オヤジの料理教室  稲庭うどんで甲斐のほうとう風煮込みうどん

今日から師走です。寒い季節を乗り切るには温かいうどんでも食べて、元気に過ごさねばなりません。
そんなことで、先般のオヤジの料理教室で、ほうとう風煮込みうどん作りを取材してきた次第です。 

「風」が付いているので、甲斐の郷土料理ではなく、カボチャ入りの味噌仕立ての煮込みうどんといったところですかね。ほうとうのような生麺でないので、汁にはとろみがありません。

今日のレシピ
画像
                  △味の決め手の調味料
画像
                    △今日の食材
前日に買出し当番が食材を購入。先生が所定量を、班毎に取り分けてくれます。

まずはダシづくり

画像
           △煮干と昆布          △干しシイタケ
今回は主食がうどんなので、ご飯を炊く手間がなく、また、品数が少ないので、本格的にダシ作りに挑戦です。

煮込みうどんづくり≫ 
画像

買出し当番が、稲庭うどんと讃岐うどんの二種類買ってきてしまったようです。それぞれ好みがあり、チョイもめでした。 稲庭がやや塩分量が多いようですよ。

画像

硬いカボチャは、電子レンジで柔らかくしてから切りました。切り役はミーハーカメラマンが担当。

画像
                    △先生の点検
ダシをとった鍋に、カボチャ・ニンジン・ダイコン・ゴボウ・ネギ・シイタケ・豚肉・油揚げ・味噌を入れて煮込みました。

画像

完成です。手前は先生の作品。生徒の作品は、見事にカボチャが溶けてしまい、カボチャ汁風煮込みうどんですよ。

小松菜の桜えび炒め≫ 
画像

小松菜を炒め、桜えびで味を調えます。

画像
                    △頑張るおじさん達

フルーツトライフル≫ 
トライフルとは「有り合わせ」の意味で、手近にあるフルーツやスポンジケーキを細かく切り、クリームと一緒に層状に重ねたものとのこと。イギリスの菓子の一種だそうです。

画像
                    △ホイップクリーム
生クリームとグラニュー糖を泡立て器で掻き混ぜ、ホイップクリームを作るのが、おじさんには大変な仕事でした。

画像
                   △柿とバナナ&カステラ

見事に完成
画像

悪戦苦闘1時間で3品の完成です。 皆さんで美味しくいただきました。 

食事のあとは、ミニ講話があり、耳の痛い話なども聞かされますよ。特に、オヤジの料理教室では、厚生省の指導もあり、塩分控え目のレシピを推進し、薄味に段々ならされてきています。


12月のカレンダー≫ 【蛇足
画像

写友の荻さんお手製のカレンダーです。今日から12月。農園仲間の銭形警部やコップのふち子と一緒に記念撮影です。

この記事へのコメント

konkon
2015年12月01日 12:27
静河さん、料理教室乙です。
konkonが通っていた東京ガスの料理教室は缶ビールが付いていました。
キッチン付のスペースで、静河コック長の指導の元、くりくりファームや晴庵さまの食材を使ってパーティーができれば楽しいです。
心当たり探してみます。
静河
2015年12月02日 14:28
ブログ商店街の料理教室、大賛成です。
食材は多種類ありますので、面白いものを作りましょう。アルコールは、晴庵和尚の大五郎ですかね?

この記事へのトラックバック