネスコカリフラワー
画像
                  △謹賀新年
農園の相棒のコップのふち子と銭形警部が新春のご挨拶です。
画像
                  △大仏の螺髪かな
昨年、農友の平田姉さんが立派なものを栽培しておりましたので、今年は静河農園でも挑戦してみました。
ロマネスコカリフラワーのダ・ヴィンチという大層な名の野菜です。日本では新顔野菜のようですが、最近はスーパーでも見かけるようになりました。
割りに手間要らずで、放置栽培でも、丈夫に育ってくれました。形が面白いので育てていても楽しいですよ。 

ブロッコリー
画像

画像

ダ・ヴィンチと同様、手間要らずで良好な生育でした。茹でてマヨネーズで食べると、口の中で柔らかく崩れ、予想以上の美味しさでしたよ。

キャベツ≫ 
画像

画像

キャベツの苗を4株植えつけました。今年は、春キャベツも冬キャベツも順調な生育でした。育ち過ぎなのか上部が割れきました。

チンゲンサイ
画像

画像

画像
                    △シチュー
初めての挑戦で、小さな苗を20株ほど植え付けたのですが、市販の物よりも大きく、見事な生育をみせてくれました。 

白菜
画像

画像

2品種6株を植えましたが、こちらはアブラムシとの格闘で、1株は枯死し、残りも半死半生の状況でした。
それでも何とか小ぶりの物が4株ほど収穫できましたよ。 

画像
                    △畑に残る最後のひと株


今年は、暖冬で野菜の生育が良いようで値崩れ感がありあります。苗や堆肥代金等、畑にかけた費用対効果では購入野菜に軍配が上がります。
それでも、15㎡の超ミニ農園ですが、害虫や鳥などと格闘しながら野菜を育てる喜びには替えがたいものがありますよ。  

この記事へのコメント

konkon
2016年01月06日 17:52
静河さん、冬野菜乙です。
きれいなグリーンです。
おじさんレシピも期待しています。
今年のブログ大賞のグルメ賞を狙って下さい。
静河
2016年01月07日 11:22
それでは、今年は「おじさんレシピ」で、グルメ賞を狙ってみますよ!

この記事へのトラックバック