ギャラリー静河

アクセスカウンタ

zoom RSS 大阪ぶらぶら散歩(2) 舟木一夫 大阪新歌舞伎座 特別公演

<<   作成日時 : 2015/02/26 10:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大阪の新歌舞伎座での一ヶ月公演が無事終了したようですね。
古希を過ぎての初めてのロングランでしたが、怪我もなく千秋楽を迎えられたことは、何よりです。

沢山のブログで、すでに紹介済みのようですが、舟友さんから、資料と公演の様子が届きましたので、ギャラリー静河でも、舟木レポートです。

<新歌舞伎座>
画像

画像

画像

大阪新歌舞伎座は、1年ぶりの公演のようですが、初日はまだ、窓口で券が買えたようですね。千秋楽は、もちろん大入り満員が出たとのことです。

<特別公演パンフレット>
画像

画像

第一部は、「おとぼけ侍奮闘記・花の風来坊」、第二部は、恒例の「シアターコンサート」。痛快娯楽時代劇と時代を彩った青春歌謡の数々だそうです。 
コンサートは昼・夜別構成のようで、ファンの皆様は、昼夜二回見ないといけないようですね。
それにしても、70歳のおじさんには見えませんよね。

<入り待ちのファン>
画像

画像

朝早くから、舟木さん見たさに、寒い中、楽屋裏でひたすら待ち続けます。その甲斐あって、舟友さんは、憧れの舟木さんの写真をゲットしたようです。 
サービス精神旺盛で、車から降りると、しばし佇んでくれるようですね。

<コンサート> ※出典:リビング京都中央版 2月14日号より
画像

劇場内は写真が取れませんので、新聞記事からの転写で、気分を感じてください。記事によりますと 「変らぬ歌声に、甘酸っぱさがよみがえる」 とのことです。  
「大阪しぐれ」など、大阪色を出した唄を、全部で8曲用意し、大阪のファンを魅了しているようですね。
ただ、残念なことに、コンサート中に、カシマシ組がおしゃべりに夢中で、肝心の歌声が聞こえず、悔しい思いをしたとのことでしたよ。 


古希を過ぎても、マイペースでコンサートを楽しむ舟木一夫は、おじさん達のひとつの目標です。これからも体調に留意し、小粋で味のある公演の継続を期待しますよ。  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大阪ぶらぶら散歩(2) 舟木一夫 大阪新歌舞伎座 特別公演 ギャラリー静河/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる