夏の総決算 長瀞船玉まつりと花火  

写友の荻さんから、夏休み満載のレポートが届きました。
たい平さん(落語家)の故郷、秩父は長瀞での夏休みです。花火大会は何と3回目の挑戦ですよ。

また、別途、荻さんの地元の夏祭りの写真も届いていますので、合わせてご覧願います。

【メッセージ①】
こちらは、花火シリーズ(その3)です。15日、長瀞花火を家族で行ってきました。
ライン下り、船玉まつり、灯ろう流し、岩畳からの花火、長瀞は暑かったけど、堪能しました。(荻)
            
<荒川ライン下り>  ※Photo:荻さん
画像

長瀞の渓谷美を堪能しながら、昔ながらの和舟で荒川を下る。瀞なのに激流もあるようですね。

<長瀞船玉まつりと>  ※Photo:荻さん
画像

提灯をつけた船は万灯船と呼ぶようで、夜になると提灯に火が灯り、幻想的なムードを楽しめるようです。

<長瀞の花火>   ※Photo:荻さん
画像

画像

炎天下、長瀞の石畳のうえで我慢の場所取りをしたそうです。その闘志と意志に乾杯。

【メッセージ②】
私は、日曜日、地元の夏まつり見てきました。
暑い中、威勢の良い神輿や阿波踊りが街中を練り歩いてました。 (荻)

<地元の夏まつり> ※Photo:荻さん
画像

画像

画像

阿波踊りは、地元市が専門の「連」を呼んだとのことです。どおりで形が決まっていますよね。


荻さんは、今年の夏は、立川の昭和記念公園、諏訪湖、そして長瀞と、3回の花火大会の撮影に挑戦しました。  今年は撮り尽くしましたね。
来年は秋田は大曲の、全国花火競技会を期待したいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック